Top > キャラ対策 レミリア
HTML convert time to 0.005 sec.


キャラ対策 レミリア

Last-modified: 2009-02-15 (日) 04:03:20


心得 Edit

  • ダッシュの特性上、固めがほぼ通用しない
  • 射撃の相性が悪く、B射の唐辛子は消しきれないことが多い
  • ガードされた際の迎撃潰しとしてよくあるパターン
    • クレイドル→スペカ
    • ウォーク→スペカ
    • アロー→スペカ(槍系)
  • しゃがみでAをスカせる(密着時)
  • A連がうどんげのしゃがみにはコンボにならない

立ち回り Edit

  • 基本的にこちらから手を出さない
    • 発生負けで死にます。決定的な隙が生まれるまでは苦痛でも亀作戦。
    • B射やCでの牽制はほとんど通用しないのでアクセント程度に。
  • J2Aは基本的にしゃがんで避ける
    • 低めで撃たれない限り、しゃがむことで安定してスカせる。
  • セットされているスペカに常に注意を払う
    • 主要スペカの殆どに何らかの無敵があるため、他キャラとの対戦以上に気をつける。
    • ガード後の硬直を狙う場合は、まずスペカを撃たせてから、くらいの気持ちで。
  • 射撃は基本的には縦移動で回避
    • 地上ダッシュでグレイズするときは必要最低限で抜けられるよう感覚を覚えよう。C射は横に長いので避けているときにJ6AやD2Aが来ることが多い。
    • 撃たせてからグレイズ、というのは完全にグレイズ狩りの手中なので、射撃が来ないところへ先に動いてしまうのがいい。単発射撃は細かくガード入れ込みグレイズをしてプレッシャーをかけていくこと。

遠距離 Edit


中距離 Edit


近距離 Edit


起き攻め Edit


固められたら Edit


天候対策(花曇) Edit

遠距離地上でCやサーバントをするようならBブラスト。ただし先読みで
遠距離空中で溜めCを撒いてくるならCエクス
基本的に同じ行動をし続けないで動き回りながらCとエクスを打ち込んでいく。
ウォークと槍はこちらが同じ行動をしていると向こうの確定行動
ウォークに気をつけながらBの速射が届く距離を維持するのが安定。向こうもうかつな行動ができなくなる。
近寄りすぎるとこちらの射撃が機能せず、離れすぎると向こうの射撃にとって有利。

天候対策(台風) Edit

ウォーク暴れも怖いが、それ以外でも避けられないバッドレディ直当てなどダメージソースは向こうが上。
体力が圧倒的に勝ってないのならグレイズで無駄なダメージを回避しつつためCやエクスの事故当てをお願いしてみる。
駄目なようなら多少のダメージを必要経費にしてひたすら逃げに徹すること。

天候対策(その他) Edit


注意スペルカード Edit


注意スキルカード Edit


レミリアの基本コンボパーツってか注意点 Edit


空中 Edit


地上 Edit


しゃがみで避けられる技 Edit

体勢距離
しゃがみだと当たらないどこでも2B、6B、溜6B、2C、ハートブレイク、デモンズディナーフォークC(〜Lv3)
立ちしゃがみ関わらず当たらない密着時B、サーヴァントフライヤーC
地上時ロケットキックアップ


スキル相性 Edit

癖のあるダッシュやJ6A、J2Aが厄介な相手。
USBを使えばめくりJ2AやJ6Aに対して牽制となる。
【236系】
 △エクス:固めに最適。相手の事故がないと刺さることが少ない。
 △ドロップ:当たるような位置に居ない。ただし空中から射撃を撒いたりJ6Aを頻用する相手には有効。
 ○ベンディング:ダッシュの性質等から、展開しとくとかなりの牽制になる。ただし火力は低下するため注意。
【214系】
 △ブラスト:発生が遅く当てにくい。遠距離から差し込む程度。
 ○リップル:B射撃を全て相殺しながら進む。C射は相殺されることも。
【623系】
 ○USB:めくりJ2Aなどに対して非常に強い牽制となる。宣言しておけばある程度動きを抑制できる。
      射撃やサーヴァント重ねには注意。
【22系】
 ディスオーダーアイ:デーモンロードアローに対してCで綺麗に決めるとかっこいいよね!!
 地上ではC。低空ではB。画面端上空ではB。だと当たりやすいかも!!
 デーモンロードアローを牽制できるかもでも書き換えない方がよかったりするかも

 ディスビリーフアスペクト:使うならC版でいきたい。ただしJ2Aの差し込みに注意。狙うのは起き攻め。というか、昇竜を釣り上げる役。Bだとガードしても反確ダメージが小さいし、なにより昇竜をくらいやすい

レミリア側の鈴仙対策 Edit

http://www31.atwiki.jp/hi_remilia/pages/60.html