Top > Backstory > Chronicles > Slaver

Backstory/Chronicles/Slaver

Last-modified: 2009-01-04 (日) 15:43:39

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
xtca.jpg

Slaver

 

The vast Amarr plantations on Syrikos V have used slaves as workforce for centuries. Scores of Ealurians, Minmatars, Ni-Kunnis and criminals or political dissenters of Amarrian origin have worked, bred and died by the millions through the ages.

 

Syrikos Vにある広大なAmarrのプランテーションは、何世紀にもわたって奴隷を労働力として使ってきた。
長い時を通して、たくさんの Ealurians ・ Minmatars ・ Ni-Kunnis 及び Amarrian 生まれの犯罪者と政治上の反対者が、働き、子を産み、何百万と死んでいった。

 

The droves of slaves needed to work the fields coupled with the high mortality rate means that elaborate methods of keeping the slaves in check, such as Vitoc, are not cost efficient enough to warrant their usage. Instead, the Amarrians employ slaver, sometimes referred to as slave-dog.

 

奴隷の群れは、Vitoc のような高い死亡率で精巧に作られた奴隷管理の手段の元で野外で働く必要があるが、その使用コストからすると、十分に有効的ではなかった。
その代わりに、Amarrians は時に slave-dog と呼ばれる slaver を飼った。

 

Slaver is a native animal of Syrikos V and has been bred by the Amarrians from the time they first settled the planet more than a millennium ago. It’s a vertebrate with four elongated feet and a slender, fur-clad body. A fully grown slaver can stand more than a meter tall from its shoulder-blades to the soles of its front legs. But the most noticeable feature of the slaver are its massive jaws and teeth, constantly slobbering in anticipation for something to chew on - hence the old name of the slaver before its role as slave keeper: Drooler. The slaver can run very fast and is able to jump vast distances, making this carnivorous beast a deadly foe against unarmed humans.

 

Slaverは Syrikos V の固有の動物であり、Amarriansによって、千年以上前に彼らが最初にこの惑星に入植した時から繁殖させられてきた。
それは、4本の細長い足と、細長い毛皮をまとった体を持つ脊椎動物である。
成長した slaver は、前足の足の裏から肩甲骨まで高さ1メートル以上にもなる。
しかし、slaver の最も目立つ特徴は、絶えず何かをかむ事を期待し、よだれを流し続ける、大きなアゴと歯である、この事から彼らの役目が奴隷キーパーになる前は Drooler(よだれを流すもの) と呼ばれていた。
slaver は、とても速く走り、長い距離をジャンプする事ができる、それによりこの肉食の獣は、武器を持たない人間にとっては致命的な敵となった。

 

Slavers are extremely vicious and blood-thirsty, but they can be tamed as long as the training starts while they’re still small cubs. The slavers are allowed to roam free outside the barbed parameters of the acres of the plantations. The agile slavers are quick to see or smell slaves that have ventured outside the fences and few can escape the slavers quick, merciless attacks. A preferred tactic of the slaver is to attack from above; for this it often lurks in high places, even trees, or by simply jumping many meters into the air and landing on their unsuspecting prey.

 

Slavers はとても獰猛で残虐である、しかし子供の頃から訓練する場合に限り、飼いならす事が可能である。
slavers は広いプランテーションの棘のあるパラメータの外を自由に歩き回る事が許されている。
機敏なslaversは、フェンスの外に出る危険を犯した奴隷を、素早く見つけるか嗅ぎつけることができ、slavers の素早く無慈悲な攻撃から逃げられる者はほとんどいない。
slaver が好む戦術は、上からの攻撃である。
この事から、よく木のような高い所に隠れ、もしくは、単純に空中を何メートルもジャンプし、何も知らない餌食に着地する。

 

The favorable experience of employing the slaver as a guard animal has led to it being exported from Syrikos V to most other Amarrian agricultural planets and even some industrial and mining ones as well. In recent years, the slaver has become fashionable among Amarrians as pet for those willing to risk its often murderous nature; slavers can become extremely loyal and devoted to their owners if handled with care.

 

slaver の警備動物としての好ましい採用実績は、Syrikos Vから Amarrian の他の大部分の農業惑星や、少数の工業・採掘惑星にまでの輸出に繋がった。
近年、slaver は その殺人的本能の危険性を受け入れる Amarrians の間でペットとして人気になった。
slavers は、もしうまく扱えば、飼い主にとても忠実で献身的になりうる。

 

<<back