スタイル/【ブレードチャージ】

Last-modified: 2021-09-26 (日) 12:55:03

武器に光をまとわせ、巨大な魔法剣であらゆるものをなぎはらうスタイル
攻撃のリーチが長くなり、敵を一網打尽にすることが可能である。
テラとアクアのコマンドスタイルだったが、後にリクもリンクスタイルとして使用している。


Daysラストバトルで、リクが武器を光らせて切りつける「連続斬り」という似たような技を使う。

BbS

テラ、アクアの上級コマンドスタイル

  • Blade Chargeは「襲いかかる剣」の意味。海外版も同様。

発動条件は、下位のコマンドスタイル発動中にストライク系ファイア系ブリザド系のいずれかのコマンドでゲージをMAXにする事。
また、「クイーンベリーアイス」を食べるとすぐに変身できる。
外側がピンクに近い紫色で、体に近づくにつれ少しずつ白色が混じるオーラを放つ。白い闘気が立ち上っていることも特徴。
それに同様の闘気を武器にも纏わせ、巨大な魔法剣を構築する。
闘気を纏う、刀身がエネルギー体によって伸びる、見た目通りリーチが長くなるなど、スコールレオンブラスティングゾーンにソックリ。
 
リーチが大幅に伸びる驚きのコマンドスタイル。
その上ベースコマンドのバラージュは横に薙ぎ払う攻撃ばかりになるため、多数の敵を相手取る時に有利に働く。
ファイア系が条件というのも大きく、集団戦でメガフレアをぶっぱなしてファイアブレイザーに変身→もう一発メガフレアで今度はブレードチャージに変身、という流れがスムーズに行える。
多数の敵と戦うことになるミラージュアリーナでは度々見られる光景となるだろう。

反面、他の上位スタイルと比較して攻撃回数がどうしても1回+2回の繰り返しになるため、強敵との戦いではダメージ上限に引っかかってその威力を活かしにくいのが悩み。


テラがこのスタイルの時にアルテマキャノンを使うと攻撃モーションが終わった後に(具体的にはテラの手元にキーブレードが戻った直後)効果音と共にブレードチャージが再度展開される。
ちょっとかっこいい感じなので、お試しあれ。

フィニッシュコマンド

剣の闘気を更に巨大化させて頭上で振り回し、跳躍からの振り下ろしでトドメを刺す。
その場で足を止めて攻撃するため逃げる相手には当たりにくいが、体が大きいボス相手ならばフルヒットも狙いやすい。
見た目よりも上方向への攻撃範囲は広めで、マグネとも併用しやすい。

3D

リクのデュアルリンクスタイル
体の中から真っ白い光のオーラを溢れんばかりに放ち、身に纏う。オーラはライトハンマーのものよりさらに白く輝き、光の勇者たる風格を物語っている。
加えてキーブレードにもBbSと同様オーラを纏い、リーチを大幅に伸ばす。

  • キーブレードの手元には、薄紫とピンクの四角い枠がいくつも互い違いに組み合っており、薄紫に光るオーブに包まれている。まるで剣の力を封印しているかのように右回りにいくつも纏わりつく。
    フィニッシュではこれらの枠を覆い尽くすように、白い縦長のブロックが多数右回りに現れる。剣の大きさが変化しているように見えるため、力を解放して斬りつけているようである。

リーチはBbSのときに比べて控えめになっているが、それでも長い方。
BbSと異なる点として、全てのベースコマンドが2回攻撃になるのが特徴。
ただし1ヒットあたりの威力倍率は1.0以下であり、以前ほどの圧倒的な制圧力は無い。
加えて初段の発生が遅く、ややイマイチ感が漂う。

フィニッシュは、光をより一層溜めて巨大化した剣を斬りおろし、大爆発を放つ。
確かに威力は高いのだが動作が遅く2ヒット止まりで、こちらも弱体化している感じは否めない。

  • よく見ると二枚刃。切れ味は……上がってませんが。