Top > 天候対策
HTML convert time to 0.006 sec.


天候対策

Last-modified: 2013-06-30 (日) 13:15:35

天候基礎知識 Edit

  • 戦闘中に、弾幕を出した状態で攻撃を受けるなどして発生する天気玉や、単純な時間経過により、中央上の天気玉カウントが上昇する。
  • カウントが50.0を超えると、ランダムで「予報」が表示される。
  • 天気玉カウントが99.9を超えるか、気質発現カードを使用すると、天候が発現する。
  • ver1.03にて、気質発現カードで発現中の天候を早期終了させることが可能になった
  • 予報は、ダウン、叩き付け、スペカ発動が行われる度に一定の順番に従って変化する。
    weather.JPG

天候考察 Edit

  • 快晴(かいせい)
    • 「飛翔行動の強化(飛翔角度の強化、消費霊力減少)、回避結界時の霊力破壊免除」
    • この天候では、回避結界を使っても霊力が割れなくなる。
    • ただし結界時の霊力回復は、割れることがトリガーなので快晴時は結界しても減った霊力は減ったままである。
    • 固められる事が判っている場合は、かなり早めに結界して逃げることを念頭に置いておくべき。天気雨並にガード方向には気をつけよう。
  • 霧雨(きりさめ)
    • 「スペルカードの威力増加(約1.25倍)」
    • スペルカードによるダメージが増える天候。
    • ver1.03によるスペカ発動条件の緩和によって以前より恩恵を受けられるようになった。相手のスペカが超痛いのは相変わらず。
    • 割り込みスペカなどにいつも以上に注意をすること。
  • 曇天(どんてん)
    • 「スペルカードのコストが一つだけ減少(最小一枚)、カードゲージの増加量が二倍」
    • パチェ曰く「生き物には最も優しい天気」うさぎという生き物にもその恩恵が与えられる。
    • ver1.03で4以上のカードゲージがたまりにくくなったため、全キャラ曇天による恩恵が強くなった。
    • 毒煙幕がコスト1で使える天候。兎のスペカの中でもかなり使い勝手が良くなるので持ってたら地面に叩きつけてみるのも一興。
    • 他にもコスト2でマインドスターマインを気軽に撃てる。薬があるなら曇天のうちに飲んでおきたい。
    • その代わり、マスパや猿田彦の疾走などがコスト2で飛んでくる天候。
      ギャスドリや殺人ドールに至ってはコスト1で飛んでくる。
  • 蒼天(そうてん)
    • 「スキルを別のスキルでキャンセルして出せるようになる」
    • スキルコンボができる天候。蒼天限定コンボがあれば試してもよいが、基本的にエクスコンボが最高火力の優曇華には瞬間霊力切れになるのがオチかもしれない。注意。
    • 相手によっては大きなスキのある技を出して誘ってくる場合がある。大胆な行動が見られたら注意
  • 雹(ひょう)
    • 「霊力回復速度の倍加、スキルの威力増加(約1.25倍)」
    • 必殺技威力1.25倍。霊力回復速度UPな天候。相手の弾幕が分厚い。理不尽なくらい分厚いのに加えて花曇と異なり打撃もかぶさって来る。
    • 特別警戒するものでもないが、普段より逃げも攻めもやりづらくなるので立ち回りには要注意。
    • B射撃→(jc)J2B射撃→JA→B射撃→(jc)J2B射撃→のような霊力をやたら消費するコンボも自由自在。威力は不問。
  • 花曇(はなぐもり)
    • 「打撃属性の通常技が使用不可(スキル、スペルは除く)、霊力回復開始と回復速度が速まる」
    • 鈴仙の打撃技はver1.06現在ディスオーダーアイのみ。持ってないなら前ダッシュを続けられるだけでダメージを与えられなくなる。
    • 前ダッシュを続けている相手にディスオーダーは禁止。見てからガード余裕+反撃必至。つまり持ってても好転しているわけではないので勘違いして撃たない事。
    • 逆に相手が射撃戦を仕掛けてきた場合はチャンスになる。
      遠距離でマインドエクスプロージョンをヒットさせると三発まで連続ヒットが可能で一気に3000近く奪い取る事ができる。リターンが大きいので遠距離戦になったら乱射してみよう。
    • 近距離〜中距離でB射の差し込み能力がver1.06現在高くなっているのでエクス乱射の足がかりとするのも良い。もちろん相手の花曇対応を見て。
  • 濃霧(のうむ)
    • 「削りを含むすべての攻撃に体力吸収効果付加(50%)」
    • 射撃、打撃、スペル問わず与えたダメージの半分のライフが回復する天候。
      基本的にダメージレースで蹴落とされる存在なので、こっちが優勢なら気質発現でさっさと飛ばすことを視野に入れよう。
    • 判定負けしてダメージを貰い、更に相手は回復する悲惨な事になる。
    • 迂闊なHJやJでガード不能状況を作ることを避け、守りを固めるのが最善。
    • 瀕死で負けそうなときは逆転のために狙っていきたい気候。LREを当てると一気に形勢逆転となることも!?
  • 雪(ゆき)
    • 「攻撃をヒットorガードさせると相手のスペルカードゲージが減少、一枚分ゲージが減るとカード破壊」
