Top > ヘルプ

編集者向けのヘルプ及びガイド

Last-modified: 2017-08-22 (火) 17:56:03

間違っているからという理由だけで情報を消すことは、情報を追加するよりもたやすい

このページは編集者同士の意思疎通や共通認識を確認するための編集者主体の管理ページです。
これから編集に携わっていく方への「ガイドライン」、編集者同士のコミュニティページとしてご利用ください。
各ページ上部のヘルプでいつでも表示できます。このページは使いやすいように自由に改定してください。

良く使うリンク集

簡易wiki操作マニュアル:http://wikiwiki.jp/sample/
標準プラグインマニュアル:http://wikiwiki.jp/?PukiWiki%2F1.4%2FManual%2FPlugin
練習用wiki:http://wikiwiki.jp/sandbox/ 練習用として用意されたwiki。利用規約を守る限り、好きに編集できます

当wiki内の練習用ページ(および階層):SandBox
ちょっとした書式確認に : テキスト整形のルール
当wikiでの編集規約編集ルール
[重要] 周知や連絡事項: 編集連絡 ※管理者へ連絡する方法もチェック
依頼とかアイディアとか:要望コメント 手に負えなさそうな場合、投げてみる価値がある場所
更新目標の確認や整理:進捗確認 管理者の悩み(ボヤキ)はココ

はじめに:SandBoxの利用について&aname(anchorID[,super][,full][,noid]){[Link title]};

SandBoxページ及びその配下のページは全て、管理人の許可により、誰でも自由に使っても良いとされる領域です。
ただしいくら『自由』とは言っても、最低限のマナーは必要です。
以下に指針を示します。これらを参考に、各自節度ある利用をお願いします。

  • [基本] だれでも使っても良い領域、いろんなテストも良し、提案ページでも良し、書式の確認でも良し
  • [基本] あなたが自由であると同時に相手の自由も認めます、改変や消される可能性があります
  • [基本] 編集目的と考えにくい利用、整理が必要などと管理者が判断したら、その裁量に対して反論はできません
  • [マナー] 自分が書いた記載以外はなるべく維持してあげてください
  • [マナー] 使ったページが不要になったらページを削除(後述に手順あり)して乱雑化の防止にご協力ください
    [重要] SandBox領域以外のコンテンツは編集以外の目的で使用しない⇒「編集ルール」が適用されます。



参考サイト:Wikiの操作方法や書き方のマニュアル Edit

本サイト運営会社が提供している情報は分かりやすく理解が早くなるので通読推奨です。

簡易操作マニュアル:http://wikiwiki.jp/sample/
標準プラグインマニュアル:http://wikiwiki.jp/?PukiWiki%2F1.4%2FManual%2FPlugin
完全に編集フリーなページ:http://wikiwiki.jp/sandbox/ 利用規約を守る限り、好きに編集できます

参考サイト:他所様のwikiサイト(Diablo II のwiki) Edit

このジャンルのゲーム好きなら誰もが知っているディアブロ。そのwikiページです。
編集視点で眺めてみれば、分類や内容もさることながら長寿のヒントや心得など学べることも多いです。
D2XSpoilerWikiJ:http://wikiwiki.jp/d2x2ch/

ネットによる共同作業の現実です。ここまでストイックでなくとも感覚は理解しておくべきです。


wiki自体に触れるのが初めての方向け Edit

この先の記事を読んでいくうちに湧き出た質問や確認があれば下部のコメントをご利用ください

wiki編集初心者である筆者が最初に困ったのは、SandBoxページって本当に使っても大丈夫なのだろうか
wiki初心者お断りで編集の確認だけに使うモノなんじゃないかって勘違いしたことです。
しかし当wikiのSandBoxは文字通り練習・お試しの場として公開されています。
(ただしSandBoxを利用しているのはあなただけではないということを、心に留めておいてください。)

だれにも迷惑をかけずにテストできる場所 Edit

「ページ更新履歴にのる」「なんとなく恥ずかしい」「壊しちゃうかも」という心配が拭い切れない方は
wikiwiki運営会社が提供する完全に編集フリーなページ:http://wikiwiki.jp/sandbox/ の利用をおすすめします。
ここでしたら、ページ作成の失敗も、ページを削除するテストをしても、一切が自由です(wikiwiki利用規約内に限る)です。
wikiにおけるページや階層の概念など、wiki全体に関わりそうな機能もhttp://wikiwiki.jp/sandbox/でしたら気兼ねなく確認できるでしょう。

SandBoxページを使ってみる Edit

筆者はwiki初体験の状態でしたが、どんどん使って覚えていくのが一番の近道だと確信しています。
上記マナーも(一応は)書きましたが、最初はあまり気にせずSandBoxを使ってみてください。
wikiには「バックアップ機能SandBoxも含まれています」が存在していますので、大抵は取り返しがつきます。

[SandBox 練習方法]

  1. SandBoxページを開く
  2. 左上の「編集」のリンクを開く
  3. 開くとテキストボックスが表示され、中にSandBoxページのソースが入っている
  4. ソース部分を変更してみる
    • (更新された状況を確認する)プレビューボタンを押す⇒変更されたページが表示され、さらに手順3へ戻る(元データは何も変更されていない:未更新)
    • (ページを更新する)ページの更新ボタンを押す⇒変更されたページが表示される(ページ更新)
    • (やっぱやめる)キャンセルボタンを押す⇒なにも更新されず
  5. 納得いくまで続ける

とは言ってもみんなが利用してるし・・・情報量も多いし・・・もう少し自由に確認してみたい・・・
と、興味を持たれた方は自分のページを持つことも検討してみてください。
リンクの確認とか画像の張り方とかページの作成方法の確認などが気ままに行えます。

ページの更新を確認するには Edit

ページの内容が変わったことを知るための方法がいくつかあります

  1. 左メニューの一番下のページ更新履歴(Top10)を見る
  2. 上部のメニュ(リンク形式)から「最終更新」を開く⇒すべての更新時間順で全ページ対象(SandBoxも同様)
  3. 対象ページを開き、上部のメニュ(リンク形式)から「差分」を開く
    未編集部分更新直前の情報変更された情報が色分けされて表示されます(←編集後の最後の確認としてオススメ)


自分だけのページを持ってみる Edit

基本自由ですので、自分用の練習ページを作成してもかまいません。ただしページを持つ以上、利用者としてある程度の常識と自覚は持っておいてください。
新規ページの作り方からその運用、ページの削除までざっと説明していきます。

ページの新規作成:新規ページ(まっさら)を作る Edit

左上の[新規]リンクを開いて、文字入力欄に「SandBox/[好きなページ名]」と入力して確定すればOKです。
[注意] かならず入力ボックスの先頭に「 SandBox/ 」と入力してください。
入れないとSandBox階層(作業領域)から外れてしまいます。
もし間違えてSandBox階層の外に新規作成してしまった場合は、[ページの削除]の方法にてそのページを削除してください。
ページ作成及びページ階層に関わる挙動についてはSandBox階層下で動作テストしてみてください。

