Top > Churchill Gun Carrier
HTML convert time to 0.021 sec.


Churchill Gun Carrier

Last-modified: 2017-05-24 (水) 14:59:00


Tier 6 イギリス 駆逐戦車 Churchill Gun Carrier(チャーチル ガン キャリア) Edit

image.jpeg

ダンケルク撤退戦で大量の重火器を失い正気も失ったイギリスの開発陣が作り上げたのが、このチャーチルガンキャリアーである。
実態はChurchill Iの砲塔を取っ払い、固定戦闘室をポン付けするという荒技。
ただでさえ無骨なチャーチルがさらにゴツくなった。
乗り出しは初期砲が低威力なため苦労を強いられるが、最終砲なら優秀な貫通力とDPMが支えてくれる。
とは言え、その長所を打ち消すのが極度に劣化した装甲である。
特に正面。177mm→88mmと半分程度。このTier帯どころか格下にも撃ち抜かれ兼ねない。
そして、チャーチル定番の広〜い被弾面積も健在。
というか戦闘室がアホみたいに長く、とにかくのっぺりしているため、「どうぞ撃ってください」と言わんばかりの生真面目設計。
俯角は10度と優秀なため、ハルダウンでの戦闘が得意である。
ただし、CGCのハルダウンは被弾面積を小さくするのが最大の目的であり、弾く事は期待してはいけない。
更に砲の左右可動域が5度と狭く、横に動いている敵を狙う際は注意が必要である。機動力は前身より旋回速度が向上しているとは言え、この車輌が駆逐戦車である事を考慮すると全く進化していないと言える。
最高速度も当然変化が無い。
防御力を捨て、強力な攻撃力( 中間砲から )を手に入れたこの駆逐戦車は、一癖も二癖もある一台に仕上がっている。
(また「プレミアム戦車より高いクレ収支」も見逃せない。詳しくは「長所」へ。)

 

基本性能(v2.5.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
Churchill GCVIイギリス駆逐戦車85088/63/502638.19965,000 cra.png
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VI3-inch 20 cwt AT Gun Mk. III10.67AP
APCR
HE
112
140
38
160
160
200
1707
1707
2134
0.361.76570 cra.png
2800 cra.png 7 gda.png
56 cra.png
1,021+15°
-10°
VIIQF 3.7-inch AT Gun7.89AP
APCR
HE
151
189
47
250
250
330
1972
1972
2603
0.351.946270 cra.png
3200 cra.png 8 gda.png
180 cra.png
1,783
VIIIOQF 32-pdr AT Gun8.70AP
APCR
HE
214
246
47
250
250
330
2175
2175
2871
0.341.946630 cra.png
3600 cra.png 9 gda.png
250 cra.png
2,972
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
Churchill GC-26240-
 
射界左5° / 右5°
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IVMeadows D.A.V.30020724
IVBedford Twin-Six350201,531
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VChurchill Gun Carrier43.00278,150
VIChurchill Gun Carrier Mk. II43.00298,150
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:Churchill I
派生先:AT 7

 

開発ツリー Edit

Churchill IChurchill Gun Carrier
49,050fa.png
Gun.png
3-inch 20 cwt AT Gun Mk.III
Gun.png
QF 3.7-inch AT Gun
18,640fa.png
Gun.png
OQF 32-pdr AT Gun
19,120fa.png
engine.png
Meadows D.A.V.
engine.png
Bedford Twin-Six
1,000fa.png
suspension.png
Churchill Gun Carrier
suspension.png
Churchill Gun Carrier Mk.II
5,780fa.png
AT 7
66,080fa.png
1,400,000cra.png
 

fa.png:必要経験値


 

