Top > HARROW
HTML convert time to 0.038 sec.


HARROW

Last-modified: 2017-09-22 (金) 10:47:43

HARROW

常に贄への準備が出来ている。この修道的なWarframeはVoidを使い仲間の守備を強化し火力を向上させる。

 
CondemnCondemn
相手を立っている場所に縛り付けるエネルギーの波を発射する。縛られた敵ごとにHarrowのシールドが補強される。
PenancePenance
シールドを消費し、Harrowと範囲内の仲間のリロード速度、発射速度を増加し、与えたダメージをヘルスに変換する。
ThuribleThurible
HarrowのエネルギーをThuribleにため強化効果を発動する。ため完了後敵を倒す事で範囲内の仲間にエネルギーをためる、あるいはヘッドショットを行う事で付与するエネルギーを増加。
CovenantCovenant
敵のダメージを吸収する陣を張り、陣内の仲間のクリティカル率を上昇させる。ヘッドショットのクリティカル率は更に強化。
 
ステータス初期値ランク30値
ヘルス100300
装甲値150
シールド150450
エネルギー100150
移動速度1.0
MODスロットNaramonVazarin
オーラスロットNaramon


製作 Edit

完成品  225 Pt

設計図材料製作費製作時間即時完成
クエスト報酬HARROW ニューロティック125,000Cr72時間50 Pt
HARROW シャーシ1
HARROW システム1
KUVA2,000
 
【製作費用】15,000 Cr 【製作時間】12 h 【即時完成】25 Pt
設計図パーツ名材料
ミッション報酬HARROW ニューロティックルビドー (1,500), ポリマーバンドル (4,000), プラスチド (2,000), 神経センサー (5)
HARROW シャーシ合金板 (20,000), サルベージ (25,000), オキシウム (800), オロキンセル (5)
HARROW システム回路基板 (2,500), クライオティック (1,000), フェライト (25,000), コントロールモジュール (15)

(※ゲーム中ではミッション種別が「脱出」になっていますが、Zanukaからの脱出ミッションと混同する恐れがあるため、パッチノートの表記に準じた「撤退」と記載しています)

概要 Edit

キリスト教の聖職者をテーマとしたWarframe。
異端的な修行法である鞭打ち行を再現した2番アビリティPenanceを持ち、苦行者のイメージでデザインされている。

 

性能面では、広範囲の味方を強化するアビリティを複数持つ支援重視型。
自身のシールドを消費してバフを得る、敵の攻撃を受けることで味方の保護時間を延長するといった、自己犠牲的な仕様が特徴。
直接ダメージを与える攻撃アビリティは無く、HARROW自身の攻撃能力はほぼ装備している武器+バフに依存する。
クリティカル発生率の高い銃器や攻撃範囲の広い近接武器など、バフの効果を最大限に得られる武装を選択することで、自身の火力を大きく高めることができる。
また、味方と支援効果が噛み合えば、分隊単位での戦闘力も飛躍的に高まるだろう。

 

1番アビリティのCondemnは前方範囲の敵を拘束して無力化すると同時にシールドを回復する便利なもので、単純にシールド回復だけでなく、シールドを消費する2番アビリティ発動の足掛かりになる鍵となるアビリティ。
HARROWのパッシブ能力であるオーバーシールド2倍を生かしてどんどんシールドを貯めていくと良い。
ただし最大ヘルス値は平均的なので、シールドを無視して直接ヘルスにダメージを受ける毒属性の攻撃には注意したい。

 

Update21で実装されたクエストHARROWの鎖」をクリアすることで本体設計図を入手できる。
パーツ設計図は各所に散らばっており、上記入手場所を参照のこと。

 

○公式紹介動画: http://www.youtube.com/watch?v=p2HXpeUh2QY

Error: Flash Player Cannot Installed.
Flashプラグインは廃止されます。Youtubeを埋め込みたい場合は #youtube(ビデオID[, 横幅[, 縦幅]]) を利用してください。

ヘルメットスキン Edit

HARROW SUFFRAGAN HELMET Edit

HARROW SUFFRAGAN HELMET

HARROW用ヘルメットスキン。
デフォルトヘルムよりもフェイス部分が小さくなり、鋭角な線を多用した攻撃的な相貌となった。
Suffraganはキリスト教における地位の一つで、教区を治める高位聖職者に仕えるSuffragan bishopを指す。

アビリティ Edit

パッシブ Edit

オーバーシールド容量が2倍になる。

通常は最大シールド値+1200までオーバーシールドを貯められるので
HARROWは最大シールド値+2400まで貯めることができる。

Condemn Edit

相手を立っている場所に縛り付けるエネルギーの波を発射する。
縛られた敵ごとにHarrowのシールドが補強される。
発動エネルギー25Condemn
影響するMODアビリティ効果範囲
アビリティ威力
アビリティ効果時間
ランク0123
効果範囲(m)15161820
効果時間(秒)3456
シールド回復/hit100110125150
  • アビリティ効果範囲はエネルギー波の射程と幅に影響する。
  • アビリティ威力はシールド回復量に影響する。
  • アビリティ効果時間は敵の拘束時間に影響する。
 

アビリティ使用時に照準の向いていた方向に対し、地を這うエネルギー波を放つ。命中した敵は効果時間の間鎖で拘束され動かなくなる。

  • 拘束された敵の数に応じてシールドを回復し、余剰分をオーバーシールドに変換する。
  • 拘束中の敵に再度当ててもシールドは回復しない。
    • 拘束時間が解けた相手に再度当てた場合は回復できる。
  • 地面との距離が大きく離れている場合は発動できない。
  • リロードや武器の発射を阻害しない。