ページの複製:お手本ページとおなじページを作る方法 Edit

お手本にしたいページを開いて、その左上のリンク「複製」から複製先を指定すればクローンを作れます。
方法は上記「新規ページの作成」と同じです。
[注意] かならず入力ボックスの先頭に「 SandBox/ 」と入力してください。
入れないとSandBox階層(作業領域)から外れてしまいます。
もし間違えてSandBox階層の外に新規作成してしまった場合は、[ページの削除]の方法にてそのページを削除してください。

ページの確認:ちゃんと作成できたか確認する方法 Edit

  • 簡単な方法:SandBoxページを開くとその下層に存在しているページリストを知ることができます
  • 上のwikiメニュリンクの「一覧」からページ名を確認する
  • 左のメニューの一番したの更新リストを見る
  • 実際にアクセスしてみる

ページの削除:自分のページを消す(抹消する) Edit

『中身を空にした状態でページ更新を確定させれば、そのページは消えます』基本はコレだけ覚えてればOKです。
管理者と言えどページを消しても良いかの判断は難しいと思われます。乱雑化を防ぐためにも後始末にご協力ください。


解説しておくと、この「ページが消える」というはwiki全体としては次のように作用しています。

ページが消えると?

なくなるもの

ページ一覧から消える

 ↑例外として階層として成立(下位階層が存在)する場合、階層名としてその名前は残ります

なくならないもの 

添付ファイル ←これも削除すると丁寧、添付リスト表示は気にしなくてもきっと管理者さんがどうにかすると思う

#pcommentでのコメント出力先ページ ←これも削除すると丁寧、きっと管理者さんが・・・(略

RecentDeletedページのページ抹消履歴は残ります:要管理者権限

(バックアップされてた場合)バックアップポイントは残ります:要管理者権限

コンテンツ編集:当wikiのコンテンツを編集してみる Edit

テストして覚えたことを使って編集してみてください。但し次の点にはご協力ください。

  • [重要] 編集ルールを必ずお読みください。そして遵守してください。
  • 初心者から上級者、若者から老人まで閲覧者は様々であることを思い出してください。
  • 誤字脱字やミスのレベルではなく内容を改定する場合には「そのように書かれた経緯/理由」が存在するかもしれません。
    ページ内だけで判断せず関連ページも含めてご確認いただけると精度と密度が高いwikiに仕上がります。
  • 更新した内容に不安を覚えるようであればコメントボックスに編集した旨を伝えておけばフォローできます。
  • もし分からないことがあれば、このページか要望コメントなどにご相談ください。
  • 編集連絡は文字通り、他編集者への連絡用としての使用をお願いします。

初心者に向けたアドバイス Edit

バックアップからの復元について簡単にご説明します。
「バックアップですべて復元できるからテキトーで」と考えるのは間違いです。
理由は、最新バックアップと現ページとでも内容に差があるからです。これはバックアップで現状との差分で確認できます。
最新のバックアップを用いても編集直前には戻らない可能性、閲覧コンテンツであることを忘れないでください。
不安であればテストページで試してみるか、編集直前の内容をコピペして残すことで自衛をしてください。

 

編集してページを更新するとすぐに更新履歴に載ってしまい、気まずく思うかもしれませんが無視しましょう。
むしろ更新履歴にあるページは「編集された」という事を意味してますので、上部編集メニューの「差分」を
利用してどういった変更がなされたのか、どうして変更されたのかを把握していくと編集が楽しくなってきます。
その意図を汲んで別のページも改定していくことができれば、このwikiではもはや常連です。


wikiの編集経験がある方向け Edit

wikiの編集はやったことあるけどココだとどんなカンジ?という方向けの内容です。
コンテンツを編集する際には「編集ルール」に従っていただければ概ね問題はありません。
wikiシステムにはpukiwikiが利用されています。
ただしプラグインはhttp://wikiwiki.jp/運営によりインストールされたもののみ利用可。当wiki管理人では直接干渉できません。
同じくcssも編集することはできません。

このwikiは2015年年末ごろに発足し、2016年3月に製品が早期アクセスを抜けて、今なお情報を整備している状況です。
したがって編集頻度は比較的高く試行錯誤の最中とも言えます。
またこのwikiの開設者=管理人=Adminであることと、現在もコンテンツを相当に作り込んでいる方ですので意志疎通で困るようなことは少ないかと思われます。

表記レベルについて Edit

日本語用語と英語単語を両方サポートするwikiですのでなるべく併用表記していただけると幸いです。
このゲームでも公式フォーラムや海外wikiの方が充実しているのでコアなプレイヤーは直接参照していることが多いです。
つまり「英語が苦手、ARPGに慣れてない」閲覧者が比較的多いと推測できます。海外で用いる略称や専門用語は
一段階砕いて汎用的な表現にした方が、利用者視点で好まれるケースが多いことを知っていてください。
(分かりにくければだれかが勝手に修正するのでそれに頼っても構いません)

コンテンツの修正及び編集について Edit

誤字脱字/細かいミス/表現の統一/見た目の改善なら「そっと修正」するのはこのサイトでも同様です。
ページの質(内容、精度、可読性、メンテ軽減など)が向上するのであれば遠慮なく改定すれば良いだけの話ですし、
編集の意図が伝わりにくかったり他の編集者が不適切と感じればロールバック(記載の消滅)されるだけです。
修正前の記述者の意向をできる限り汲み取ることはロールバックのリスクを減らします。
大きな編集の場合は編集連絡や、同ページのコメント、もしくはコメントアウトにて編集意図を伝えると、他編集者の判断の助けとなります。

ページのテスト Edit

直接コンテンツページを修正してみて、プレビュー手直しでも構わないかと思いますが
大幅な改定であるような場合、小まめに編集状況を保存して余計な手戻りをしたくないと感じることもあると思います。

  • 書き途中の内容でコンテンツとして表示されてしまう
  • 作業中のうっかりミスにより編集内容を失う
  • ロールバックしにくい、大胆に整理しにくい、などなど

[解決提案:SandBoxとページの複製]
解決策として、「SandBox配下に編集対象ページを複製して、そこで編集する」ことです。
これなら現状保持しながら自由に気楽に修正できます。折を見て移行(部分or一括)すれば良いと思います。
短時間で修正できなさそうな時にもこの方法は便利だと思います。

ページの提案を検討されている場合 Edit

SandBox配下に提案用ページを作成した上で「編集連絡」にてご提案ください。
イメージが共有できれば有意義ですし話も早いです。
上記「ページのテスト」のようにページ複製を利用すると楽です。