解説 Edit

CGCを運用するにおいてまず頭に入れておかなければならないのは、この戦車は考え付く限りおよそほとんどの戦車の弱点を兼ね備えているということだ。

防御力

全面垂直装甲は格下の敵にも当たり前のように抜かれるうえ、チャーチル伝統の履帯裏の弱点もあるが、ここまで来ては最早そのような弱点は狙われるまでも無い。
豚飯すれば多少は弾く可能性もあるが、射角が全くないせいで豚飯状態では攻撃チャンスはゼロ。
当然、豚飯から旋回して射撃しすぐに豚飯に戻るという努力をしても動きが遅いため、せっかくの高DPMが発揮できないうえ、旋回中に貫通弾を貰いまくる。
でかい図体のお陰で隠蔽率なんてないようなものだし、戦闘室もやたら大きいうえに柔らかすぎてハルダウンしてもお構いなしに標的にされる。
しかしながらどうしても弾きたい状況であれば出来る限りの立ち回りは可能である。
それは、相手が撃つ瞬間に車体を20°程旋回させて前進をする事で側面に当ててもらうという方法である。
案外嵌まると連続して弾いてもらえるが、練習は必要となる。

機動力

機動力も最低限レベルで味方に置いて行かれるのは当然、ほんの少しの坂道で早歩きの人間と変わらない速度となる。
実は坂道での減速の度合いは低い方だが、元々の速度が遅すぎるため結局は遅過ぎる。
旋回は同格駆逐内でも最低であり、速度のなさと射角の狭さも相まって中戦車ならまだしも、一部重戦車や駆逐にもNDKされる。
敵に近づかれたら正真正銘の経験値BOXとなるしかない。

挙句の果てにHPすら同Tierワースト3位タイの850である。
SU-100M18 Hellcatの次と言えばいかに低いか分かりやすいと思う。
装甲の薄さも手伝って15榴は言うまでもなく一撃爆散し、10榴でも当たり所によっては2発で爆散する可能性がある。
KV-2SU-152には気を付けたい。

攻撃力

前述のあんまりな性能の中、唯一光るのが異常な攻撃力の高さだ。
本車の最終砲OQF 32-pdr AT GunはTier9駆逐戦車Tortoiseの初期砲&史実砲である。
精度はAT 8には劣るものの同格の他国TDより上であり、AP弾の単発火力も250と敵を下がらせるのに十分な強さを持っている。
貫徹力はAP弾ですら圧巻の214mmでありほとんどの同格戦車のAPCR弾を上回り、そのAPCR弾もアメリカ勢を上回る246mmもあるため、あらゆる敵を正面からぶち抜ける。
つまり、ほぼ全てのマッチする敵に対して正面から分間2100ものダメージを叩き出せる。
この攻撃力の高さをいかに生かすかのみがCGCを運用するポイントとなる。なお、射角が狭いので高速移動中の目標への攻撃は苦手であるため、自動照準を切って偏差射撃することも選択肢に入れておきたい。
なお、完璧な豚飯を決めたBlack Princeやハルダウン中のT29など、どうしても抜きにくい状況は発生するため、嫌がらせ目的のHE弾もいくつか持って行った方がよい。
しかしキューポラ等の弱点を抜く腕があるなら積極的に狙っていこう。

立ち回り方

まず第一に前面に出ない事。
調子に乗ってHP減った敵を追いかけた途端に爆散すると思ったがよい。
次に味方とはぐれない事。
孤立したらほぼ全ての敵戦車に勝てる見込みはなく、多少遅れようと一生懸命に味方を追いかけて、サポートが受けられる位置まで行く事。

次に、この戦車の場合はある程度芋る事も視野に入れなくてはならないが、芋る場所は考える事。
定番スポットでもリロード中や敵が見えない時は少し離れた方がよく、スポット取りに来る敵中戦車は当然、定番芋スポットを確認できるところにやってくる。
いかに茂みがあろうとこの戦車の隠蔽率では当然のように見つかる。そして見つかった瞬間に外見通りただの筒の付いた棺桶となる。
何より馬力がなさ過ぎて定番スポットに登るのに何十秒もかかる事もある。登ったはいいが味方と大きく離れたり、登ってる最中に背中を撃たれたりするのはナンセンスだ。

幸い俯角は良いので、敵に見つからない程度の距離の起伏からハルダウンして撃つのがよいだろう。
当然、それが可能な地形は限られてくるが無理に前に出てはならない。そういう時は芋と思われようが、待ち伏せに徹した方がよい。
また、ハルダウンできなくてもせめて右半身を障害物で隠すことで巨大な被弾面積を半減させよう、前に出る際はくれぐれも安全確認を怠らないようにする必要がある。
敵にマークされたら射線を切らない限り死ぬしかないと思った方がよい。

なお、本車は他国より上とはいえ英国TDの割には精度はイマイチであり、更に射角の狭さ故よく旋回するので思いがけず弾道がぶれる。
本車の高いDPMを生かすには可能な限り射撃時の旋回を減らす事が重要である。
余談だが、敵に発見され、どうしても砲撃を貰ってしまいそうな時に相手の射撃タイミングに合わせて車体を少しだけ傾けると運良く側面に命中して強制跳弾する事がある。最後の足掻きでやってみると良いだろう。

拡張パーツ

 
茶葉の香りが足りない?

