HTML convert time to 0.302 sec.


エピソード一覧/第2部

Last-modified: 2017-03-06 (月) 20:42:46

第2部「キョート殺伐都市」 Edit

(原題「Kyoto: Hell on Earth」直訳で「キョート:生き地獄」)


「ニンジャスレイヤー」という物語は、原作の連載が様々な雑誌で行われていたことを踏まえ、時系列をあえてバラバラにして連載されている。
突然過去に遡ったり、いくつかの戦いを飛ばして未来の出来事の章に続いたりする。この流れをパズルの様に頭で組み並べるのがコアなニンジャヘッズの1つの醍醐味だ。
とはいえ、コロコロ話が飛ぶので付いて行きにくいという人も存在するだろう。

 

このページではエピソードを「時系列順」に並べていく。
ただし、本ページの内容はあくまでも忍殺wiki編集者達の考察によるものであり、公式情報ではない。
エピソードの一覧表というよりは時系列考察をする為のページと考えて利用して欲しい。
(考察にはネタバレが含まれるので、リージョンで格納している)
「twitter連載順」に読みたい場合は、公式サイトの一覧表か、ニンジャスレイヤー掲載順まとめ、あるいは当wikiのエピソード一覧/公開順を参照して頂きたい。

 

以下に書籍版各巻の収録エピソードを一覧する。
また、エピソード時系列考察においては書籍版の収録巻数をエピソード名の後に角括弧数字で記載している。
(第2部「キョート殺伐都市」では各巻に書籍タイトルがつくようになったが、表紙にシリーズ内での巻数表示がされている)

巻数と書籍タイトルおよび収録エピソード対応
 

第2部は各エピソードの前後関係が分かりやすく、他の部よりも時系列の前後判断が行いやすいものの、必ずしも正確な情報ではないということは意識しておいてほしい。
また、複数のエピソードと同時進行する「裏話」めいたエピソードも複数存在するため、ホイホイ読み進めるとかえって混乱するかもしれない。
そうしたエピソードには注釈をつけ、節を時系列ごとに配置している。通読するもよし、他のエピソードを読んでから読み始めるのもよしである。


便宜上、◆○○編◆といった区切りでエピソードを時期ごとに分けているが、これは非公式な名称なので注意。


 

ソウカイ・シンジケートの首領、ラオモト・カンはニンジャスレイヤー&ナラク・ニンジャとの壮絶なイクサに敗れ、ネオサイタマの地に斃れた!
満身創痍のニンジャスレイヤー…フジキド・ケンジは倒れ伏し、ナンシー・リーの合流を待つ。だが休息はない。新たなイクサの先触れが彼の網膜に飛び込んできたのだ。
ゴウランガ!突如としてネオサイタマの各所から炎が上がる!一体いかなることか!?
ニンジャスレイヤーは間もなく知るであろう。新たなる敵、西国はキョート・リパブリックのニンジャ秘密結社、ザイバツ・シャドーギルドの名を……!

 

◆スピンオフめいた前日譚◆ Edit

本章は第2部で活躍するとあるキャラクターの過去を描いた外伝的なエピソード。
そのため、第1部のラストとはストーリーは繋がっておらず、どのタイミングで読んでも大丈夫である。

「ナイト・エニグマティック・ナイト」(Night Enigmatic Night)[3] Edit

#1#2#3#4#5

...
 
 

◆序章◆ Edit

突如、謎のニンジャ集団がネオサイタマを襲う。危機的状況の中、様々な人物が動き出す。

 

「キックスタート・ア・ニュー・デイ」(Kickstart a New Day)[1] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第1巻「ザイバツ強襲!」に独占収録。
Twitter版 「ウェルカム・トゥ・ネオサイタマ」におけるニンジャスレイヤー視点のエピソードを抜粋、再編集し、加筆したもの。

「ウェルカム・トゥ・ネオサイタマ」(Welcome to Neo-Saitama)[1] Edit

#1#2#3#4
※書籍版ではニンジャスレイヤー視点の部分が無くなり、様々なニンジャの視点からの群像劇に再構築され、様々な加筆がされている。

「ライズ・オブ・アマクダリ」(Rise of Amakudari)[2] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第2巻「ゲイシャ危機一髪!」に独占収録。

...
 

     ↓

「ソード・オブ・ザ・ビトレイヤー」(Sword of the Betrayer)[1] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第1巻「ザイバツ強襲!」に独占収録。

...
 
     ↓
 
 

◆出立編◆ Edit

ネオサイタマに現れたザイバツニンジャ。ニンジャスレイヤーはイクサの中でマルノウチ抗争とザイバツの関係を知り、やがて一つの決断をする。

「マーメイド・フロム・ブラックウォーター」(Mermaid from the Black Water)[1] Edit

#1#2#3#4#5

 

     ↓

「オン・ジ・エッジ・オブ・ザ・ホイール・オブ・ブルータル・フェイト」(On the Edge of the Wheel of Brutal Fate)[1] Edit

#1#2#3#4#5

...
 
