Top > Backstory > Chronicles > Chasing Shadows

Backstory/Chronicles/Chasing Shadows

Last-modified: 2010-05-09 (日) 12:12:51

Copyright © CCP 1997-2010
原文はCCPに著作権があります

 
chashingShadows.jpg
 

Chasing Shadows

 

影を追って

 

Directors Conference Room, Federal Intelligence Office HQ, Renyn system, Essence

 

March 9th, YC112

 

"So why are we here, exactly?" asked Candon.

 

"Haven't found out yet," replied Suisse. "All I know is it's Code 14, top clearance." He enunciated the next part with careful mocking precision. "Should see En-Quaitant-do-Miérz Portres in here soon enough." He snapped his finger. "Yup, there he is. Start smiling."

 

Portres was making his way toward them. He was a tall gentleman, about fifty years old, and he walked with a purposeful strut that came off just a tad too calculated. With a cultured flourish, he took his seat next to the other two.

 

"Gentlemen."

 

"Counsel. How are the kids?" asked Suisse.

 

"Oh, you know," replied Portres. "Annoying their parents, going against the grain, experimenting with trodes and bodymods and what-have-you. It'll pass." He placed his case on the table in front of him and unclasped it.

 

"Any idea why we're here?" asked Candon.

 

"Something about a new security directive. I'm not sure," replied Portres.

 

"You'd think they'd brief us properly," said Suisse.

 

Portres nodded. "Yes," he said, "I suppose it was all rather vague and hurried." He pried his d-pad from the case's foam inlay, placed it on the table in front of him and began powering it up. "Comfortably certain it's all part of a plan, though," he said, unbuttoning his jacket. "Let it seldom be said our new President doesn't know what he's doing."

 

"Let it never be thought, much less said," muttered Candon.

 

Portres straightened in his chair, smoothed his lapel bottoms. "Well," he said, "at the very least he provides the illusion of knowing what he's doing. Right now, maybe that's what we all need. I know he's convinced me so far, and I'm a fairly hard man to convince."

 

"That much is true," said Candon. They sat there in silence for a few seconds while the meeting table’s holographic center cycled through its test patterns.

 

About ten minutes later, with the formalities concluded and the heads of the Federal Intelligence Office's fifteen major divisions settling somewhat uneasily into their seats, the slight, bald figure at the head of the table began to speak.

 

"I'm sure most of you gentlemen are wondering why you were brought here this afternoon on such short notice, and with such dramatic urgency," he began. "Just as I'm sure many of you realize that the act of bringing you here in such a way can be an end unto itself."

 

A few heads turned around the table, but barely a sound was heard.

 

"As of 9:00 AM this morning, I have issued a presidential directive that places specific orders in the hands of each and every one of you. Your dossier pads have been updated with the relevant information. Use the holofield to your convenience. As you review the data, bear in mind that if even one bit of this information finds its way into the wrong hands, the whole operation will come down on your head."

 

He paused for one second, then continued. "As you will learn, the impromptu Code 14 meetings will continue for the next two weeks. They are an unfortunate necessity, but crucial in the grander scheme." He lowered his head. The room was silent.

 

"Thank you, gentlemen. Please take your time to review your orders. They are effective immediately." Without another word, he turned, strode away from the table, and vanished through a side entrance, the subdued slither of his entourage trailing behind him.

 

Candon and Suisse looked at each other. Portres stared down at his d-pad stream. One by one, the three men went to work.
***
Essence、Renyn系、連邦諜報本部、長官の会議室
YC112年3月9日

 

「それで、正確にはどうして我々はここにいるんだ?」そうキャンドン(Candon)は聞いた。
「まだわからない」スイス(Suisse)はそう答えた。「私が知っているのはコード14についてだということだけだ、最高機密のね。」彼はその続きを注意深く、あざけるように続けた。「すぐにここでポートリス(En-Quaitant-do-Miérz Portres)を見ることになるだろうね。」そして指をぱちんと鳴らした。「そうだな、彼のお出ましだ、笑顔を忘れるなよ」

 

ポートリスは彼らの元へ向かいつつあった。彼は50歳そこそこの背の高い紳士で、意図的に気取った歩き方は少し計算されすぎているくらいにうまくいっていた。そして上品な身のこなしで、ほかの二人の隣に座った。

 

「ごきげんよう」
「顧問殿、お子様たちはお元気ですか?」
「ああ、聞いてくれ。」ポートレスは答えた。「親たちのことが少し邪魔なようだよ。性に合わんようだ、トロードとか肉体改造とかそういったものを試してみたいようだよ。なに、じきに収まるさ。」そういうと彼は1つのケースを目の前のテーブルに置き、留め金をはずした。