特徴 Edit

長所

  • Tier9水準の優れた砲性能(高貫通、高DPM)
  • 俯角は-10度と良好
  • クレ係数が高く(どのくらいかというとTier6プレミアム戦車の大半を抜くぐらい)、基本AP弾運用でいけるため、課金戦車に頼らずクレ稼ぎができる
  • 低Tier英駆逐の開発をスキップできる
  • 自身の精神力を鍛えられる。

短所

  • 開発にはChurchill Iで約50000経験値を稼ぐ必要がある。
  • Churchill と付いているせいで重戦車と勘違いされる事がある。
  • 挙げたらきりがないほどの短所の塊
  • でかい、柔らかい、遅い、隠蔽なし、射角が最低レベル、HPが低い、初期砲が無能、外見が特徴的すぎる …etc
  • 装甲の薄さも相まってNDKされる為に生まれた棺桶
  • 肝心のDPMはJg.Pz. IVに負けている。

初期の研究

  • まずは最終砲を目指しましょう。
  • 初期砲は役に立たないのでフリー経験値の使用を検討しましょう。
  • AT 15で最終砲を開発してから戻ってくると幾分か楽です。

歴史背景 Edit

churchillgc_1.jpg

PC版wikiより
A22Dチャーチル・ガン・キャリアーはチャーチルの車体に大型の戦闘室を設け、砲を固定式に装備した急造兵器である。3.5インチ(88mm)砲を搭載する予定であったが完成が急がれたため旧式化した3インチ高射砲を代わりに搭載した。ダンケルクでの重火器の損失を補うための支援火力として期待されたが、42年に17ポンド砲が完成しこの新型砲を搭載した戦車の開発が決まったため、40両しか生産されず実戦投入されることも無かった。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • オイ、お前らが使っている拡張パーツをご教示くださいませ。 -- 2017-10-16 (月) 18:31:26
    • dpm底上げの装填、履帯切り対策のモジュール防護、無いよりマシなカモネ、旋回多いから改良安定、豚飯の確実性向上のための装甲、NDK対策の旋回、旋回多いからスタビ -- 2017-10-16 (月) 20:22:23
      • 俺は装甲じゃなく体力アップ派。そこ以外は同じ。 -- 2017-10-17 (火) 09:08:51
      • おいらは砲精度と移動速度を使ってるけどどう思う? -- 2017-10-17 (火) 14:11:34
      • 移動速度ってエンジン加速器だよな。加速上げても肝心の最高速が26しかないからほぼ無意味じゃね?旋回安定やろ -- 2017-10-17 (火) 21:39:15
      • あとさ、拡張パーツの説明では「工具箱」推しだけどさ、「予備履帯」の方が良くない? -- 2017-10-18 (水) 20:08:53
      • 個人的には履帯切られたら即リペアが基本だから、自然回復待ち前提のパーツはあんま魅力的じゃないかな〜。CGCにそこまで拡張を進められるのかって問題もあるし -- 2017-10-18 (水) 20:18:29
  • ユニカムクランの人が味方にいてこれ使ってたんだけど普通に前進して撃ってるだけにしか見えなかったのに与ダメトップだった。なんなんあれ -- 2017-10-17 (火) 10:04:30
    • そうやろ。CGCに乗ると簡単にダメトップ取れるのさ。あんさんも一緒にCGC乗ろう。 -- 2017-10-17 (火) 18:16:16
    • 自分で100戦回してみた感触としては、TDらしく篭ってるよりMTと一緒にガンガン前進してく方が戦績は明らかに良かったな。どうせ死ぬなら序盤から与ダメを稼ごうって発想の方が結局は生存率も上がるんだ -- 2017-10-17 (火) 20:26:07
      • 篭もる=孤立。CGCは孤立=死。あとは言わずもがな -- 2017-10-17 (火) 21:10:27
      • 変に見えない敵を待ち構えるくらいなら前に出た方がいいわな。敵からするとこっち向かってくる駆逐ってかなり怖いし -- 2017-10-17 (火) 21:31:11
