使用アイテム/一夜漬け

Last-modified: 2019-05-20 (月) 08:23:17

基本性能

属性初期Lv/DF最大Lv/DF装備特殊効果使用効果売価
1/11/1無し【魔力低下】設定60G


付加性能

鍛冶限界(Lv/DF)付加特殊効果名称変化
1/11無しSS*1

入手

  • 以下の敵を倒した時に落とすことがある(ドロップ)
    アンデッドフライ(アミーグ封印の遺跡・アリバーシャ封印の遺跡)
    カッパードラゴン(ホルン支部長・遺跡ダンジョンB13F,B16F)
    グレートドラゴン(フォーレスキメラ研究所)
  • 以下の敵から盗める
    デスメイジ(ロマリアキメラ研究所本部実験室・遺跡ダンジョンB39F,B41F,B43F)

鑑定

クレニア地方特産の漬け物。
ものすごい匂いと味で集中力を乱し、一瞬相手の魔力を下げる。


その他

投げつけた対象を3ターンの間魔力低下状態にする。
 
魔力低下状態の利用価値はゼロに等しく、必然的にこのアイテムの使用価値は無いも同然。
まず、魔力値は特殊能力のダメージの算出に関わる値であると言う事は周知の事実であるだろう。
ダメージのソースが魔力であるなら当然大きく関わり、ブレスなどの攻撃力であってもある程度は関わってくる。
そのため魔力値は重要なステータスである、という認識をしているはずだ。
それを低下させる状態異常なのだから強力……というわけではないのである。
 
その理由は「デバフをかける労力を敵の無力化に使ったほうが安上がりだし、下げたところでほとんど意味が無いから」である。
敵の特殊能力が厄介になるケースは「追加効果」と「ダメージ」に大きく分けられる。
「追加効果」は文字通りで、ダメージが問題ではないので下げても意味が無い。ついでに、魔力値が低いことも多いため、下がっても大して意味が無いことも……
何よりもさっさと無力化しないと危険なため、正直なところこんなことに手数を割いている余裕が無いというのもある。
では「ダメージ」では意味があるのかというとやっぱり意味は無い。
もともとの魔力値が高い場合は当然大ダメージになるわけだが、元が高いため下がったところで100越えが70~80になるぐらいで
焼け石に水だし、魔力が高いモンスターは物理面の防御が紙っぺらなので物理で殴ればあっさり沈むことも多々ある。
単発ダメージはさほどではないが多数で現れて手数の多さで嵩ませてくるケースもあるが、この場合も下げても意味が無い。
大体このケースは遺跡ダンジョンのヌエなどのようにもともとが低いため大して下がらないほか、ブレス系であることが多いため効果も低い。
どちらの場合もやはり敵の無力化に力を注いだほうがよく、こんなものを使う必要性は限りなく薄いし無いも同然。
 
このように使いどころがまったく無いアイテムであるが、更なる追い討ちがある。
当然戦闘中にしか使えないアイテムなので、処分するのにも困るのである。間違って別のアイテムを捨ててしまったら目も当てられない。
そして売ったところで二束三文にもならない。そんな、ひどい……。
そのくせ、レベリングのためにアリバーシャ封印の遺跡に通っていればアンデッドフライがボロボロ落としていく。ひどい、ひどすぎる……。
 
不幸中の幸いなのは、アイテムドロップ以外に入手手段がないことである。空欄は薬草あたりで埋め立ててしまい、入手自体を避けてしまおう。


*1 +1~+9→SS