Top > 砲塔
HTML convert time to 0.004 sec.


砲塔

Last-modified: 2017-09-12 (火) 13:55:03

概要 Edit

砲塔とは、火砲の操作員や機構を保護すると同時に、さまざまな方向に照準し発射できるようにする装置である。
旋回砲塔を有する戦車のみが交換可能なパーツで、他車両と互換性はない。
車長が外部を視認する視認装置もこの砲塔上に設定されている事が多い。
戦車砲には特定の砲塔を必要とするものがあり、より強力な砲を搭載する為に改良砲塔への交換が必要となる事が多い。
基本的に駆逐戦車以外(一部例外有)の車体に搭載砲とともに装備されている。
砲塔により車体上半部の防御、視界範囲、砲の俯仰角が決まり、重要なモジュールとなっている。

turret2.png

砲塔装甲(mm) Edit

砲塔の正面、側面、背面の装甲厚のこと。砲塔が円形(ドイツ:ティーガー ソ連:スターリン戦車)の場合、側面と背面は同じ厚さの場合が多い。また、砲塔正面は防盾が付くため、その部分は数値以上の防御を発揮するが、Tiger IIJpantherHetzerなどのザウコップ防盾、スターリン戦車系列の防盾は狭い為過信は禁物。さらにティーガーは防盾裏の正面装甲がない場所がある。空間装甲になっている場合(Löwe)榴弾に強く、防盾、砲塔正面共に傾斜がかかるため予想以上に強い。戦車長のいるキューポラの装甲は別に設定されていて、大抵薄いので狙われないようにしよう。中にはオープントップ(天蓋なし)の車両があり、それらの砲塔上部には防御効果が無く榴弾などのダメージがモロに入ってしまうので注意しよう。

砲塔回転速度(deg/sec) Edit

砲塔が旋回する速度。軽・中戦車は比較的速く、重戦車は遅い。砲塔が回っている間はレティクルが広がるので注意。車体の回転と合わせる事で速く回るので中戦車などのNDKの対処に。
なお、砲塔の回らない駆逐戦車の砲塔旋回速度とは、「砲身の移動速度」のことである。

視認範囲(視界範囲)(m) Edit

その戦車が敵を発見できる距離。軽戦車がもっとも大きいがブリッツではあまり差はない。敵の発見には隠蔽率が関わり、戦車が大きいか、小さいか、敵戦車が動いているか、砲撃をしているか、障害物に隠れているかなどの理由で変化するためその距離に入ったからといって必ず見つけられるわけでもない。また、車長が負傷していたり、モジュールが損傷していたりすると視界範囲は狭まってしまうので注意しよう。

その他開発することで変化する数Edit

  • 最大携行弾数
  • 主砲の装填速度
  • 砲塔旋回・射撃に伴う着弾分布(レティクル拡散)
  • 照準時間
  • 射撃に伴う隠蔽率低下
     
    詳しくはこちら
     

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • まぁ、頑張って書きました加筆よろしくお願い致します、もう執筆者は御陀仏だ、さっさと加筆するんだ -- 2015-03-08 (日) 17:08:18
  • 軽く編集しました。まだ微妙な点あると思うので加筆等々お願いします。 -- 2015-04-28 (火) 09:24:51
  • ここも空気だしいらなくね? -- 2016-03-14 (月) 00:07:13
  • ティーゲルなんて言わないから直したよ。 -- 2016-06-28 (火) 06:45:52
  • 砲の最小着弾分布は砲塔ではなく主砲依存です。編集しときました -- 2017-09-12 (火) 13:56:07
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White