Top > Backstory > Chronicles > The_Spider_Miner

Backstory/Chronicles/The_Spider_Miner

Last-modified: 2009-01-04 (日) 16:13:54

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

 
spider.jpg

The Spider Miner

 

The Spider Miner drone is the most common mining drone in use today. It is manufactured by the Caldari industry giant Ishukone and is readily available throughout the world of EVE. It is not the best mining drone out there, but it is cheap and reliable, which explains it's success. The Spider Miner uses cheap laser technology to accomplish its task. The laser beam fulfills three essential tasks: extraction, transport and classfication of minerals. First of all it vaporizes the minerals on the surface of the asteroids where they form a charged plasma gas. Secondly, the laser beam itself is shaped as a cylindrical beam. By pulsating the laser amplitude, a rotating magnetic field is induced on the cylindrical surface. This acts as a 'screw' shaped magnet on the plasma particles, that get sucked up inside the cylindrical laser tube. Due to the different mass/charge ration of the atoms, the particle beam is diffused, like a ray of light through a prism. This enables the drone to sort and accumulate the different minerals. Obviously, a lot of the vaporized minerals actually fall outside the beam and are thus wasted, but the benefits and ease of use of the drone outweights this waste for most practical purposes.

 

Spider Miner ドローンは、現在使われている採掘ドローンの中で最も一般的なものです。
Caldari 産業の巨人 Ishukone によって製造され、EVE 世界のあらゆる場所で容易に入手できます。
世の中で最も優れた採掘ドローンではありませんが、安く信頼できる事をその成功が証明しています。
Spider Miner ドローンは、その任務のために安価なレーザー技術を使っています。
レーザービームは、鉱物の抽出、輸送、分類の3つの不可欠な任務を遂行します。
まず第一に、帯電したプラズマガスを形成するアステロイド表面の鉱物を気化させます。
第二に、レーザービーム自身が円筒形のビームになります。
レーザーの振幅を脈打たせる事により、回転している磁場は円筒の表面に誘導されます。
これはスクリューの役割をし、プラズマ粒子に磁石を形成し、レーザーチューブの円筒の内側を吸い上げられます。
原子の重量と電荷量の違いにより粒子ビームはプリズムを通した光のように拡散します。
これは、ドローンが異なる鉱物を分類し蓄える事を可能にします。
当然、多くの気化した鉱物が実際にビームから外れ結果的に無駄になりますが、ドローンの利益と使いやすさは多くの実際的な目的においてこの無駄より価値があります。

 

The spider miner is agile and has a good range, allowing the controller to travel up to a few kilometers (depending on the density of the asteroid field) and still recall it. Experienced miners frequently use two or more mining drone teams at once, allowing them to leapfrog from one asteroid to the next, constantly scanning for suitable asteroids to mine while his teams are busy carving up another one somewhere else.

 

Spider Miner は俊敏で、制御装置は数キロメートル(アステロイドフィールドの密度による)移動させてもまだ呼び戻せるほどの有効範囲があります。
熟練鉱夫達は、1つのアステロイドから次のものに交互に向かわせるため、彼のチームが別のものを削るのに忙しい間に絶えず採掘に適当なアステロイドをスキャンして、頻繁に一度に2つかそれ以上の採掘ドローンのチームを使います。

 

<<back