    • 後ろ向きな姿勢になるが、鈴仙側に割られて困る程重要なカードは余りない。
    • 逆に相手は使えるスキカスペカを山積みしているので、多少こちらが削れようがガリガリ攻撃してガードの上からでもカードを削りに行こう。
    • 相手が5ゲージ溜まっていれば一度叩くだけで一枚は破れる。そのまま攻めるのもよし、相手に射撃なりさせて5ゲージに戻った所を更に攻撃してカードを破りに行くもよし。
    • 立ち回りに自信があるなら、敢えて雪を狙って天候操作するのも良い。
    • それでもLREやガード反撃辺りは守ったほうが良いかもしれない。
  • 天気雨(てんきあめ)
    • 「誤ガードで即霊力がクラッシュ。クラッシュした霊力の回復速度上昇」
    • ガード方向を間違えると霊力が割れる天候である。立ちガードに3Aや2A、しゃがみガードに6AやJ攻撃などで割れる。
    • 攻め手が弱い鈴仙が頑張れるとも言えるが、鈴仙は上下択を迫れるほど打撃に恵まれていない(基本的に遠A以外でしゃがまれると割れない)ので実は結構不利な天候である。
    • 間違っても相手にターンを握られた場合には地上に居てはいけない。空中ならばガードと空中結界さえ丁寧にすれば逃げ切れる。
    • 相手をダウンさせられたなら、普段は正直役に立たないフィールドを重ねて見えづらい状況にして打撃択を迫ることも出来る。
    • 打撃固めの強い妖夢などは、クラッシュ後に繋がるスペカも多く未来永劫斬や迷津慈航斬などで一瞬でダメージを持って行かれることも多い。
  • 疎雨(そう)
    • 「全てのスキルのレベルが最大になる」
    • エクスL4祭り。と思いきや相手のスキルももれなく強化されているので立ち回りは変わらない。
    • 溜めリップルがビッグでヒュージでいい感じ。
    • ディスビリーフアスペクトのプレッシャーが増加。固めに有効?
    • フィールドレッドとか置いておくと、時間が長くて地味に有効……かも?
    • アリス相手には絶対回避したい程度の天候。有効利用するならリップル辺りがいちばん大きい。調子に乗って霊力切れは格好悪いが。
    • 鈴仙側で主に有効になるのはマインドエクスプロージョン、マインドペンディング、リップルヴィジョン、ディスビリーフアスペクト辺り。
  • 風雨(ふうう)
    • 「空中ダッシュ・飛翔の回数増加、一部打撃技がHJC可能になる」
    • 飛翔や空ダッシュ回数が増える地味な天候。イクさんとか地面に帰ってこなくなる。パチュリーも帰ってこなかった。
    • A系の攻撃がジャンプでキャンセルできるので、AAAA>J2A>DAのような繋ぎも可能に。
  • 晴嵐(せいらん)
    • 「スペルカードゲージの表示が?になり見えなくなる」
    • 鈴仙の天候がやってまいりました!しかし自分も手札が見えなくなるので何が得意天候なのか理解不能である。
    • 普段から相手の手札を確認して立ち回ることが一番の対策。うっかり確認し忘れると、不意に無敵スペカがカッ飛んで来ることがあるので要注意。
    • ver1.10からは発現と同時に手札がシャッフルされるようになったのでスペカの多いデッキにはなかなかつらい。デッキ自体が軽く、回しやすいデッキなら闇雲に宣言して終わらせるのも有りかもしれない
    • 鈴仙側には割り込みで使えるスペルが無いので、相手の無敵スペルに注意するのが主か
  • 川霧(かわぎり)
    • 「常に一定距離を保つように引き寄せられる」
    • ガチで不利天候。リーチや機動力が無いので自分から飛び込もうとすることは絶対に避けること。
    • 射撃も遠距離には遅く幅も無いので控えた方が無難か。
    • 飛び込んでくる相手にはJ6Aが有効。外れてもバックして距離が取れる。
    • 幸い、相手もあまり寄ってこないと思われるのでガードとグレイズを丁寧にして耐えるのも手である。
    • 残念なことに川霧を回避しても次は台風である。
  • 台風(たいふう)
    • 「スーパーアーマー状態になり、ダウンやのけぞりが無くなる。ガードが出来なくなる」
    • 火力の低い鈴仙には辛い天候。相手によっては低コストスペカ使用等で避けたいところ。
    • スーパーアーマーを利用して至近距離でのマインドエクスプロージョンや、打撃を狙ってくる相手に近距離からのB射撃を当てて、そのヒットストップ中に逃げる等、頑張ればなんとかなる。
    • いつもはできないマインドエクスプロージョン生当てを狙える天候。コンボ扱いにならないよう当てたらヒットストップを利用して移動。寄ってきたらさらに当ててイニシアチブを取れる。
    • 終わり際には2A刻みが有効。台風が終わったら自動的に相手がのけぞってくれる。
    • ただしグレイズ突進技はどうにもならないので逃げ切る事。
    • 相手が瀕死な時に狙うのはかなり有効。逆に自分が瀕死の時は何としても避けること。
  • 極光(きょっこう)
    • 「全ての天候から一つランダムに効果が出る。天候エフェクトは極光特有のものになり発動している天候のエフェクトは出ない」
    • 台風回避しようとして極光台風になるのはよくあること。
    • 何の天候か素早く把握して、それぞれの対策を行うのが最善策。