管理人へのコンタクト Edit

編集連絡で分かりやすく返信対象者を入れておかないとだれが回答すべきか困ることもあります。
特に判断/許可/規定/規約などは一般編集者では安易に答えにくい性質があることもご理解ください。
「管理人へ」と指定してした上で「具体的な依頼」を添えるようにしてください。

  • ※ 管理者は権限を持つだけで、あなたと同じリアルに生活している一人の人間です。3〜7日程度は様子を見てください。
  • ※〜してもいいですか?」と判断や指示をもらうより「〜としたいので意見ください」の方が建設的なケースもあります。
    そうでないケースもあります。編集連絡のコメント過去ログから察してうまく立ち回ってください。

(当wiki限定)使用頻度が高い簡易サンプル:若干のサイト方針を含む Edit

この項目に記載されている内容はソースの可読性を向上させるための「お手本」のような指針です。
相手に正しく理解してもらえ、編集メンテナンスが困難なレベルでない限り、表現方法は自由で構いません。
なんとなく様式が揃っていたら美しいと考え、提案程度の内容だとお考え下さい。

仕組み部分にも触れる説明ですので、やや難解な用語も出てきます。
わからない用語は検索するか、もしくは読み飛ばしてしまってかまいません。

基礎 Edit

ブロック型プラグイン(#)とインライン型プラグイン(&)について Edit

wikiのプラグイン(表示書式指定や処理呼び出しや関数など)にはブロック型とインライン型があります。
どちらにせよ基本的(※)に「パラメータ指定」には利用できないと覚えておけば使ううちに理解していきます。

  • ※ 応用が可能なはずですが、分かりやすい事例が見つからない点や下記の説明に影響でてしまうことから本項目では言及しません。
ブロック型プラグイン
#からはじまる記述式
処理される(処理された)内容が「ブロック=固まり」が一つ単位と扱われる。
ブロックの単位を包括する書式指定などは問題ないが、一度に複数のブロック型プラグインをネストさせることができない。
(イメージとしてはコマンドライン型コンソールでの「コマンドとその実行」に近く、処理間のパイプ機能がない)
例:#br、#ls2、#pcomment() など
終了指定;は不要
パラメータ指定するには()をつける。
インライン型プラグイン
&からはじまる記述式
処理される(処理された)内容が「インライン=文字情報とほぼ等価」として扱われる
例:&color();、&br; など
終了指定;が必要
パラメータ指定するには()をつける。


行間(~、&br;、#br)の使い分け Edit

tips:チルダは可読性もあがり優秀。空行(改行だけの行)と組み合わせれば多くの場面で活用しやすい。
どうしても狭い間隔が使いたい(例:リスト間の行間など)場合は、〜(チルダ)より#brの方が高さが狭いです。

手法説明
〜(チルダ)項目間の行間など基本はこれを使います。理由は1文字で見やすい。状況(※)に応じて空行と併用してください。
&br;(改行コード)コメントの改行、テーブル内やリスト内での改行など〜(チルダ)が使えない状況で文字として使用します。
#br(改行定義)意図して利用しない限りあまり使いません。パッと見て他のブロックプラグインと勘違いしやすいからです。
  • ※ リスト定義など定義の最終行にチルダを付けると「書式の引継ぎ」として機能してしまうことがあります。
    定義の直後に空行を入れることで書式定義を終了させてから、行間のためのチルダを入れます。


wiki内へのリンクの張り方 Edit

同wikiページへのリンクは、URLではなくページ名を指定してください。
フルURLは長いことと一見外部のURLに見えるので統一してください。
また、外部向けURLの場合は[]ブランケットだけを付けるとInterWikiエラーになり使用することができないのでURLだけを記述してください。
英語名と日本語名とを併記する場合には英語名側だけにリンクを付けるのが基本となっています。
片側にしかつけないのは可読性確保と統一感を出すためです(アンカー文字が英語なのも多少ある)。具体的に例を挙げます。

英語を併記した名称へのリンクの具体例
文章で横並びの場合Linkxxx/リンクxxx
テーブル内では間に改行を
入れて二段表示が基本
Linkxxx
リンクxxx

以下は具体的なリンクを張る方法です。

wiki リンクを張る 下記説明よりも種類は豊富です 画像でリンクを検討しているならここ

  • [wiki内リンクの書式]
    [[リンクタイトル>フルページ名]]
    • [フルページ名とは]
      上部編集メニューの「一覧」で表示される名前がフルページ名に該当します。
      先頭に「/」が付かないのがwikiの特徴です。

  • [アンカーへのリンク書式]
    [[リンクタイトル>フルページ名#アンカー名]]
    • [同一ページ内アンカーへのリンク書式]
      [リンクタイトル>#アンカー名]
      フルページ名や「./」などのページ指定は不要です

  • [階層構造を用いた相対指定リンク]
    • 上位/同層へのリンク
      [[リンクタイトル>../]] 2段上がる場合は ../../ となる
      例: Devotion/Constellation/Abominable Might → Devotion/Constellation#abomination へのリンク
      [[忌まわしきもの>../#abomination]]
    • 下位へのリンク
      [[リンクタイトル>./PageName]] 2段以上下がる場合は直下階層以下のフルパス
      例: Masteries → Masteries/Soldier/Cadence へのリンク
      [[カデンツ>./Soldier/Cadence]]


色の濃淡:薄く見える機種で識別可能な薄さの限界 Edit

ゲームをやるような高性能なPCなら問題ないが、一部の機種だと薄すぎる色は白に見える
表示色が少ないデバイスでどの濃淡から識別可能なのか示した表である。項目:確認は某ネカフェのPCでの見え方です。

確認はっきりなんとか白にしか見えない
#CCC#C0C0C0#C7C7C7#CCCCCC#DDD#DDDDDD#EEEE0E0E0#E7E7E7#EEEEEE
#FCC#FFC0C0#FFC7C7#FFCCCC#FDD#FFDDDD#FEE#FFE0E0#FFE7E7#FFEEEE
#CFC#C0FFC0#C7FFC7#CCFFCC#DFD#DDFFDD#EFE#E0FFE0#E7FFE7#EEFFEE
#CCF#C0C0FF#C7C7FF#CCCCFF#DDF#DDDDFF#EEF#E0E0FF#E7E7FF#EEEEFF

結論としては、カラーコード三色のどれかに「Dxが含まれるレベルから識別可能でした。
中性能ディスプレイでは色が付いて見えるが、逆手に取って認識コードのような使い方もできます。


色合い Edit

当wikiでは色指定に対する明確な規約は作られていませんが、概ね以下の様な色が利用されています。
該当箇所を探すには色コードでページ検索します。より良い配色(ユニバーサルデザイン)などがあれば変更してください。


