Top > Backstory > Chronicles > Dam-Torsad

Backstory/Chronicles/Dam-Torsad

Last-modified: 2009-01-04 (日) 14:15:46

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
primecity.jpg

Dam-Torsad

 

Dam-Torsad - the Imperial City of the Amarr Empire - marked me. It marked me even though I consciously tried to fight its corrupted presence. It is built on memories - nightmares, really - and you can’t stop them from perverting your mind in the end. For fifty long years I’ve struggled to rid myself of those haunted memories, memories of a human society turned sour and bitter. I may have escaped the oppressive walls of the city, but the vivid memories will always remain. Memories of a city more like a monument than a thriving metropolis; of people saturated with its sluggish nature, their minds weighed down with traditions and customs so strong, so dominant, that it was like their ancestors of a thousand years ago were living their lives through them.

 

Dam-Torsad(Amarr Empireの帝国の市)は私を付けねらいました。
私は意識して崩壊した存在と戦おうとしましたが、それは私をマークしました。
それは真の悪夢として記憶に刻まれました、そして、あなたはそれらが結局あなたの心を曲解するのを止めることができません。
50年間、私は自身にとりついている苦く酸っぱい人間社会の記憶と戦い続けました。
私は都市の圧倒的な壁から逃げたかもしれませんが、そうだとしてもこの生々しい記憶はいつまでも残り続けるでしょう。
繁栄する首都よりもむしろ記念碑のような都市の記憶;
非常に強いその不活発な性質、伝統の重みで下がっていたそれらの心および習慣が没頭した人々の、非常に支配的、それは、1000年前の先祖がそれらによって生活を送っていたようでした。

 

訳2
Dam-Torsad(Amarr Empire の帝都)は私に刻み付けられた。
私が意識的に堕落した存在と戦おうとしていたとしても、それは私に刻み付けられた。
それは(まさしく悪夢な)記憶の上に築かれた、あなたは結局あなたの心を歪めるのを止める事はできない。
50年という長い間、私は呪われた記憶から逃れようともがいてきた、饐えて渋くなった人間社会の記憶から。
私は都の重苦しい壁から逃げているのかもしれないが、鮮明な記憶は常に残っている。
栄える大都市というより、記念碑というべき都、人々は怠惰な気質に染まり、彼らの心は強く支配的な伝統と習慣により打ちひしがれ、まるで彼らの1000年前の先祖が彼らを通して暮らしているようだった。

 

I couldn’t fail to notice - almost immediately - the injustice entrenched in the society. The Holders tread on the Commoners, which in turn tread on the slaves. Talent means nothing; people are judged solely by their social position. The only merits nurtured are backstabbing and back-nagging. The twisted old Holders are deeply envious of zealous young upstarts and find sick pleasure in squashing them. And yet the Commoners look with awe up to the Holders, craving their position and power, but bound still by tradition more sturdy than any iron shackle.

 

私は、不正が社会の中で塹壕で囲んだ通知(ほとんど直ちに)に失敗することができませんでした。ホルダーは平民を踏みます。それは次には奴隷を踏みます。才能は何も意味しません;人々はもっぱら彼らの社会的位置によって判断されます。養育されたただ一つの長所は中傷および後ろに小言ばかり言っていじめることです。ねじられた年を取ったホルダーは、熱心な若い成り上がり者が深くうらやましく、それらを押しつぶすことに病気の楽しみを見つけます。また、しかし、平民は、どの鉄の拘束物より頑丈な伝統によって彼らの位置および力だが境界をまだ渇望して、ホルダーまでの畏敬で見ます。

 

訳2
不正が社会に蔓延っていることは、見落としようもなかった。
保持者は一般人を踏みつけ、一般人は奴隷を踏みつける。
才能は何も意味せず、人々はただ単に社会的地位によってのみ判断される。
ただ1つの進んだ点は中傷と陰口である。
ひねくれた年寄りの保持者は、熱心な若い成り上がり者を深く妬み、彼らを潰すことに病的な喜びを得る。
なのに一般人は、どんな鉄枷より丈夫な伝統が今も縛っている保持者の地位と力を熱望し、彼らを畏怖の念で見る。

 

Progress is a term alien to the Amarrians. It’s almost like this huge empire was built on pure coincidence and luck. But once you get to know their intricate system you get the feeling that they’re like this great big beast trudging heedlessly onwards, trampling any opposition. Their advancements are not by leaps and bounds, but rather through deliberate and articulate planning that can span decades, even centuries. Getting caught in the finely woven spider-webs of a Holder can trap more than just you - it can trap your children and your children’s children. Getting out is not a problem. It’s getting out alive that's troublesome.

 

進行はAmarriansへの用語外国人です。ほとんどこの巨大な帝国が純粋な一致および運に構築されたように、それはそうです。しかし、一旦それらの複雑なシステムを知れば、どんな反対も無視して、不注意に前方へ歩くこの大きな大きな動物のようにそれらがである感覚を得ます。それらの進歩は、とんとん拍子にではなくややあります(によって、数十年間(世紀さえ)にまたがることができる慎重で明瞭な立案)。ホルダーの素晴らしく織ってあるクモの巣の中でつかまれることはわなに掛けるかもしれません、以上に、単にあなた―それはあなたの子供およびあなたの子供の子供をわなに掛けることができます。外に出ることは問題ではありません。それは外に生きているようになっています、それは面倒です。

 

訳2
「進歩」は Amarrians にとって外国語である。
この巨大な帝国は、まるで純粋に偶然と運によって作られたようだ。
しかし、一度彼らの複雑なシステムを知ったならば、彼らは全ての反対者を踏み潰しながら不注意に歩む偉大で大きな獣と感じるだろう。
彼らの前進は急速ではないが、数十年、もしくは数世紀にわたる慎重で明瞭な計画である。
保持者による精巧に織られた蜘蛛の巣の仕掛けは、ただあなた自身よりも、あなたの子、あなたの孫をより陥れることができる。
出る事には問題は無い。
生きて出る事、それが問題である。

 

My years in Dam-Torsad made me loathe and despise the Amarrians. Their society is in so many ways radically different from the Gallentean one. But I also learned never to underestimate the Amarrians. In their own way they’re ruthlessly efficient, and I cannot help but feel in awe of all their accomplishments through the ages.

 

Dam-Torsadでの数年間で私はAmarriansを軽蔑するようになりました。
彼らの社会はGallenteと多くの点で根本的に異なっています。
しかし私は、Amarriansを決して過小評価しません。
その社会は冷酷なほど効率的であり、私は彼らの何世代にもわたる偉業に敬服せざるおえません。

 

訳2
私の Dam-Torsad での年月は、私に Amarrians をひどく嫌いにさせ、かつ軽蔑させた。
彼らの社会は色々な面で Gallentean のものとは根本的に違う。
しかし、私は決して Amarrians を過小評価しないことも学んだ。
彼らのやり方では、彼らは冷酷に効率的であり、世代を通しての彼らの成果には畏怖を感じざるを得ない。

 

'Excerpt from the autobiography of Yanou Lautere, '
'First Gallente ambassador to the Amarrians '

 

訳2
'Yanou Lautere(Amarrians への最初の Gallente 大使)の自伝より抜粋 '

 

<<back