Top > Backstory > Chronicles > Hands_of_a_killer

Backstory/Chronicles/Hands_of_a_killer

Last-modified: 2009-01-04 (日) 14:41:58

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
HoaK.jpg

Hands of a killer
殺人者の手

 

"These are not the hands of a killer."

 

And they weren’t. Manicured to mechanical perfection, the nails polished immaculately, cut short at exactly two millimeters past the tip of the finger. Fingers that were slender, as far as male fingers can be. The wrinkles at the joints stood out, the only ones of their kind to be found on these hands. The skin itself was pale but smooth, like silk. Golden lines occasionally sparked underneath it like archaically patterned circuitry, as if to accentuate his choice of words. As he toyed absent-mindedly with the object he was holding, glimpses of his palms revealed that they too were soft, betraying a life free of the coarser obligations. He spoke again.

 

「これは殺人者の手ではない。」

 

確かにそうだった。マニキュアが機械的な正確さで塗られていて、完璧に磨き上げられた爪は指の先端からきっちり2mmだけ残して整えられており、その指は男の指とは思えないくらい細い。関節の皺が、その手のどこにも同様のものが見られないがために目立っていた。皮膚は青白いがなめらかで、絹を思わせた。皮膚の下にはところどころ金色の筋が古代の電気回路のようにきらめき、彼の言葉を強調するかのようであった。その手に持っているものを何気なく弄んでいるときにちらと見えた手のひらはどちらもやわらかそうで、荒々しい作業とは無縁の人生を送っていることを物語っていた。彼はまた話し始めた。

 

"Yet, we both know that I am. I have seen lives ended at the hands of enraged cattle, good people’s shells stripped apart by inelegant tools of destruction. I have in turn killed this cattle, throwing their lifeless husks to the hungry void. I have fought enemies sheltered by walls they thought would keep them safe. I have imagined their screams in my mind. My lasers [danced across their unshielded armor-stripped hulls] [exposing empty interiors to space] and I smiled as they died."

 

「だが、君も知っているとおり、私は殺人者だ。怒り狂った野蛮人どもの手にかかり何人も死んでいくのにでくわしたことがある。善良な人々の防壁が粗野な兵器で引き剥がされていた。私は順に連中を殺して、奴らの死骸を宇宙空間に投げ捨てた。
籠城する敵と戦ったときは、奴らの絶叫を想像していたものだ。私のレーザーが内装を剥き出しにしながら奴らの装甲と外殻の上に舞った。奴らを殺して私は微笑んだ。」

 

"This is what you’ll face. Madmen locked inside capsules, squandering lives as if they were nothing. When you are up there you are a tool, nothing more. A slave to the will of a pilot, bound to a man immortal until his mind can no longer be cloned."

 

「これが君が直面しているものの何たるかだ。カプセルに閉じこめられた狂人が、まるで物のように生命を浪費していく。もし君がこの先に進むのであれば君は道具以外の何物でもなくなる。操縦者の意志の許に奴隷となり、その精神が複製される限り死ぬことのない男に付き従うことになる。」

 

"Mankind has taken to the stars and destruction has followed in its wake. Demigods patrol the lifeless expanse above, and they don’t care about you. We are pilots. We control your destiny. When you are gone, we will live and we know this."

 

「人類が星々を簒奪しはじめたときから破壊は追従してきたのだよ。半神[Demigods]が死の空間を見回りに来ても、君には気付かないだろう。我々は操縦者だ。我々は君の運命を左右することができる。君が死んだとしても、私たちは死にはしないし私たちはそれを知りながらやっている。」

 

"These are not the hands of a killer," he said, looking squarely into the eyes of the young man across from him, "but this is the face of one."

 

「これは殺人者の手ではないが、」
彼は自分の前にいる若者の目をまっすぐに見て言った。
「だがこの顔は殺人者の顔なのだよ。」

 

"Think carefully before you answer. If you decide to rise above your world and begin life among the stars, you will be nothing. You will be a drone in the hive of an insane Queen, existing solely to provide the ship with needs, links in a chain too complicated for you to understand. You will live this ungrateful life until the day you too will be floating, frozen, between distant suns."

 

「答を出す前によく考えることだ。もし今の君の世界を抜け出し星々の中へ身を投じれば、君は何者でもなくなるだろう。君は狂った女王蜂の巣に棲む働き蜂になる。船を動かすためだけに存在する、君には難しすぎるシステムの中の歯車だ。そういった無為の生活を、恒星から遠く離れた空間で凍り付き浮遊するまで続けることになる。」

 

The words were true, Daren knew that much. But his long-standing dream, of rising through the ranks aboard a battleship-class vessel - perhaps making it to Engineer, or even Chief Engineer - was all-consuming. He could not resist. The workers at the ground-docks had pointed him to a capsule-cleared pilot only after three months of harsh, unremitting labour. A conspiracy of fate and hard work had permitted him to meet with this Amarrian, who had needed but a brief look at him to know his aspirations.

 

Taking a deep breath, Daren nodded and spoke the words that would condemn him: "I understand."

 

In a fluid gesture, the pilot across from him slid the datapad he was holding across the table.

 

"Press your thumb on the pad and slide your IDImplant over the dotted line. Transfer will be booked. Keep the pad with you, it’s your pass to my docks. Report to the quartermaster there; he will roster you in, arrange a bunk for you and explain to you your duties. Work hard and you’ll be rewarded. There’s no place for slackers on my decks."

 

"Now, if you’ll excuse me, I have business deals to conclude."

 

Nodding his agreement, the young man left the table. Stunned, he made his way out of the establishment, holding the datapad tightly, as if his life depended on it.

 

その言葉に嘘はなかった。Darenはそれをよく知っていた。しかし、バトルシップ級の艦で働いて昇格し、将来はエンジニアに――いや、ひょっとしたらチーフエンジニアになる――という彼の長年の夢は全てを賭ける価値のあるものだった。彼は自分の夢に逆らえなかった。三ヶ月間の過酷で絶え間ない労働ののち、ようやく地上ドックの連中は彼をカプセル免許を持ったパイロットに紹介したのだった。運命のいたずらと真面目な働きぶりのお陰で、彼はこのAmarr人に会うことができた。Amarr人は従業希望者の熱意のほどを知るために一見する必要があり、彼に面会していた。

 

深く息をついてDarenは頷き、彼の運命を決定する言葉を吐き出した。「わかっています。」

 

流麗な動作で、そのパイロットは持っていたデータパッドをテーブルの上に滑らせた。

 

「親指をパッドの上に押しつけて、点線に沿って君のIDインプラントをスライドしたまえ。異動が記録される。パッドはなくさないように。それが私のドック内で君の通行証になる。あそこの補給係将校に報告すれば、君を名簿に書き入れて寝床を用意して、任務について説明してくれるだろう。しっかり働けばそれだけの報酬がある。私の艦橋に怠け者の居場所はない。
「では、失礼させてもらえるかな。仕事が溜まっているんだ。」

 

承諾して若者は席を辞した。自らの人生をコースから逸脱させたことに緊張し、データパッドを固く掴んでいた。まるで彼の命がそれに依拠しているかのように。

 

Four months later, Daren Athaksis was confirmed as one of six-thousand three-hundred and fourteen reported casualties resulting from the destruction of the Apocalypse-class battleship "Dam-Imud." His post was filled within three days. His family was not notified.

 

四ヶ月ののち、Daren Athaksisはアポカリプス級バトルシップ"Dam-Imud"の撃墜に伴う6314人の犠牲者の中にいたことが確認された。彼の後任は三日で決まった。家族には彼の死が報されることはなかった。

 

<<back