汎用的な表現方法テーブル項目色は基本〜(チルダ)を使います。例外への対応のため記載しています。

用途テーブル項目強調表現否定的強調肯定的強調
色コード#FFF5E7(Wシングルクォート)redblue
 

スキルタイプの分類

Skill Type攻撃スキルオーラスキル設置スキルペット召喚防御スキル回復スキルデバフスキルパッシブスキル
色コード#FFDDDD#CCFFFF#FFEECC#FFFFCC#DDFFDD#DDFFDD#DDDDFF#FFFFFF
 

各種マスタリーページのカラースキルテーブルの背景

マスタリSO:橙(黄)DE:濃橙OC:緑NB:青紫AR:青緑SH:空IN:紫NE:青灰
色コード#555544#665544#445544#443355#445555#555566#554455#556066
 

装備可否情報(アイテムスキルページなど)

装備不可使うことで対応使うことで変化持っているだけで良い
色コード#777777#EEFF99#FFAA88#99AAFF
 

各種耐性の説明テーブル

耐性物理刺突毒・酸出血生命力カオスイーサー
色コード#FFFFFF#DDDDDD#EEFFDD#FFFFCC#FFDDCC#DDDDFF#FFBBBB#FFCCEE#DDBBFF#CCFFEE
文字色なしなし明るい緑色の酸青白い稲光と雷の玉明るく燃え上がる炎流水と降り注ぐ霜ほとばしる赤い鮮血薄暗い紫のオーラ赤黒い稲妻と砲弾青みがかった明るい緑色のエナジー
色コードなしなしGreenBlue#ff6600#9999ffRedPurple#CC0033#88FFDD,#000000
 

モンスターの格付けテーブル

格付けノーマル(白)チャンピオン(黄)ヒーロー(橙)ボス(紫)ネメシス(赤)
色コードFFFFFF#FFFF77FFDDBB#DDBBFF#FFCCCC
 

難易度別を示す ※系統色はwiki内で統一されています(青は使わない)

難易度ノーマル(緑系)エリート(黄系)アルティメット(赤系)
色コード#EEFFEE#FFFFEE#FFEEEE
色コード#DDFFDD#FFFFDD#FFDDDD
 

ゲーム内表記に準ずる文字色 ※翻訳が重視される各種一覧を表示するページで使用されています。

分類英語和訳ゲーム内解説引用マジック効果解説発動条件ペットボーナス+完成ボーナス紫アイテム一般アイテム
色コード#EEEEFF#FFEEEE#337799#662222#222266#774411#228822#882288#228822
 

星座の親和テーブル

親和種類AscendantChaosEldritchOrderPrimordial
色コード#EECCFF#FFDDDD#DDFFDD#FFFFCC#DDDDFF
 

レアリティのテーブル

レアリティノーマル(白)マジック(黄)レア(緑)エピック(青)レジェンダリ(紫)
色コード#FFFFFF#FFFFBB#DDFFDD#BBDDFF#EEBBFF
 

グラデーションの例 濃淡の付け方です

系統/LvLv1Lv2Lv3Lv4
色コード#EEFFEE#FFDDDD#FFBBBB#FFAAAA
色コード#EEFFEE#DDFFDD#BBFFBB#AAFFAA
色コード#EEEEFF#DDDDFF#BBBBFF#AAAAFF
 

友好度のランクテーブル

友好度仲間5仲間4仲間3仲間2仲間1中立敵対1敵対2敵対3敵対4敵対5
色コード#AAFFAA#BBFFBB#CCFFCC#DDFFDD#EEFFEE#FFFFEE#FFEEEE#FFDDDD#FFCCCC#FFBBBB#FFAAAA
 

高い←→低いを示すグラデーション例

レベルhimidlow
色コード#FFDDDD#FFEEDD#FFFFDD#EEFFEE#DDFFDD
色コード#FFDDDD#EECCFF#DDDDFF#DDFFDD#FFFFBB

文章表現手法 Edit

自分好みの表現もあるかと思います。「相手が理解できる」のであれば問題ありません。
ここでは内容ではなく表現手法についていくつか紹介します。


段落(*) Edit

本ページの構成が乱れるため使用例はありません。いくつかポイントや重要な特性だけ説明します。

  • #contentsで一覧に自動で取り込まれます
  • *につくアンカーは自動生成されます。この自動生成機能はページプレビューでは実行されず、ページ更新を確定した際に機能が実行されます。
    • 自動生成された後に変更しても構いませんが、自動生成前に予め自分でアンカー名を指定しておくことも可能です
  • 「#shadowheader」プラグインを使用することで。「#contents」に取り込まれない段落が作成できます。
    #shadowheader(段落レベル,段落タイトルの文字)


箇条書き(−、+、:|) Edit

どれを使うにせよ大事なことは『空行(改行だけの行)をうまく使う』ことです。
リスト系で起きる問題のほとんどがこれで解決できると思います。


枠線(半角スペース、|、>) Edit

何か情報の固まりであることを表現したいときの枠線の付け方です。
[半角スペース]
ソース表示で使う標準機能です。その特性から中身データを加工することができません。

 あああ&br;
 &color(Red){いいい}; ※わざと装飾入れてます ※なお空行入れて次のソース表示と区別してます
あああ&br;
&color(Red){いいい}; ※わざと装飾入れてます ※なお空行入れて次のソース表示と区別してます

[|]

|あああ&br;いいい|
あああ
いいい

[>] ※ポイントは「<」で終了定義しておくこと

>あああ
いいい
<

あああ
いいい

箇条書きリストなんかを先頭の空行なくピッタリに抑える方法 ※先頭の>〜がないと1行隙間ができます。
改行以外のチルダの使い方です。

>~
- 箇条書き1
- 箇条書き2
<
  • 箇条書き1
  • 箇条書き2


集合表現(>) Edit

テーブルで集合であることを示すには上下左右の結合が不可欠で複雑になりがちです。
簡易的な集合表現であれば「>」をオススメします。ポイントは終了文字「<」です。

>A
>>A-1
>B
>>B-1
>>B-2
>>>B-2-1
<

A

A-1

B

B-1

B-2

B-2-1


テーブル Edit

「百聞は一見に如かず」テーブルのあれこれです。
複雑なテーブル構成の作成手順やテンプレートはヘルプ/Tableのページに移行しました。


項目 Edit

チルダによる項目表示と同じ色を再現したい場合は次のコードを使います

  • ヘッダ部分の背景カラー:オレンジは 「#FFF5E7」

(参考)

|TH1|TH2|TH3|h
|~項目A|~項目B|~項目C|
|CENTER:BGCOLOR(#FFF5E7):''疑似A''|CENTER:BGCOLOR(#FFF5E7):''疑似項目B''|CENTER:BGCOLOR(#FFF5E7):''疑似項目C''|
|データ1|データ2|データ3|
TH1TH2TH3
項目A項目B項目C
疑似A疑似項目B疑似項目C
データ1データ2データ3


