サンダガイラカエラ

Last-modified: 2021-04-07 (水) 22:23:47

登場エピソード

概要

オーストラリア・アデレード支部所属の本徳サイボーグ。
池袋支部に派遣され、人類保護法に基づきジャストディフェンス澤村の監視を行った。

人柄

高圧的な性格。
池袋支部に派遣された際にはネットリテラシーたか子を挑発し、マシーナリーとも子ジャストディフェンス澤村を威圧した。
また、激昂しやすく、キレるとすぐにメーサービームを発射する。

武装

  • 徳パラボラアンテナ
    カエラの回転体であり、メイン武装。
    マントラが刻まれており、回転して集めた徳を利用して破壊力275tのメーサービームを発射可能。
    また、周辺エリア全域の人類の数を正確に把握することもできる。
  • 高精度マニュピレーター
    カエラの両腕に備えられている。

特徴

  • 強い影響力と高い実力
    高い政治力を持ち、ロンズデーライトシンシアと同じく“本会議”の常設議席権限を持つ13体のサイボーグの1体。
    シンギュラリティ日報によると、武闘派サイボーグとして知られているらしい。

    ネタバレ注意

    数を減らすゲームセンターを守るため、人類保護法を発案。
    ゲームについてもやり込んでいるようだ。

  • サンダガイラ
    『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』という東宝の怪獣特撮映画が元ネタと思われる。
    本作品には、パラボラアンテナを積んだ電源車が登場する。
    この電源車を備えたレーザー放射機と、メーサー殺獣光線車が作中で活躍することから、これらがカエラの武装のモチーフになっていると思われる。