 

「我々がここにいる理由について、何か知ってます?」キャンドンは聞いた。
「何か新しい防衛の指示についてのようだが、詳しいことは分からん。」
「彼らが正確な説明をすると思われますか?」スイスは聞いた。
ポートレスは頷き言う。「もちろん。私はこの件はいくぶん漠然として、それから緊急だと思っている。」彼はケースのスポンジから情報パッドを取り出すと彼の前に置き、電源を入れた。「すべては1つの計画の一部だということは、明らかだがね。」そう言って上着のボタンをはずし、続けた。「新しい長官も、たまには役不足だと言われなきゃな。」

 

「そんなこと考えられても、ましてや言われてもなりません。」キャンドンはそう返した。
ポートレスはイスの上で背筋を伸ばし、襟を直して口を開いた。「まあ、どんなに少なくても、彼は自分が何をするべきかが分かっているという幻想は生み出しているようだ。そして、おそらくそれが今、我々に必要なものなのかもしれん。確かに彼はこれまで私を味方につけてきた、そうすることがそれなりに難しいことであるにもかかわらず、だ。」

 

「確かにそれは正しいな。」キャンドンは言った。それから、ミーティングテーブルに上のホログラムがテストパターンを映し出している数秒の間、彼らは沈黙を守った。
大体10分くらいたっただろうか、手続きが完了し、連邦諜報部の18の主要な部門のトップたちがいくぶん窮屈そうに席に着き、テーブルの端にいる頭の少しはげた人物が口を開いた。
「あなた方のほとんどが、なぜ今日の午後、あのような短い通達で呼び出されたのか、しかもこれほどまでに緊急に、そうお思いのことでしょう。」彼はそう言葉を切り出した。「もうお気づきのように、このようなやり方による呼び出しは、それが目的でもあるからです。」
2,3の頭が辺りを見回したが、ほとんど音は聞こえなかった。
「今朝9時付けで、ここにいる全員に長官指令を下しました。あなた方の情報パッドには関連する情報が更新されています。ホロフィールドを使えば分かりやすい情報が得られます。データを見るときは、このデータにうち一片たりとも間違った者の手に渡ればすべての作戦があなた方の頭上に崩れ落ちてくることを、肝に銘じておいてください。」

 

彼は一瞬口をつぐみ、そして続けた。「後で詳しく説明しますが、この間に合わせのコード14に関するミーティングは後2週間続きます。残念ですが必要なことですし、この壮大な計画において決定的なものなのです。」そういうと彼は頭をうなだれた。部屋は静かだった。
「ありがとう御座います、みなさん、どうぞご自由に指令に目を通してください。それらは直ちに効力を持ちます。」そういうと彼はくるりと背を向け大股でテーブルから離れすぐに脇の出入り口から姿を消すと、その後に彼の側近のかすかな衣擦れの音が続いた。

 

キャンドンとスイスはお互いに顔を見合わせ、ポートレスは情報パッドをにらみつけた。そして3人の男はそれぞれの仕事に取り掛かった。

 
 

 

State and Region Bank Gala Hall, Jita system, The Forge

 

March 20th, YC112

 

The hall was gigantic, tastefully adorned in traditional Caldari style and dotted with artistic recreations of State exploits commissioned by the State’s most beloved artists. The exclusive crowd in attendance, however, were far more interested in the other people around them than in their exorbitant surroundings.

 

"Miss Omura."

 

"Mister Kaikumi. Good to see you made it."

 

"How have things been, Miss Omura?"

 

"Copasetic. And with you?"

 

"Staying on an even keel."

 

"Good to hear. I understand you've been expanding into new markets recently?"

 

"Always on the prowl. Expansion is the lifeblood of our economy." He made a sudden awkward shuffle, backed up two steps. "My apologies. Miss Omura, allow me to introduce a friend of mine. This is Katiana Rigomi. She's an Achura investor of some repute. Katiana, this is Jaan Omura, the CEO of Caldari Funds Unlimited."

 

The girl thrust out her hand, almost forcefully. The older woman took her hand and shook it, and as she did, the girl's expression turned strong and penetrating, full of purpose. Her hand was cold.

 

Elsewhere in the room, a camera snapped.