     ↓

「ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル」(Geisha Karate Shinkansen and Hell)[2] Edit

#1#2#3#4#5#6#7#8

 

     ↓

 
 

◆緒戦編◆ Edit

キョートへ渡ったニンジャスレイヤーは、私立探偵タカギ・ガンドーの協力を仰いだ。ザイバツを討つための戦いが始まる。

「ロンサム・パイン・アンド・ツー・ニンジャズ」(Lonesome Pine and Two Ninjas)[1] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第1巻「ザイバツ強襲!」に独占収録。
Twitter連載版「リキシャー・ディセント・アルゴリズム」#2を抜粋し、短編としたもの。

 

     ↓

「リキシャー・ディセント・アルゴリズム」(Rikisher Discent Algorithm)[1] Edit

#1#2#3#4#5#6#7

...
 
     ↓

「チューブド・マグロ・ライフサイクル」(Tubed Maguro Lifecycle)[3] Edit

#1#2#3#4#5

...
 
     ↓
 
以下三作品の時系列ははっきりとしない。
 

「モータル・ニンジャ・レジスター」(Mortal Ninja Register)[2] Edit

#1#2#3#4#5#6

...
 

「ブレードヤクザ・ヴェイカント・ヴェンジェンス」(Blade-Yakuza Vacant Vengeance)[3] Edit

#1#2#3#4#5#6&エピローグ

 

「ガントレット・ウィズ・フューリー」(Gauntlet with Fury)[5] Edit

#1#2#3#4#5&エピローグ

...
 
     ↓  
   

「クライ・ハヴォック・ベンド・ジ・エンド」(Cry Havoc Bend the End)[2] Edit

#1#2#3#4#5#6#7#8

 

     ↓

「シー・ノー・イーヴル・ニンジャ」(See No Evil Ninja)[1] Edit

#1#2#3#4#5
(再放送) #1#2&#3#4&#5

 

     ↓

「デス・フロム・アバヴ・セキバハラ」(Death from Above Sekibahara)[2] Edit

#1#2#3#4
(再放送) #1#2#3#4

...
 
     ↓
 
 

◆遺跡編◆ Edit

ジェノサイド、ダークニンジャ、そしてザイバツが探す旧時代の記録。それぞれの秘密が明らかになる。

「スリー・ダーティー・ニンジャボンド」(Three Dirty Ninja-Bond)[3] Edit

#1#2#3#4#5#6#7

...
 
     ↓
 

「リターン・ザ・ギフト」(Return the Gift)][6] Edit

#1#2#3#4

 

     ↓

「ガントレット・ウィズ・ミスフォーチュン」(Gauntlet with Misfortune)[5] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第5巻「ピストルカラテ決死拳」に独占収録。
twitter版「ガントレット・ウィズ・フューリー」のエピローグを独立、短編としたもの。

...
 
     ↓
 

「カース・オブ・エンシェント・カンジ、オア・ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル」(Curse of Ancient Kanji, or the Secret of Darkninja Soul)[4] Edit

#1#2#3#4#5#6#7#8#9#10
※書籍版においては、#1〜#4が「カース・オブ・エンシェント・カンジ・オア……」として、その後の部分が「……ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル」として分割収録された。

 

     ↓

「アット・ザ・レルム・オブ・ブラックウィッチ」(At the Realm of Blackwitch)[6] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第6巻「マグロ・アンド・ドラゴン」に独占収録。

...
 
     ↓
 
「アウェイクニング・イン・ジ・アビス」#1
 
     ↓

「システム・オブ・ハバツ・ストラグル」(System of Habatsu Struggle)[4] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第4巻「聖なるヌンチャク」に独占収録。

...
 
     ↓

「ウェン・ザ・サン・バーンズ・レッド」(When the Sun Burns Red)[5] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第5巻「ピストルカラテ決死拳」に独占収録。

...
 
     ↓

「アウェイクニング・イン・ジ・アビス」(Awakening in the Abyss)[4] Edit

#1#2#3#4#5#6

 

     ↓

 
 

◆復活編◆ Edit

ネオサイタマへ戻るニンジャスレイヤーと、悲痛な過去と対面するガンドー。両者が迎える未来は……。

「ビヨンド・ザ・フスマ・オブ・サイレンス」(Beyond the Fusuma of Silence)[3] Edit

#1#2#3#4

...
 
