Top > Backstory > Chronicles > Doppelganger

Backstory/Chronicles/Doppelganger

Last-modified: 2009-01-04 (日) 14:21:55

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
clone.jpg

Doppelganger
ドッペルゲンガー

 

暖かさ、白、安らぎ、無。これがそれの知る全てだった。成熟チューブ30316*1に浮かぶものには自我は未だなく、また何が起ころうとしているか知るよしもなかった。

 

閃光、まばゆく強烈な。何か新しい事が。刺激。

 

刺激の奔流。痛み?それはまだ痛みの意味を知らなかった。この感覚は今までとは違うものだった。感覚は激しくなった。彼は、その感覚が頭の後部から生じていることを感じ、頭とは何だろうと思った。その時彼は、自身の形をおぼろげに理解した。彼は口を開け、口中は...何か...吸い込んだもので満たされた。吸い込んではいけない何か。彼は息苦しさを感じ、その精神ははかつてなかったもので満たされた。

 

彼が手を伸ばすと、その手はガラスに触れた。彼はそれを押し、もがいたが、その動きは、何か濃厚な、ゼリー状のもので鈍らされていた。彼は液体の中にいた。溺れている?いや、異常はなく、名はGalenと言った。どうやって知ったのだろう、と思った。この事実はどこから来た?彼の目は初めて開かれ、辺りに視線を送った。彼を包む湿ったものが軽く目を刺激したが、それを通して、極めて詳細に見ることができた。部屋だ...誰かいる、目の前に立っている...ガラスの向こうに。医師だ。医師とは何だろう、と彼は一瞬思い、すぐに関連データが、頭蓋骨の付け根のニューラルジャックを通して脳に送り込まれてきた。

 

数分後には、Galen Doradouxは自分が何者かを知り、何が起こっているかを知った。彼の意識は完全に統合され、我慢強くゼリー状の生体模倣緩衝液*2の中に浮かんでいた。明らかに、Vaarkotaとの取引は破滅的結末をもって失敗に終わったのだな、と彼は思った。ゼリーは成熟カプセルの底部から排出されるにつれ少なくなり始めた。ガラスは上にスライドして開き、彼はよろめき出て、ふらつき、ひざまずいて、先ほど飲み込んだ大量のゼリーを吐き出した。医師は親切にローブを着せかけ、タオルをいくつか手渡した。彼は立ち直った。

 

「Mr. Doradoux、複製契約の一環として、以前のあなたはXygia星系*3での戦いで失われたことをお伝えしなければなりません。加害者であるVaarkota企業連合のメンバーは既に逮捕されており、この件に関してあなたのサインをいただかなければならない書類が多くあります」医師は告げ、Galenは頷いた。これが初めてというわけではないし、これが最後になることもないだろう。彼の職種がそれを請け合っていた。彼は死ぬことを、書類仕事ほどにも気にしていなかった。

 

医師は続けた。「喜ばしいことに融合プロセス*4は順調に進み、少々シナプスの劣化が見られる程度です。今後ともViviant Crone Repositories (Viviantクローン保管) をご利用いただきますようお願い申し上げます」Galenは精神を集中し、一週間前に巡洋艦(cruiser)操縦士のトレーニング・パッケージを取ってから学んだことを素早く思い出すことに成功して、安堵のため息をついた。医師は彼にデータ・パッドを押しやったので、Galenはそれを受け取り、次に必要になった時に備えてクローンを確保しておく契約書にサインを書き込んだ。

 

彼はバスローブをきっちりと着込んだ。「シャワー室への行き方は知っているよ、ドクター。ご助力ありがとう」

 

<<back





*1 maturation tube 30316
*2 the gelatinous biomimetic suspension
*3 どこだ?
*4 the integration process