 

***
The Forge, Jita系、State and Region Bank Gala Hall
YC112年3月20日

 

ホールは巨大で、伝統的なCaldari様式の上品な装飾が施されており、国内で最も愛されているアーティストたちによって認定された国の偉業の芸術的なレクリエーションが点在していた。出席者の中の排他的な人々は、しかし、壮大な建物などより、周囲の人々に関心があった。

 

「オムラ(Omura)さん」
「これはカイクミ(Kaikumi)さん、ここで会えてうれしいわ。」
「元気でいらっしゃいましたか? オムラさん?」
「すばらしいですわ、そちらはいかがでしたか?」
「穏やかな船に乗ってます。」
「それを聞いてうれしいわ、最近新しい市場にも手を広げられたんですってね。」
「いつも新しい市場を求めてさまよってます、拡大は私たちの経済の命ですからね。」彼は突然ぎこちなく踊ると、2歩後ろに下がった。「恐縮ですが、オムラさん、私の友達を一人、紹介させてください。こちら、カチアナ・リゴミ(Katiana・Rigomi)です。Achuraの投資家で、ちょっとした評判なんです。カチアナ、彼女はジェーン・オムラ(Jaan・Omura)、Caldari Funds UnlimitedのCEOだ。

 

その少女は力強く手を突き出した。年配の方の女性は少女の手を握った、そして少女の方は力強く、貫くような強い意思を持った握手を返した。彼女の手は冷たかった。
部屋のどこかで、カメラがシャッターを切った。

 
 

 

Mercantile Club Master Parlor, New Caldari system, The Forge

 

March 29th, YC112

 

Dim lights glowed in far corners, draping tasteful ambience over the plush chamber. Against the city’s jagged skyline, two older men were engaged in heated conversation.

 

"I don't know, Sioras. Advisors to the Federation? It sounds a bit pie-in-the-sky to me. You don't think his motives might be spurious in the least?"

 

"No no, listen to me," said Sioras. "I'm just saying that if there's anything for us to be gained from the hoopla going on right now with Omura and CFU, then it would be with him."

 

"But we'd essentially be turncoats."

 

A note of impatience crept into Sioras's voice. "Think outside the box, Kanai. You and I have been doing this for decades. Our best days are behind us. We're basically just glorified financial advisors at this point. Sure, we'll work high level, but we won't be aiding the enemy. We'll just be economists, there to help bridge the rift between the two nations."

 

Kanai said nothing. He looked out at the city, watched the skylarks ascend into orbit, lingered briefly on the erratic blinking lights of the skyscrapers in the fading dusk.

 

"Think about it," said Sioras. "The political capital would be enormous. I mean, we could get back in the game. The Provists have enough internal trouble right now, anyway. They're not going to come hunting for us, least of all with the visibility we'll have. And besides, we're advisors. It's not like we'll be directly involved in affairs of the state."

 

"State," grunted Kanai.

 

Sioras gave a small sigh, clasped his hands together. "Yeah. Look, I know where you're coming from. Don't think I don't. But consider it, at least. Give it a fighting chance. Didn't the Sustainability and Co-operation Conference do anything to soften your view on this?"

 

"Tell you the truth," replied Kanai, "I was smelling deception right from the start of that little get-together. The pandering was so obvious. The cultural nods were revolting. You could tell they thought they were being subtle, too."

 

Sioras nodded. "Well," he said, "our former compatriots have seldom been renowned for their nuance. Whatever the case may be in that regard, the facts of the situation speak for themselves, don't they?"

 

"I don't know," said Kanai. "I see the opportunity, and it seems good. Even if there was blowback from the die-hards, we could probably weather it with PR. It's just…I just don't trust that little man. He's unreadable. You never know where you have him. Any minute now, I feel like he's going to tap me on the shoulder and politely inform me he's the actual father of my children."

 

Sioras fixed him with an exasperated look, the kind only an old friend can bestow. "I'm going," he said presently, with a note of resigned finality. "So are Kormoken and Tikilo, along with a good deal of the Citadel old guard. Are you sure you don't want to give it a little more consideration?"

 

Kanai was silent.

 

"Well," said Sioras. "You think about it."