     ↓
 

「フェル・アスリープ・イン・ザ・ムービング・コフィン」(Fell Asleep in the Moving Coffin)[3] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第3巻「荒野の三忍」に独占収録。

 

     ↓

「ウェイティング・フォー・マイ・ニンジャ」(Waiting for My Ninja)[2] Edit

#1#2#3#4#5

 

     ↓

「シルバー・シュライン・ライク・ア・バレット」(Silver Shrine Like a Bullet) Edit

#1

...
 
     ↓

「リブート、レイヴン」(Reboot, Raven)[5] Edit

#1#2#3#4#5#6#7#8

#8中盤以降はしばらく後の時系列を描いている。拘る人はイッキ読み注意。
本話は「ディフュージョン・アキュミュレイション・リボーン・ディストラクション」以降の「種明かし」編たる一側面を持つため、「シャドー・コン」までを先に読むのも一興であろう。

時系列の詳細
 
     ↓

「ディフュージョン・アキュミュレイション・リボーン・ディストラクション」(Diffusion Accumulation Reborn Destruction )[4] Edit

#1#2#3#4#5#6

 

     ↓

「ザ・マン・フー・カムズ・トゥ・スラム・ザ・リジグネイション」(The Man Who Comes to Slam The Resignation)[7] Edit

#1#2#3#4#5#6#7
「リブート、レイヴン」#8冒頭直後と思われる時点から開始し、#3中盤以降いくつかのエピソードと並行進行する。
こちらも、「シャドー・コン」までを先に読み、後からイッキ読みするのもよい。

時系列の詳細
 
     ↓

「フィジシャン、ヒール・ユアセルフ」(Physician, Heal Yourself)[3] Edit

#1#2#3#4#5#6#7&アウトロ

...
 
     ↓

「シージ・トゥ・ザ・スリーピング・ビューティー」(Siege to the Sleeping Beauty)[5] Edit

#1#2#3#4#5#6
※このエピソードはTwitter連載版と物理書籍版で時系列が変更されている。この位置にくるのはTwitter連載版の方であり、物理書籍版では「ディフュージョン〜」の直後に配置されている。

Twitter連載版
物理書籍版
 
     ↓
 
「ザ・マン・フー・カムズ・トゥ・スラム・ザ・リジグネイション」#3中盤
 
     ↓
 
 

◆交錯編◆ Edit

ドラゴン・ユカノを追え!古の血統を巡り、因縁が交錯する。物語は最終局面へと向かい始める。

「ビガー・ケージズ、ロンガー・チェインズ」(Bigger Cages, Longer Chains)[5] Edit

#1#2#3#4#5#6

 

     ↓

 

「ザ・マン・フー・カムズ・トゥ・スラム・ザ・リジグネイション」#3終盤/#4#5#6

 

     ↓

「シャドー・コン」(Shadow-Con)[4] Edit

#1#2#3#4#5#6#7#8

 

     ↓

「トビゲリ・ヴァーサス・アムニジア」(Tobigeri Versus Amnesia)[6] Edit

#1#2#3#4#5#6#7

時系列の詳細
 
「トビゲリ・ヴァーサス・アムニジア」#1#2
 

     ↓

 

「ザ・マン・フー・カムズ・トゥ・スラム・ザ・リジグネイション」#7

...
 

     ↓

 

「リブート、レイヴン」#8

 

     ↓

「ビフォア・ザ・ストーム」(Before The Storm)[7] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第7巻「キョート・ヘル・オン・アース(上)」に独占収録。

...
 
     ↓

「ドゥームズデイ・ディヴァイス」(Doomsday Device)[6] Edit

#1#2#3#4#5#6#7#8&エピローグ

...

「ミラーイメージ・オブ・デストラクション」(Mirror Image of Destruction)[6] Edit

※物理書籍版「キョート殺伐都市」第6巻「マグロ・アンド・ドラゴン」に独占収録。
twitter版「ドゥームズデイ・ディヴァイス」 #8 におけるダークニンジャ退却後のフジキド、ガンドー視点部分を独立、短編としたもの。

 

     ↓

 

「トビゲリ・ヴァーサス・アムニジア」#3

 

     ↓

「オペレイション・レスキュー」(Operation Rescue)[6] Edit

#1#2#3#4#5#6#7#8

...
 
     ↓
 

「サヴァイヴァーズ・デスパレート・エクスペディション」(Survivors Desperate Expedition) Edit

ニンジャスレイヤープラスにて独占公開。
#1#2#3

 

     ↓

 

「トビゲリ・ヴァーサス・アムニジア」#4#5#6#7

 

     ↓

 
 

◆第2部最終章◆ Edit

ザイバツの野望が実行される時、キョートは生き地獄と化した。嵐の中を、跳べニンジャスレイヤー!

 

「キョート・ヘル・オン・アース」(Kyoto: Hell on Earth)[7][8] Edit

togetterまとめ
...