ローリー1

Last-modified: 2020-12-09 (水) 21:23:43

「見ろよ、車輪を付けた緑色の鬼っ子だ!お前なんかスクラップにしてやる、今に見てろ!」
TV版第5シーズンのローリー1

名前ローリー1
英名Lorry 1
性別
車体番号LOR 1
TV版:茜色(キャブ&荷台)+灰色(防水シート)+(字体)+(タイヤ&ネームプレート)
運用・積載物の運搬。
分類
トラック
TV版初登場シーズン第5シーズン3だいのトラック
TV版初台詞「見ろよ!車輪を付けた緑色の鬼っ子だ!お前なんかスクラップにしてやる!今に見てろ!」
説明・口の悪いトラック
・正式な名前は設定されていないらしい。
ディーゼルバルジージョージバルストロードスマジャーディーゼル261に続く7台目の悪役。
・港での機関車の仕事を取り上げたが、バックしていたら、?に転落してしまった。その後は送り返されて二度と戻って来なかった。
・最も台詞が少なく、一言しか喋らなかった。
・TV版では出番は少ないが、マガジンストーリーでは数多く登場している。
・眉毛が角ばっていて鼻がやや小さいが、港に連れてこられてからはローリー2と顔パーツが入れ替わってしまっている。
性格・とても威張りん坊で、ジョージディーゼル10と同様、鉄道の悪口を言っている。
・言葉遣いが悪く、蒸気機関車への敬意が感じられない。
・然し、マガジンストーリーではTV版に比べて蒸気機関車への失礼な発言は少なく、蒸気機関車にフレンドリーな一面も見せるエピソードもわずかながら存在する。
・マガジンストーリーでは競技や競争に興味がある一面があり、ローリー2と一緒にレーシングカーが走る姿に見惚れていた。
他キャラクターとの関係ローリー2ローリー3と同型で、3台同時にやって来た。
パーシーの事を「車輪を付けた緑色の鬼っ子」と言って罵倒した事がある。
トーマス曰く「ドンブラコ」
ジェームスからも名前で呼ばれず、「3台目のトラック」呼ばわりされた。
・マガジンストーリーではトーマスヘンリーゴードンジェームスエミリービルベンボコバーティーキャロラインハーヴィーダンカンジャックテレンスエリザベスジョージバルストロードと交流するエピソードも有る。
人間関係・マガジンストーリーでのみトップハム・ハット卿ソドー島の市長ヘンリーの機関士ファーマー・フィニー子供達と対面した。
その他ローリー1の玩具は、アーテル木製レールシリーズ以外は他の2人のの中で唯一商品化された。
玩具プラレール(モータートミカ/プラロード)
木製レールシリーズ
トーマスとなかまたち
アーテル(海藻付き)
Take Along
日本版CV稲田徹第5シーズン
参照画像参照はローリー1/画像