Penance Edit

シールドを消費することでHarrowのリロード速度、発射速度、近接攻撃速度を増加。
更に与えたダメージをHarrowと範囲内の仲間のヘルスに変換する。
発動エネルギー50Penance
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果時間
ランク0123
ヘルス吸収(与えたダメージの)5%
基本時間(秒)4
追加時間/100シールド(秒)11.051.111.25
発射速度上昇(%)20253035
リロード速度上昇(%)40506070
効果範囲50m(アフィニティ共有範囲内)
  • アビリティ威力はヘルス吸収率と発射速度、近接攻撃速度、リロード速度に影響する。
  • アビリティ効果時間は基本時間と追加効果時間に影響する。
 
  • 自身の背を激しく鞭打ってシールドを消費し、消費量に応じた時間を基本時間に上乗せしてバフを付与する。
    • シールドはオーバーシールドを含めてすべて消費する。Condemnを使用し、オーバーシールドを蓄積しておけば飛躍的に効果時間が伸びる。
  • 効果中は武器の連射速度・リロード速度・近接攻撃速度が上昇する。
    • このバフ効果はHARROW自身にのみ有効
  • 効果中、HARROWが敵に与えたダメージの5%がアフィニティ共有範囲内(50m)の味方のヘルスに還元される。
    • この範囲にアビリティ効果範囲は影響せず、VAZARINのDisciplined Approachによってのみ範囲を拡大できる。
  • 効果時間中に再度発動すると、効果時間を加算することができる
    • ただし効果時間の上限は最大120秒まで。

Thurible Edit

HarrowのエネルギーをThuribleにため強化効果を発動する。
ため完了後敵を倒す事で範囲内の仲間にエネルギーを与える。ヘッドショットを行う事で付与するエネルギーを増加。
発動エネルギー25
溜め中 20/s
Thurible
影響するMODアビリティ効果範囲
アビリティ威力
アビリティ効果時間
ランク0123
エネルギー変換(%)5
効果時間(秒)20253035
効果範囲(m)13151720
ヘッドショット変換倍率4x
  • アビリティ効果範囲はエネルギー回復の効果範囲に影響する。
  • アビリティ威力はエネルギー変換率に影響する。
  • アビリティ効果時間はエネルギー回復の効果時間に影響する。
 
  • アビリティを発動すると、手に持ったThurible=振り香炉を回し始め、エネルギーを貯める。
    この状態では移動やバレットジャンプなどは可能だが、攻撃とアイテムの回収が不可能になり、エネルギーを消費し続ける。
    エネルギーを貯めるほど後に発動するエネルギー回復効果が高くなる。
    • Natural Talent を装着すると毎秒消費エネルギーが増加し、それに応じて毎秒チャージ量が増える。
    • チャージ中はRageMODでの被ダメージ回復も含む全てのエネルギー回復を受けられない。
  • もう一度アビリティキーを押す、もしくはエネルギーが0になると強化効果が発動。
    HARROW自身が敵をキルすると、自分を含む範囲内の味方のエネルギーを回復する。
    • ヘッドショットで敵をキルすると、エネルギー回復量は4倍になる。この数値は威力で変動しない。
  • エネルギー回復対象の味方がトグルアビリティ発動中など、一部の状態ではエネルギー回復は無効になる。
  • 効果時間中に再使用できるが、その場合はその時発動しているThuribleの効果は即座に消滅する。

Covenant Edit

敵のダメージを吸収する陣を張り、陣内の仲間のクリティカル率を上昇させる。
ヘッドショットのクリティカル率は更に強化。
発動エネルギー100Covenant
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果時間
ランク0123
無敵時間(秒)3456
クリティカル率上昇時間(秒)681012
クリティカル上昇/100ダメージ1.5%
HS時クリティカル率増加4x
効果範囲50m(アフィニティ共有範囲内)
  • アビリティ威力はクリティカル率上昇の基本値と、100ダメージあたりのクリティカル率の上昇量に影響する。
    • クリティカル率のボーナス上限とヘッドショット時の倍率には影響しない
  • アビリティ効果時間は無敵時間とクリティカル上昇時間に影響する。
 
  • アフィニティ共有範囲内の味方とそのコンパニオンに短時間の無敵状態を付与する。
    無敵状態中に受けたダメージは吸収・蓄積され、無敵状態が解除されると、蓄積したダメージの総量に応じて一定時間クリティカル率が増加するバフ「Covenant Retaliation」を付与する。
  • 自爆によるダメージは蓄積されない。
  • 「Covenant Retaliation」の基本値は5%で、100ダメージ蓄積するごとに1.5%ずつ上昇する。
    これらはアビリティ威力の影響を受けて増減する。
    • 「Covenant Retaliation」の上限はアビリティ威力に関わらず50%(ヘッドショット時200%)となっている。
    • 上限到達に必要な被ダメージ=100×50÷(1.5×アビリティ威力[%])
      アビリティ威力100%の場合、3333ダメージ受けることで上限に達する。
  • 「Covenant Retaliation」によるクリティカル率増加は、武器の最終クリティカル率に加算される。
    • そのため、例えばNUKORのような武器でも、HS時はオレンジクリティカルが保証される。
  • 短時間ながら絶対的な防御を得られる無敵アビリティとしても、味方の火力を強化するアビリティとしても利用できる。
  • 発動からモーションを終えるまでは3秒ほどで、その間は移動を含め他の行動を取ることはできない。
    • 無敵時間を長く生かしたい時は Natural Talent などで発動を高速化すると良い。
  • Penanceと同様に、VAZARINのDisciplined Approachによってのみ範囲を拡大できる。
  • 効果時間中の再使用は不可能
  • 発掘機や防衛コンソール等への防御効果はない。

コメント Edit