Backstory/Chronicles/STAR

Last-modified: 2009-04-05 (日) 22:16:10

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
star_potw.jpg

'STAR: Support, Technology and Resources''*1
STAR: サポート、技術・資材部門
A Division of CONCORD
CONCORDの一部門

 

I floated inside my capsule drowsily listening to the artificial hum of space. My STAR frigate, the ISD Banana was floating just outside the docking perimeter the University of Caille station in Bourynes, and I was bored.

 

俺はカプセルの中でうとうとしながら、宇宙に流れる人工のハム音を聴いていた。俺のSTARフリゲート、ISD Bananaは、Bourynes星系にあるCaille大学のドッキング区画のすぐ外に浮かんでいた。俺は退屈だった。

 

After a while I became aware of the small flashing light that signified a new pilot entering the system. "Hmm," I pondered to myself "could this be who I’m waiting for? Aha!" I grinned triumphantly as the pilot's file appeared on my visual. "Graduated this morning. Bingo!" I then ordered my ship's CONCORD issue scanner to lock the pilots capsule signal, and then with a flip of a mental switch... space folded... and my frigate was floating in the University Training Grounds next to the Velator Frigate of a bemused looking young pilot whose image had just appeared on my visual.

 

しばらくして、新しいパイロットが星系に入ってきたことを示す小さなライトの点滅に気が付いた。「ふむ」俺は考え込んだ。「待ち人来たれり、かな? ははぁ!」俺は、目の前に現れたそのパイロットについてのファイルを見て、満面の笑みを浮かべた。「この朝卒業。ビンゴだ!」船のCONCORD式スキャナーでそのパイロットのカプセル信号をロックすると、精神入力スイッチひとつで...空間を折り曲げ...そして俺のフリゲートは、大学の訓練場で、Velator級フリゲートの隣に浮かんでいた。面食らった顔をした若いパイロットの顔は、ついさっき見た画像の通りだった。

 

"H..hi?" stammered the pilot, "what do you want? How did you do that?” I smiled at the image and vocalized my reply. "Hi there! I’m Captain Rhaegar of CONCORD's Interstellar Services Department. My division, Support, Technology and Resources, or STAR as we generally refer to it, is tasked with greeting pilots who have just received their Pilots License and helping them out if they have any problems. How are you finding solo flight so far?" The young pilot looked relieved. "I thought you might be a University official here to tell me I’d graduated by mistake," he grinned. "I'm doing alright, but the training you get for the license doesn't cover half of what's really out here..."

 

「や、やあ」そのパイロットはどもりながら言った。「何だ君は? 今のはどうやったんだ?」俺は映像に向かって微笑みかけ、返事を音声化して送った。「やあ、おはよう!こちらはCONCORDの星間サービス部門、Rhaegar艦長だ。俺の所属部門であるサポート・技術・資材部門、通称をSTARって言うんだが、その任務は、パイロットライセンスを受けたばかりのパイロット達への挨拶と、困った時の手助けだ。さしあたり、ソロ・フライトの調子はどうだい?」若いパイロットは安心したようだった。「あなたが大学の職員で、私を間違って卒業させてしまったと言いに来たのかと思いましたよ」彼はにやりと笑った。「今のところ順調ですよ。ただ、ライセンス取得のために受けたトレーニングなんか、この現場で本当に起きていることの半分もカバーしていませんね。...」

 

And so went my morning. I would sit outside the various Universities, Academies and Schools and wait for new Pilots to appear, and then offer to help them find their feet. It had become clear some months earlier that the basic pilot training offered by the four empires was not really sufficient to cover the complexities of a pilot's every day life in New Eden, and so CONCORD had decided to put to use one of its divisions, STAR, which had previously been a kind of Citizen's Advice service. Equipped with state-of-the-art ships, which used a prototype jump engine they were able to travel the galaxy extremely quickly, so whenever a new player graduated, they could be there.

 

そんなふうに俺の朝は過ぎていった。色々な大学、アカデミー、学校の外にたたずんでは新たなパイロットが現れるのを待ち、彼ら自身の艦隊を見つける手助けをした。数ヶ月ほど前に明らかになったことだが、4大国家が提供するパイロットの基礎トレーニングは、New Edenでのパイロットたちの日常生活をカバーするのにはあまり役に立たないのだそうだ。そこでCONCORDが活用に乗り出したのが、自らの一部門である、元々市民相談課のような仕事をしていたSTARだった。装備している最新鋭の船は、プロトタイプのジャンプエンジンを積んでいて、銀河をとてつもない速さで旅することができる。だから、新しくパイロットが卒業したところにはどこにでも、彼らはいる。

 

During the afternoon I received an urgent transmission from STAR headquarters in the Polaris system. "We're getting reports of a huge jump gate malfunction in the Yulai system" reported a Lieutenant, "Looks like its gone out of synch, and none of the ships are completing their jumps!" I sighed. It seemed like every time we updated the jump gate software to be more efficient, more gates would malfunction, stranding the pilots in a kind of stasis. The only way to solve the problem, save completely re-starting the gate, was to go to each ship individually and re-program its navigation computer to be in synch with the gate. It could take hours. Thankfully as I arrived in Yulai so did four other members of the team, and we set to work "freeing" the dozens of immobile pilots.

 

午後、俺はPolaris星系で、STAR本部からの緊急連絡を受け取っていた。「Yulai星系で大規模なジャンプゲートの異常報告を受けている」大尉は言った。「どうやら同調が乱れたようだ。どの船もジャンプを完了することができない!」俺はため息をついた。ジャンプゲートのソフトウェアを効率化のため更新するたびに、異常を起こすゲートも増え、パイロット達を一種の立ち往生に落ち込ませているような気がする。この問題を解決する唯一の方法は、ジャンプゲートの完全な再起動を別にすれば、船をひとつひとつ回って航行コンピュータを再プログラムし、ゲートとの同調を復帰させることだけだ。数時間はかかるだろう。ありがたいことに、俺がYulaiに到着した時には、他のチームメンバー4人も着いていたので、俺たちは何ダースもの動けないパイロットたちを「解放する」作業にとりかかった。

 

By the time I returned to STAR headquarters I was exhausted, but I still made time to check up on the galactic news before heading to my bed. After all, I had to help the citizens of that same galaxy tomorrow.

 

STAR本部に帰り着いた頃にはへとへとになっていたが、ベッドに向かう前に銀河のニュースをチェックする時間をなんとか作ることができた。なんだかんだ言って、俺は明日もまた、同じ銀河に住む人々を助けなければならないのだろう。

 

<<back





*1 余談ではあるがこの部門、正式名称がSupport Team and...だったりSupport, Training and...だったりして一定しない。CONCORD下部組織としてのSTARと、プレイヤーのボランティアチームとしてのSTARで略称が異なるのかもしれないが、その辺も調べてないので不明。