簡単なテーブル Edit

※ポイントは~(チルダ)の使い方です。項目名として使うのに便利です。
※よく見かける太字の枠内オレンジで表示され、統一感を出すのに一役買います。

|~項目名1|~項目名2|~項目名3|~項目名4|
|データ1|データ2|データ3|データ4|
|データ1|データ2|データ3|データ4|
項目名1項目名2項目名3項目名4
データ1データ2データ3データ4
データ1データ2データ3データ4


画像 Edit

[注意]:他のサイトの画像への直リンクや無断コピーなど著作やモラルに関しては
自分で調べてうまくやってください。筆者は詳しくないので自前で用意しました。
当wikiに添付されている画像を編集(補足情報の追加など)して再利用することや
自分のゲーム画面のキャプチャを編集して掲載する程度なら(恐らく)問題ありません。

画像を張る方法のあれこれです。「百聞は一見に如かず」
ポイントは画像を添付すること、利用目的に応じて#refと&refとを使い分けることです。
複数の画像を配置したり文字の回り込みの説明はヘルプ/Refのページに移行しました。

http://wikiwiki.jp/?cmd=read&page=PukiWiki%2F1.4%2FManual%2FPlugin%2FO-R#h3_content_1_9

画像のアップロード(添付) Edit

画像データのファイルをWiki内にをアップロードします。画像以外のファイルも格納可能です。
画像ファイルのファイル名は英語表記で他者が流用しやすい名称が望ましいです
命名が困難なら日本語のファイル名でも構いません。問題と感じた方が修正するはずです。
まずアップロードする先のページを開いてから(※)、ページ上部の編集メニュー「添付」を選択します。
画面の説明にもありますが添付できるファイルのサイズは「512kb」が上限です。上限を超える場合は分割か圧縮してください。
「アップロード」を実行すると「そのページ」にファイルリソースが格納されます。これで呼び出し準備は完了です。

 

(※) アップロード先のページに関して
その画像を使うページに格納するのが基本です。なるべく二重三重に配備しないで使い回しを意識しましょう。
応用としては参照頻度の高い画像を上位ページに配備したり、一元管理しておくことです。
現実はそこまで計画性を持ってページ構成を練るわけにもいかないので片隅に抑えておく程度で構いません。


よく使う書式 Edit

xxx.jpgの部分は表示する画像の指定で、添付ファイル名、ページ名+添付ファイル名、リンクなどが指定可能です。

#ref(xxx.jpg,nolink,タイトル文字) ←nolinkはクリックミス対策、拡大表示して欲しいなら外す
#ref(xxx.jpg,nolink,タイトル文字,数値%)
#ref(xxx.jpg,nolink,タイトル文字,数値x数値) ←ピクセル単位で画像の大きさを統一したいときに
#ref(xxx.jpg,nolink,around,タイトル文字) ←文字の回り込みを有効化 #clearで解除

&ref(xxx.jpg,nolink,タイトル文字); ←nolinkはクリックミス対策、拡大表示して欲しいなら外す
&ref(xxx.jpg,nolink,タイトル文字,数値%);
&ref(xxx.jpg,nolink,タイトル文字,数値x数値); ←ピクセル単位で画像の大きさを統一したいときに


#refと&refの違いや使い分け Edit

画像を掲載したいなら#refの使い方に慣れておくことをオススメします。
画像一覧や配列に凝りだした頃に上記基礎の応用として&refも扱えるようになると表現手法の幅が広がります。

#ref 多機能:画像単体で掲載するだけならコレでOK、around指定が可能で本画像右側に文字を送り込める。
&ref 低機能:文字情報の扱い(インライン)なのでリンク文字の代用やテーブルなどブロック型の内容に含めることができる


アンカー Edit

アンカーはページ内の任意の位置を指し示すための標識のような機能です。
主にリンク時の参照先をページ内で細かく指定するために利用します。

  • 各ランクの段落*で自動生成されます
    • 自動生成前にアンカー名を任意で指定することも可能です
  • &aname(アンカー名); にて任意の場所に作成できます
    • &aname(アンカー名){表示文字}; ではアンカーしていることを明示できます
    • 当wikiでは表示文字に「†」を採用することが多いです

アンカー名 Edit

・アンカー名は、半角アルファベットから始まる半角アルファベット・数字・ハイフン・アンダースコアからなる文字列を指定します。
・アンカー名の中には、全角文字や半角空白文字、半角記号を含めることはできません。

現状は先に命名したアンカーで運用するスタイルです。ランダムはほぼ変更されず生成されたままです。
他のページからの参照さえ気を配ればアンカー名の命名規則は各編集者のノウハウに委ねられます。
もしすでに命名されているアンカー名を変更する場合は「アンカー名で検索」「該当箇所のリンクを修正」で整合性を保つようご協力ください。

  • [重要] 英語で付けてください。先頭は半角アルファベットで!全角(日本語)不可です。
  • [重要] テキトーにつけるぐらいならランダム生成のままにしていてください。参照頻度が低ければ猶更です。
  • [重要] (命名する側、利用する側の両者へ)大文字小文字の区別はしないようです
  • 大文字/小文字、区切りとしての_(アンスコ化)、略称表記、複数表記(s)などなどは命名者の気分次第です。
  • アンカー文字は基本的にページ内の指定位置を決定しているため、他のページと重複しても問題になりません。
    • もし同じページに同名のアンカーが設定されている場合、先頭のアンカーに引っかかります。(後ろに飛ばしたいなら別名にする)
    • [良くある編集トラブル] コピペする際にアンカーも含めてしまい、同じ名称のアンカーが存在してしまうケースは多い

繰り返しになりますが、各編集者のノウハウに委ねられます。いつか命名規則の方針も固まるかもしれません。


プラグイン Edit

当wikiで利用可能なプラグインについての補足情報です。
標準プラグインマニュアルも併用してご確認ください。
マニュアルに記載されていないプラグインは積極的に紹介していく方針です。


コメント(推奨は#pcomment) Edit

コメント機能にはcommentとpcommentの二種類があります。
comment
pcomment
特に重要な意味を持たない場合は基本pcommentを設置します。なんとなくの統一で絶対的ではありません。
両者の違いは上記リンクから探ってください。ここでは当wikiとpcommentを用いた利点を伝えておきます。

  • コメントに対する返信先を指定できるなど多機能であること
  • コンテンツ編集とは異なるためページが改定されたかのような更新記録が残らない
    • コメントとページ編集が別れるため運用でのチェックがスムーズになる
    • ページ凍結の対応になってもコメントが機能すること
  • [デメリット] SandBox配下でこのコメントを使うとゴミとして残る(上記利点に比べれば些細な問題)←自分で削除できます。