  • こいつは自分よりヘイトが高い味方に随伴するといい感じ -- 2017-10-17 (火) 23:53:29
  • エーミールに近いのか…? -- 2017-10-19 (木) 07:42:54
    • エーミールは発見されないように立ち回るのに対してこいつは豚飯とか駆使しつつ前線の一歩後ろで戦う車両だよ 車種が違うからなんとも言い難いけど、強いて言うなら鈍足紙装甲のチトとかと同じ距離感で戦えばいいと思う -- 2017-10-19 (木) 10:42:24
      • ありがとう、それならまだ救いがありそうだから開発してみる -- 2017-10-20 (金) 07:21:11
  • 真正面で出会ったAT2やAT8が全く赤く無くて感動した -- 2017-10-28 (土) 15:42:39
    • お前が白い貫通アシストを除くとき敵もまた白い貫通アシストを覗いているのだ -- 2017-10-28 (土) 16:35:56
      • 突然のニーチェは草 -- 2017-10-28 (土) 19:03:39
      • ああ、窓に!窓に! (覗き窓からヌメヌメしたルクスを見てしまった車長は1/1D10のSANチェック) -- 2017-10-28 (土) 22:58:44
      • カチ。カラカラカラ……ファンブル!戦車長は発狂! -- 2017-10-30 (月) 17:56:25
  • 物好きしか乗らないからM基準クソ高いのかと思いきや同格以下を4撃破1800ダメ980expでMバ取れてしまった。昔よりも基準下がってるんかな? -- 2017-10-30 (月) 17:51:58
    • マジか...1000超えでもM取れなかったからM水準はそこそこ高めだと思ってた。乗ってるやつ少ないから、毎日の変動が激しいのかな -- 2017-10-30 (月) 20:00:17
      • 頭のおかしい(褒め言葉)英国紳士が減ってしまったからかもね…まぁともかく今はMバ取りやすいから今週中狙ってみなよ。 -- 2017-10-30 (月) 20:34:40
      • よっしゃ。M基準あげたろ! -- 2017-11-08 (水) 19:49:54
  • 中Tierバフ祭りにも乗り遅れる遅さ (T-T -- 2017-11-08 (水) 18:34:38
    • 四駆がDPM強化されたんだからコイツにもしろよって思う (T-T -- 2017-11-08 (水) 19:42:20
      • それな。 (^_- -- 2017-11-08 (水) 19:52:34
      • WGは平均勝率しか見てない糞っぽいし無理だろうな、この車両進む人はそれなりに覚悟と準備持ってる人多いだろうし初心者率が低いか -- 2017-11-10 (金) 09:35:21
      • ミス 憶測でしかないがWGは平均勝率しか見てないと思うわ。平均勝率でいうと4駆のが勝率低いし。スペック考えればあれ普通にヤバイと思うんだがなぁ...元々CGC以上のDPM、どこでもいける程度にはある機動力、高い隠蔽それがさらにバフとかw。平均勝率が4駆よりマシな理由って覚悟と準備ができてる人しか乗ってないからだと思うわ -- 2017-11-10 (金) 09:36:57
  • AT15の射角に慣れたらこいつが使い辛過ぎてかなわん。前はあんなに好きだったのに…。 -- 2017-11-13 (月) 21:48:13
    • 射角じゃなくて射界でしたね -- 2017-11-13 (月) 21:49:27
  • こいつはムズイ…Mとる人尊敬する -- 2017-11-20 (月) 22:50:45 New
    • 紅茶を飲んでからやってみたら案外取れたりする() -- 2017-11-20 (月) 22:59:53 New
  • こいつメッチャ強いじゃん。普段陸亀先輩乗ってるから速度も気にならないし、何より圧倒的な火力が楽しすぎる。強戦車をちょい後ろから撃破するの気持ちいい。 -- 2017-11-21 (火) 06:07:22 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White