 

***
The Forge、New Caldari系、Mercantileクラブ大応接間
YC112年3月29日

 

暗いライトが遠くの隅から上品な雰囲気をビロード張りの部屋に投げかけている。街のぎざぎざの地平線を背景に、年配の男が二人、熱のこもった声で話し合っていた。

 

「わからねえな、シオラス(Sioras)。連邦の顧問だって? そいつはちょっと虫のよすぎる話に聞こえるね、そいつのねらいはどんなに少なく見ても、胡散臭いとは思わねえか?」
「いやいや、まあ聞きなよ。」シオラスはいった、「俺はただ、もし、今オムラとCFUとでやってる騒ぎから何か俺たちの特になるようなことがあるとしたら、それは奴に違いないって言ってるんだよ。」
「でもよ、そしたら俺たちは実質裏切り者じゃねえか。」

 

シオラスの声に焦りが混じってきた。「箱の外側を考えろよカナイ(Kanai)、2人で10年以上もやってきた事だろ? 俺たちの輝かしい日々はもう過ぎて、俺たちは今はもういんちきのフィナンシャルアドバイザーに過ぎないんだ。確かにレベルの高い仕事をする、でも敵に貢献するわけじゃないんだ。それよりもただの経済学者として、2つの国家の割れ目に橋をかける助けになろうじゃないか。」
カナイは何も言わず、街に目をやり、闇に沈んでいく黄昏にたたずむ超高層ビルの、奇妙なライトの瞬きにしばらく戸惑いながら、ひばりが円を描きながら上昇していくのを眺めた。
「よく考えろ」シオラスが声を上げた。「政治資本はでかい、つまり、俺が言いたいのは、もう一度ゲームに戻れるかもしれねえってことなんだ。Provistたちは十分な内部問題を抱えてるしな。少なくとも俺らは目立たないよう動くから、奴らは俺たちを狩りに来たりはしないさ。もっと言えば、俺たちはアドバイザーだ、国家の事件に直接関わってんのとはわけが違う。」

 

「国家、ね。」カナイはうなった。

 

シオラスは小さいため息をつくと、手をしっかりと握り合わせた。「よし。おい、俺はお前がどっから来てんのか知ってんだ。知らないなんて思うなよ。少なくとも考えてみろ。戦うチャンスだ。持続力と協力の会談*1はお前の考え方を柔らかくしなかったのかよ?」

 

「ほんとのこと言うとな、」カナイは返した。「初めあいつらが手を組んだときからだまし合いの匂いがしてたのよ、仲介があったのもバレバレだったし。あの気取った会釈には反吐が出る、お前にだって奴らが神経とがらせてたのが分かったと思うぜ。」

 

シオラスは頷いた。「さて、前の同胞たちはほとんど少しの違いで有名になったりはしてない、その評価がどんなケースであったにせよ、状況的な事実が物を言うわけだ、そうだよな?」
「それはどうだかしらねえが、」カナイは答えた。「これはチャンスだ、それも良いやつ。もしその抵抗で反動があっても、たぶんPRで乗り切れるだろう。ただ・・・、ただ俺はその男が信用できねえんだ、読めねえんだよ。やつと会ったことはねえんだよな?今すぐにでも奴が俺の肩をたたいて、礼儀正しく、奴が俺のがきどもの本当の親だって言いに来るような気がしてならねえんだ。」

 

シオラスは彼をいらだった目で見据えた、それは古い友人のだけが送ることの出来るものだった。「俺は行くよ。」すぐに彼はあきらめの混じった声でそういった。「要塞の昔ながらの警備に甘んじているコーモケン(Kormoken)とチキロ(Tikilo)もそうだったよ。本当にもう一度考え直してみる気はないのか?」
カナイは答えなかった。

 

「まあいい」シオラスはつづけた、「考えといてくれ。」

 
 

 

Caldari Providence Directorate Headquarters, Piak system, Lonetrek

 

April 2nd, YC112

 

"It's all over the wires, sir. The financial establishment is up in arms."

 

In the warm interior of his personal quarters, Executor Tibus Heth, the highest-ranking man in the Caldari State, sat in a posture of frozen rigidity.

 

"What's the extent of the damage, counsel?" he asked.

 

"Well, sir… for one thing, right now Omura's got more on her plate than she can handle. Even if her name clears eventually, every one of her close associates will have distanced themselves too far by then to come back. And it's making people point fingers elsewhere. High-visibility employees are gone from two of the eight megas already. Federation media's playing it to the hilt, too. No punches pulled."

 

"What are the repercussions for the CFU pension funds?" asked Heth, shifting slightly in his seat.

 

"Well, sir," said the counsel, and paused. As if on cue, the holographic field bearing his image wavered slightly. "Net asset values are going to stay more or less intact, but if the current situation escalates any further the investors will most likely pull their money for political reasons. If enough of them do that, we're going to have a problem on our hands that I'm just not sure how we're going to deal with."

 

"And the rest of the megas?"

 

"Lai Dai and Kaalakiota are currently engaged in strenuous internal and external PR efforts, trying to make sure no one outside the very top tiers of command realizes they could stand a real chance of crumbling at the seams due to infighting. Like I said, they're really up in arms, sir."