[ちょっとした解説]

#pcommentは区別しつつの複数設置が可能です
#pcomment(コメント記録ページ)
上記のように指定することで、コメント用のページを明示的に指定できます。
別ページ(コメント/[設置ページ])は、コメント記録ページを指定しなかった場合のデフォルトです。
https://pukiwiki.osdn.jp/?cmd=read&page=PukiWiki%2F1.4%2FManual%2FPlugin%2FO-R#content_1_4
追記:#pcomment(./)とすることで、#commentのような単独ページ運用もできるかも


テーブルを一覧表示+編集機能付き(#include) Edit

プラグイン#includeを使用してテーブルを表示させる場合は参照元のページ名にサフィックス「_s」を付けると丁寧です。
無論この表記に倣うかどうかは編集者次第で、あくまで推奨事項です。
「_s」はsourceの略称で、ページ名にこのサフィックスを付けておくだけで『include用のテーブル(一覧)なんだ』と直感的に理解できる利点があります。
これは本来直接参照されることがないページ(閲覧用ではなくデータソース)であることも同時に読み取れます。

このような名前のページの編集は『includeしている親ページがあるはず→親ページで表示しているコンテンツとの整合性』に配慮してください。


ファイルリスト(#ls2) Edit

ファイルリストの表示は#ls2だとページ(階層)指定ができるのでオススメです。


広範囲の引用指定(#pre) Edit

標準プラグインマニュアルには記載されていません。
すべての行の冒頭に半角スペースを入れる作業をしなくても広範囲にわたる文章を引用表現にすることができます。
書式のポイントは中かっこを二重に指定することです。

#pre{{

引用表現したい前後を括る ※ポイントは中かっこを前後に二重に置くこと

}}


広範囲のコメントアウト指定(#null) Edit

標準プラグインマニュアルには記載されていません。
すべての行の冒頭に「//」を入れる作業をしなくても広範囲にわたる文章をコメントアウトにすることができます。
書式のポイントは中かっこを二重に指定することです。

#null{{

コメントアウトしたい前後を括る ※ポイントは中かっこを前後に二重に置くこと

}}


wiki編集時に使える外部ツール類 Edit

  • Text Editor Anywhere (フリーソフト)
    • ブラウザのテキストボックスを読み込んで外部エディタで編集できるようにする
    • Firefoxの人には It's All Text! というアドオンもあるそうです
  • サクラエディタ (フリーソフト)
    • 上記のツールと併せて使用する
    • 設定するのに一手間掛かるが、フリーエディタの中では高性能なカスタマイズ環境を有する
  • WinMerge 日本語版 (フリーソフト)
    • 同一構造のテキストファイル類の比較・差分表示を行う
    • 下記解析に含まれるが、翻訳ファイルの更新確認や英版・日版を並べて名称確認ができる
  • 行頭行末なんでも追加・削除くん (フリーソフト)
    • 名前の通り、任意の文章に対して行頭/行末に文字を追加/削除できる
    • 同様の機能はマクロやスクリプトを用いる事で様々なソフトでも行えるが、「それだけ」に特化しているので見た目にも簡単

編集者向けゲーム解析テクニック:[注] ネタバレ全開 Edit

ゲーム画面の情報を記事に落とし込む際に使われる便利なテクニックを紹介します。
この情報はゲームを楽しむためのモノではなく、ゲーム解析行為でありある意味でチートです。
ご理解いただき、一般のページに追記、もしくは一般のページからリンクを張らないでください。

翻訳データ Edit

[ソース]

翻訳データはそれぞれzipでパックされています。
解凍するとプレーンテキストが複数、用途別に用意されていることが分かります。
ゲーム側の呼び出しはファイル名で参照されていることが分かります。(厳密にはゲーム内定義とファイル名とでリンクする)
接頭がtags_となっているファイルには「定義名」が設定されており、この定義名によってゲームから参照されていることも分かります。
定義名は全世界の翻訳ファイルで共通して利用できる文字なので他言語での表記名を調べる際の識別子として利用可能です。

 

日本語版、固有名詞英語版の両者で差分を調べれば「どの単語が英語表記されているのか」が検出可能です。
同様にバージョンが異なる翻訳ファイル間で差分を調べれば「変更箇所」が検出可能です。
差分の確認にはディレクトリ単位で比較閲覧可能な「WinMerge」が便利でした。解凍したフォルダ同士をツールにかけるだけです(上記編集ツールを参照)

ファイル名と用途 Edit

ザックリ分類して説明すると次のようになります。ファイル数/行数は目安です。

 

[単体]
credits.txt=クレジットの翻訳
intro.txt=オープニングムービーの翻訳

[接頭]

接頭用途ファイル数合計行数
bqバウンティクエスト1403300
mqメインクエスト25500
sqサブクエスト701300
npcnpc会話1705800
objectマップオブジェクトの説明文251300
tags定義とその翻訳812000

[tags詳細]

ファイル名用途行数
tags_achievements.txt実績200
tags_creatures.txtモンスター1200
tags_items.txtアイテム全般4000
tags_skills.txtスキル全般2700
tags_storyelements.txt地名/NPC名/ジャーナル1300
tags_tutorial.txtチュートリアル/ヒント250
tags_ui.txtゲーム操作/システムメッセージ2000
tags_uimain.txtメインメニュー500

対訳表の新規作成手順 Edit

基本的にはファイルの中身をコピーして、表計算ソフトに貼り付けていけば完成します。
しかし接頭bpなどは複数のファイルがあり正直面倒ですので些細なテクニックを紹介します。
(もはやゲームには一切関係なくOSやツールの使い方です)

 

[接頭系ファイルを種類別に一つのファイルに連結する]
バッチファイル:ファイル連結.batを各翻訳ディレクトリに配備し実行した

type bq_*.txt > files_bq.txt
type mq_*.txt > files_mq.txt
type sq_*.txt > files_sq.txt
type npc_*.txt > files_npc.txt
type object_*.txt > files_object.txt

※これでファイル毎にコピペする手間が大幅に短縮できる
v1002英語翻訳とv1003_02日本語翻訳で行数に差がでているが以降のバージョンで行数が一致する見込み
※おそらく上記バッチファイルにて行数が合うようにv1003_03にて改善されたはず(未検証)

 

[tags系ファイルから「定義だけ」「翻訳だけ」を抜き取る]
「定義=翻訳」と=で区切られていることに注目すれば、あとはエディタで置換(不要部を削除)すれば良い
詳しくは各エディタの「正規表現」のキーワードでマニュアルやweb検索にて調べてください。

 

[切り貼りが終われば完成]

 

対訳表を自作しておけばDB化、検索補助など自分好みにカスタマイズできるので非常に便利だと思います。
しかし自作にも手間がかかりますので、翻訳データ仕様をよく理解した上でツールに頼るのも手です。
「grepツール」「(ディレクトリ内の)文字検索ツール」などを駆使することでも代用が可能です。

