Top > シャドウウィーヴ
HTML convert time to 0.017 sec.


シャドウウィーヴ

Last-modified: 2017-12-30 (土) 10:14:01

◆忍◆ ニンジャ名鑑#159 【シャドウウィーヴ】 ◆殺◆
ブラックドラゴンとともに行動していた、支援系のニュービー・ニンジャ。
投擲したクナイ・ダートを敵の影に命中させて動けなくする、特殊なカナシバリ・ジツの使い手。

◆登場人物紹介:シャドウウィーヴ◆(ネオサイタマ電脳IRC空間)

登場エピソード Edit

...
 

「お前に俺のジツは破れない。俺の空はお前の空よりも暗い……。ドーモ、シャドウウィーヴです」
「……骸怨ノ/死セル陽ノ下/影ヲ編ム」


人物 Edit

その生い立ち
憑依ソウルについて

外見 Edit

第3部以降ネタバレ

元ネタ・考察 Edit

  • ニンジャネームの「シャドウウィーヴ(shadow weave)」は直訳で「影を編む」。彼のジツそのものである。
    • ザ・ヴァーティゴ=サンと並び、ヘッズに名前を間違われる頻度が高いニンジャ。タイプミスには注意。
      ○ シャドウウィーヴ
      × シャドウウィー
      × シャドウウィー
      × シャドウィーヴ

ワザ・ジツ Edit

  • クナイ・ダートを用いる支援系の戦闘スタイルで、誰かと組むことで非常な脅威となる。
  • 憑依したニンジャソウルは強大だが、レイジ自身の貧弱な体力と精神力のせいで制御しきれておらず、大幅にそのジツを抑制されてしまっている。
  • 彼のジツには必要不可欠なクナイ・ダートも自力生成できないため、40〜50本前後を常に携帯し、長期戦になる場合は使用後もなるべく回収するようにしている。
  • 近接カラテのワザマエに関してはまだまだ未熟であり、に「弱敵(だがジツは厄介)」と断じられる場面も見られた。
  • ネオサイタマ電脳IRC空間のキャラクター紹介によると、戦闘時のジツ:カラテ比率は6:4程度とのこと。

シャドウピン・ジツ Edit

「……シャドウピン・ジツだ。もう動けない」

  • ニンポめいて言うならば、その名の通り「影縫いの術」。相手の影にクナイ・ダートを命中させ、相手を動けなくする特殊なカナシバリ・ジツ
  • 一度決まれば完全に相手を封じ込めるようだが、動きを止める効力の強さや持続時間には不明な点が多い。シャドウピン・ジツを受けた相手が蹴り飛ばされてジツが解けているような描写もある。
    • なお、自分にも効いてしまう。
  • 無生物には通用しないようで、機械の影にクナイ・ダートを打ち込んでも効果が無い。
さらなるジツ
第3部以降

ストーリー中での活躍 Edit

「ネタバレがいいだと?第2部が好きかだと?何も、何も解っていない!俺が伝えたいことを、何一つも!」
(((見ろ!漂白された第3部ができあがるぞ!いびつでネタバレが存在できない、凡庸な世界が……!)))

一言コメント

(((このWIKIは狂ってる)))ヘッズは頭を垂れながら、両手を鉤爪のように強張らせ、殺意の化身の如き重い足取りでコメント欄へと向かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
………0001011011001101001001010001011101001
CAUTION:
推奨閲覧状況・第3部「不滅のニンジャソウル/Ninja Slayer: Never Dies」読了済
あるいは第4部「エイジ・オブ・マッポーカリプス/Age of Mappor-Calypse」読中
0001011011001101001001010001011101001………
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

第4部以降 Edit

登場エピソード Edit

 

「俺の空はお前の空より暗い。お前の影は俺に勝てない」


人物 Edit

  • 第4部では世界各地へ趣き、ハデスニンジャ・クランのソウル憑依者を探し出して、彼らに影の力の正体が何なのか、世界がどういう状況になっているのかについて最低限の知識を伝えて回っている。

外見 Edit

  • 黒いニンジャフードの付いた濡れたアスファルトを思わせる灰色のニンジャ装束の上から、煤けた厚手のテックコートを羽織っている。
  • 長身で体格は良い。首元にはライダーゴーグル。
  • 外見年齢はよくわからないが二十代、あるいは三十代に見え、少なくともティーンエイジャーの雰囲気ではない。
  • 右腕は以前と同じ影の腕のままである。影の腕は形状を変え、龍の前脚を思わせる刺々しい鈎爪を備える事もできる。

ワザ・ジツ Edit

  • 以前と同じくシャドウピン・ジツや影を渡るジツ、影の腕から生成したクナイを使用する。
  • 影を編む力も、精巧なミニチュアめいたものを作ることができるようになっている。

影の地球儀 Edit

  • 第4部で披露したジツ。精密なステッチめいて再現することができ、六分儀状に拡大して精密な都市の輪郭らしきものすら編み上げる事が出来る。
  • この力でハデスニンジャ・クランのソウル憑依者を探し出している。

アイアンオトメ Edit

  • 第3部終盤で奪ったアイアンオトメを引き続き使用している。
  • 長きにわたる使用と「ニンジャスレイヤー:ネヴァーダイズ」でのオヒガンと物理世界が重篤に重なり合った際の影響で、本来の人工知能スペック上限を遥かに凌駕するほどの判断能力を有したツクモとなっている。

ストーリー中での活躍 Edit

「そういうお定まりのネタバレはいい」

一言コメント

「夢でもコメントでもないと言ったろう」