 

For a moment Heth sat, staring down at his lap and rubbing his calloused thumbs together. He stayed that way for a while, with his counterpart on the other side of the FTL link growing increasingly uncomfortable. Finally, the executor raised his gaze, face resolved, fingers locked in front of him.

 

"Set up an inquiry. National scale and beyond. I want all figureheads closely monitored twenty-four hours a day. I want every single transaction routed through our headquarters for analysis. I want nothing to get by us. Nothing, do you understand me? We're going to clamp down on this thing hard, and we're going to start right now. I trust you know who to talk to for the wheels to be set in motion."

 

There was a small pause at the other end. "Executor," the voice came then, "your wish is my command."

 

***
Lonetrek、Piak系、Caldari Providence理事会本部
YC112年4月2日

 

「通信網全域に展開しております、閣下。金融機関は武装を完了しました。」
彼の住居の暖かい部屋で、Caldare stateで最も高位の人物であるエクゼキューター、タイバス・ヘス(Tibus Heth)は氷のような厳しい態度で座っていた。

 

「正確な被害はいかほどかな? 顧問殿、」彼は聞いた。
「それが、・・・一つ御座います、閣下。この時点でオムラは彼女の手に負えるより多くを手にしています。必然的に彼女の名前が明らかになったとしても、それまでには、彼女に近い協力者たちは戻れないほど遠くに行ってしまっています。さらにこのことは人々の非難を別の場所へ向けることになります。表立った従業員たちはすでに8つのメガサイトのうち2つからすでに姿を消しており、連邦のメディアも完璧にこれを報道しています。事態が収まる気配はありません。」

 

「CFUの助成ファンドへの影響は?」ヘスはそう尋ねると、イスの上で少し体をずらした。
「その、閣下、」そういうと顧問は少し間を置いた。そしてまるで合図でもあったかのように、ホログラムに映された彼の姿が少し揺れた。「総資産価値は現在のレベルでとどまるだろうと予想されます、しかし、もし今の状況が少しでも悪化すれば投資家たちは政治的な理由により投資を引き上げることが、かなりの確立で考えられます。そうなると私たちの状況はかなり悪くなるでしょう。それに対応する手段は私には分かりかねます。」
「それで、メガサイトの残りは?」

 

「ライ・ダイ(Lai Dai)とカーラキオタ(Kaalakiota)がただいま内部的、および外部的なPR 活動により、一番上の階層の外にいる者たちに、内紛によって縫い目を崩せる可能性があるということを気づかせないよう努力しております。先ほど申し上げましたとおり、彼らは完全武装しているのです、閣下。」
しばらくの間、ヘスはひざに眼を落とし、硬くなった親指をこすった。彼がしばらくそうしている間、FTL接続の反対側にいる相手は緊張が高まり落ち着かない時が続いた。ついにエクゼキューターは目を上げ、決意のこもった顔で、指をしっかりと組み合わせた。

 

「調査を開始するのだ、全国にとどまらず、さらに広い範囲を調査せよ。すべてのお飾りの長の詳細な監視を24時間体制で実行せよ。すべての取引を必ず本部を通し分析せよ。何者も我々の目をくぐり抜けることがあってはならない。何者もだ、理解できたか? たった今から、この件を厳しく取り締まる。お前が、計画を動かすため適した人材を使うと信じている。」

 

そのあと少しの沈黙が続いた。「エクゼキューター、」そしてこう続いた。「あなたの望みのままに。」

 
 

 

"Mister President?"

 

"Yes."

 

"We just received word. Heth ordered a national inquiry. They’re starting with the financial institutions. No stone unturned. Being very vocal about it, too."

 

"Thank you."

 

"Just thought you'd want to know." The secretary allowed himself a brief grin.

 

Jacus Roden flipped off his viewscreen, drew in a deep breath, released it. He leaned back in his seat, thought about the events of days past, and tried not to smile himself.

 

***
「長官?」
「どうした。」
「新しい情報が入りました。ヘスが国全域にわたる調査を命じました。金融機関から調査が開始されます。裏返されていない石はありません、この件に関して攻撃的になってさえいるようです。」
「ありがとう。」
「お知りになりたいかと思いまして。」その秘書は短くにっこりとした。

 

ジェイカス・ローデン(Jacus Roden)はスクリーンを閉じると、深く息を吸って、吐いた。イスの背にもたれると、数日前の出来事を思い返しながら、笑ってしまわないように勤めた。

 

<<back


編者追記: かくしてEVE Online Faction News (日本語訳) へ続く。





*1 Sustainability and Co-operation Conference: 詳細はNEWS OF EVE参照