ゲームファイルの解析 Edit

本来Modカテゴリ辺りに記載されてもおかしくない内容なのですが、試行錯誤の最中なのでココに置かせてください。
もっと蓄積してMod/Toolページと編集テクニック(画像取得/ゲーム内部値の確認)とを分別してみたいです。

以下の項目の説明は「すべてのarc形式ファイルの解凍が終わっている」ことが前提となっています。
インストールフォルダ内のゲームデータは独自フォーマットのarc形式で圧縮されていて、インターネットの標準的な解凍ソフトでは解凍できません。
解凍手順はModページ:作成(for Modder) の項目をご確認ください。


クエストデータの確認 (QuestEditor.exe:対応ファイル.qst) Edit

クエストの構成をはじめとするイベント管理や報酬(経験値/アイテムなど)を調べることができる。
.qstファイルは主に「Grim Dawn\database\records」に格納されている。
.qstファイル名と翻訳データのファイル名は基本一致する。この事実はModの翻訳にも役立つ。
[編集における主な用途]

  • ノーマル/エリート/アルティメットの獲得経験値の確認
  • クエスト報酬の確認
  • クリアに必要なイベントアイテムの有無の確認
  • (イベントフラグが把握できれば)進行の確認


3Dモデル表示 (Viewer.exe:対応ファイル.msh、.anm) Edit

モンスターや人間など3Dモデル及びそのアニメーションを表示することができる。
キャプチャ機能は付属していない?のでツール本体を別手段にてキャプチャする必要がある。
.msh及び.anmファイルは主に「Grim Dawn\resources」に格納されている。
.mshは3Dモデルとしてツールにて表示される(表示されないのもある)
.anmは3Dモデルのアニメーションとしてツールにて動作させることが可能である。
[編集における主な用途]

  • キャプチャ機能は付属していない?のでツール本体を別手段にてキャプチャする必要がある
  • 各種3Dモデルの画像を集めるのに便利である


テクスチャ表示 (TexViewer.exe:対応ファイル.tex) Edit

テクスチャを表示することができる。
キャプチャ機能は付属していない?のでツール本体を別手段にてキャプチャする必要がある。
.texファイルは主に「Grim Dawn\resources」に格納されている。
[編集における主な用途]

  • 各種アイコンなどの画像を集めるのに便利である(※フォルダ構成が複雑で目的の画像を探すのが難しい)
  • 画像加工の素材になりえる

[目的別フォルダリスト]

加筆が望まれている


データベースの確認 (DBREditor.exe:対応ファイル.dbr) Edit

データベースの中身を確認することができる。
ただしファイルが指すデータの意味を把握していなければ利用する価値はほとんどない。上級者向け
[編集における主な用途]

  • 様々な一覧を作成する際の考え方やソース(情報源)になりえる

[目的別ファイルリスト]

加筆が望まれている


編集者のためのコメントボックス Edit

編集者の雑談をメインとした完全フリーなコメントボックスです、どなたでもご自由にどうぞ。
コメントの記述練習なんかにもオススメ。記載された内容の改変(削除含む)もご自由にどうぞ。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ヘッダがカッコよくなった。今まで日本wikiとかJPwikiとかテキトーに呼んでたけどこれからはちゃんと呼ぼう -- 2016-05-05 (木) 19:30:48
    • ヘッダ変えるだけでも結構印象って変わるもんだな、画像長くなって引き締まった感がある -- 2016-05-05 (木) 23:24:51
  • 細々とした変更をしました。 表記ブレ・口語的すぎる表現が気になったものの、今回の編集ではカバーしきれていません。 -- 2016-05-06 (金) 02:59:01
    • おかげさまで稚拙な原文から項目間や密度が詰まり、内容も読みやすく改変されました、ありがとうございます。
      一点だけ認識を擦り合わせさせてください。SandBox利用に関して遵守するとなると規約に相当します。もしあなたが管理者であれば「Not自由=Sandbox利用規約」とした方が話が早いです。
      そうでなければ行き過ぎた表現なので「遵守=指針を示します」と変更することでいかがでしょうか -- ページ編集者? 2016-05-06 (金) 03:31:43
      • 私は管理者ではありません。仰るとおり「指針」のほうが良さそうです。元に戻させていただきます。 -- 2016-05-06 (金) 14:16:53
  • [質問] 原文と日本語の関係についてのあれこれ
    様々な名称を取り扱うにあたり和英の両方が必要となる場合も多いかと思います。(原文プレイ/翻訳プレイの両者向けに)
    最近特に困っているのが海外文献の参考や転用するにあたり、「原文のアイテム名」から「翻訳のアイテム名」への変換が
    もう少し楽になるようなテクニックがあれば良いのになぁと痛感しています。
    もちろんそのためのwikiであり、検索によりほとんどの名称は変換可能なように整備されつつあるのは理解しています。
    GDは開発当初から多言語をサポートするような仕様になっておらず、原文がゲーム内に埋没しています。
    翻訳システムはゲーム内定義⇒「対応する文字」に変換することで機能しています。
    馬鹿らしい話なのですが、ゲーム内定義⇒対応する「英語文字」さえ存在すれば、単純作業に早変わりするのですが・・・。
    翻訳フォーラムの関係者さんにご相談した方がノウハウ的に話が早いのかもしれませんがあまり余計な負担はかけたくないで最終手段として残しておきます
    (あの人達はどうやって原文を知っているのだろうか・・・一つずつ名称解析手順を踏んで探っていたとすると悪夢でしかない)
    「翻訳フォーラムを漁れ」「原文読めない方が悪い」こんな話を長々と書かざるを得ない英語力ですのでお察しください。
    個々の能力が不要な変換手順やそれに準ずるノウハウを求めています。

    [質問まとめ:原文と日本語を変換するコツ(原文の探し方を含む)を教えてください] -- 日本語大好き? 2016-05-11 (水) 00:52:49
    • アイディアメモ:固有名詞英語版は使ったことないけど、固有名詞(アイテム名/人物/その他)が英語なはずだから、全和訳版、英語表記版を横並びにして差分を拾えば抽出可能なのかも(未検証) -- 日本語大好き? 2016-05-11 (水) 01:21:36
      • 対訳表必要かな〜と考えていたところなので、タイムリー
        原文入手 右記ページの「v1002_english.zip」 http://www.grimdawn.com/forums/showthread.php?t=35473
        zipには、日本語化zipと全く同じ構成のtextファイル群が入っていますので、原文・和文を見比べるのが良いかと思います。
        ファイル名の「mq」はメインクエスト、「sq」はサイドクエストを意味しているようです
        例:「狡猾性」の原文を調べる
        日本語化tags_ui.txtで「狡猾性」検索。「tagCharAttributeName01」というタグを知る。
        原文tags_ui.txtで「tagCharAttributeName01」を検索。原文「Cunning」と判明。 -- 2016-05-11 (水) 01:44:13
      • url指定が間違っていたのを修正しました。失礼しました。 -- 2016-05-11 (水) 01:59:49
      • 追記:どうでもいいツッコミですが、Crateの名誉を守るために。
        Grim Dawnはコミュニティ翻訳にかなり力が入っています。公式フォーラムに翻訳トピックが建てられたのがJoin Date: Nov 2009。当初からコミュニティ翻訳を意識していたことが伺えます。また特異な点として、性別をサポートしているようです。兵士が挨拶の時だけオネエになる、洋ゲーあるあるを防いでくれているのでしょう。 -- 2016-05-11 (水) 02:10:28
      • 求めていたページが見つかりました、ありがとうございます。「翻訳」に対する熱意が伝わってきます。ゲーム情報を上手にやりくりしているようで一安心しました(他人事ではないカンジがしてた)。オネエ言葉はあるあるですよね、ベセスダの日本語翻訳担当もやるならちゃんとしてくれ(唐突なFo4批判) -- 日本語大好き? 2016-05-11 (水) 02:52:52
    • アイディアを形にした結果です。SandBox/Translation/tags_creatures 
      情報量の多さとメンテナンスの難しさからwiki向きではなく共用スプレッドシート向きかと感じました。 -- 日本語大好き? 2016-05-11 (水) 02:45:28
      • 対訳表としては「tags〜.txt」の各ファイル分でよさそうですね。外部にスプレッドシートを用意するより、table_edit + 何かしらツールで正規表現一発置き換えするのがよさそうかなあと思っています -- 2016-05-11 (水) 22:05:54
      • wiki内に用意したほうが、リンクとかで後々活かせそうということで -- 2016-05-11 (水) 22:06:44
      • SandBox/Translationにちょろっとデータ乗っけましたがitemsの半分でページ容量限界になっちゃいました。明らかに使わないデータと必要とされる単語とを論理作業(文字数で要不要判断とか)で選別できそうもないのでもう少し工夫できないか練っているカンジです。スプレッドシートは完了してますが、初利用なのでアクセス権限やアカウントへの影響を調べなおしてからリンクを公開してみる予定です。以上進捗です。いつもアイディアありがとうございます -- 日本語大好き? 2016-05-11 (水) 22:49:36
      • 大変な作業、お疲れ様です。容量制限、そんなものもありましたね。やっかいです・・・ -- 2016-05-12 (木) 00:16:23
    • おつかれさまです、自分なりに納得のいく対訳表ができました SandBox/Translation
      はやり閲覧対象者の性質により要件が大きく異なるためちょっと投げやりなカンジになっちゃいました。
      翻訳データの扱い方、モンスター画像の取得方法、モンスターページの精査←(未クリアで知識ないので一番気が重い)を編集する予定です。 -- 日本語大好き? 2016-05-12 (木) 21:20:14
      • おそらく本名出ていたので消しました。 -- 2016-05-12 (木) 22:44:08
      • thx、こちらも非公開設定に変更しました。作り方残したのでまた作ってください -- 2016-05-12 (木) 23:10:28
  • 早速WinMerge使ってみて各翻訳の解凍ディレクトリ同士で確認できるので重宝しています。ファイル一覧の差分だけじゃなくそのまま内容の比較ができるので今やっている作業にピッタリでした。 -- 日本語大好き? 2016-05-11 (水) 12:39:47
  • ツッコミ 空気読めで済む話ですが、 [基本] スパムや荒らしや'私物化'〜 と 自分だけのページが矛盾してない? -- 2016-05-12 (木) 17:00:37
    • ナイスツッコミ、同感、より具体的な内容に修正しました。これでもダメだったらまた教えてください[追伸]荒らしに含まれるから余計な文字かもしれませんね、荒らしの具体的な内容と重複している気がしないでもないので削除でも構いません -- 2016-05-12 (木) 17:32:13
      • 「編集目的と考えにくい利用」が大は小を兼ねると判断し、「スパム〜」を削除しました。 -- 2016-05-12 (木) 18:00:36
  • リンク名なし(urlそのまま表示)で外部リンクを貼る際は、ブラケットなしでurlを直接記述する必要があるようです。ブラケットで囲むと、inter wikiエラーになってしまいます。 -- 2016-05-12 (木) 18:07:33
  • [質問] 以前どこかで#preのような{}の範囲をコメント(非表示)化するプラグインをこのwikiで見かけたのですが忘れてしまいました。もしこのプラグインをご存知でしたら教えてください -- 2016-05-17 (火) 03:10:27
    • #null{{...}} プラグイン情報には書かれていないけど、しっかり導入されている模様 -- 2016-05-17 (火) 05:05:51
      • 質問者です、見かけたのはNULLプラグインです、どうも御親切にありがとうございます。 -- 2016-05-17 (火) 06:57:38
  • ページ内アンカー名の変更(指定)、編集テクニックの編集、NULLプラグイン追加 を行いました。アンカー名はこだわりありません、リンクがない今が好みに変更するチャンスです。※編集テクニック関連へのリンクはお互い自粛する方向で 
    編集者の個人的なことですが「charcter関連のページ構成変更は仕掛中です、編集連絡の方向で進めますが少し対応が遅れそうです」 -- 2016-05-19 (木) 14:07:52
    • 便乗して、編集用ツールの追加を1点行いました。これはどうしてもインデントの方が良い!とか、行末パイプでテーブルの項目をガバっと追加したりとか、色々できます。 -- 2016-05-19 (木) 17:15:55
  • トップページのツイッターええね -- 2016-05-23 (月) 21:21:07
  • 装備個別ページの改装化に伴い、ゲーム内の配色に近くなるよう 「マジック→橙」 「付与スキル→青」 「ペットボーナス→薄橙」 (それぞれ白背景に合わせて暗く) に変更しました。 -- 管理者 2016-07-03 (日) 18:25:36
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


終わりに:このページについて Edit

繰り返しになりますが、このページは編集者同士の意思疎通や共通認識を確認するためのコミュニティページです。
「考え方を共有することでソースや編集内容の記述に迷いが少なくなる」そう考えて初版を作成しました。
それと自分はココでwikiに初めて触れた人間なので、自分が苦しんだ部分を新しい編集者さんへ持ち越さないようガイドラインを策定しました。
ガイドラインが分かりにくかった、もっと編集はこうあるべきだ、こう記載されるべきだ、などと感じたなら躊躇せず追加や修正を行って改善してください
よかれと思ってのことですが苦情や激しい議論(事実確認)になるようなら編集連絡を通じて管理者へお願いします。