Look in silence!

Last-modified: 2021-11-28 (日) 20:37:09

広島東洋カープ・薮田和樹の蔑称。
「セレブ薮田」「セレブリティ薮田」とも言われる。

概要

亜大時代は故障でほとんど投げられなかったが岡山理大付高時代から目を付けていた広島が2014年ドラフトで2位指名をしファンから物議を醸す。山崎康晃(DeNA)や大下佑馬(ヤクルト)は亜大時代の同学年チームメイト、九里亜蓮は高校時代からの先輩。そんな薮田だったが故障が癒えてからは中継ぎで起用され始め、2015年に1勝、2016年に3勝と一軍で試合に出続けていた。
2017年、中継ぎから先発に転向したのが功を奏したか15勝3敗と大きく勝ち星を伸ばし、最高勝率のタイトルを獲得。
しかし、2018年になると突如四球を連発するノーコンピッチャーと化して1イニング10失点を記録するなどして成績を大きく落とし、勝ち星2勝・防御率も5点台という成績に終わってしまった。
この年の8月21日に薮田自身のInstagramアカウントで公開されたメッセージの一部がこれである。なお原文は全て英語で書かれており、画像つきで斜め書きとなっているが、一部では誤記が多いとして赤ペン先生のように訂正されていることもある。

原文

I think that this is a pitcher. Baseball is a game to compete for a score.
Both the hit and the base on balls are the same.However, “a base on balls, a base on balls”Look in silence!
A Japanese does not have respect for a celebrity.All the celebrities are superior in something than oneself. Please know it!

日本語訳

https://www.asagei.com/excerpt/110860

野球とは最終的にスコアを争うゲーム。投手にとってはヒットも四球も同じはずだが、
しかし投手が四球を出すと『四球だ、四球だ!』と野次られる。黙って見てろ!
日本人は有名人に対して敬意を示さない。すべての有名人は(批判する)あなたより優れている。それを知ってください

その後

この書き込みは薮田のInstagramアカウントで「口撃」してきたファンに向けて宛てたものとされるが、その書き込みが問題視されるにつれ、薮田自身はInstagramからこの画像を削除している。
この発言は先輩である元広島東洋カープ・弦本悠希からは支持されたが、大局的には「プロにあるまじき発言」として炎上。

さらに「セレブ薮田」などの蔑称までついてしまい球団からも注意され、乱調時は「セレブなピッチング」と揶揄されるようになった。

2019年以降は首脳陣達不甲斐なかったりやらかした選手達にヘイトが集中しているため薮田自身はそこまでのヘイトを集めていないが、依然として成績は低迷し続けていることから近年のカープ低迷の戦犯の一人として扱われる。このためSNSでオフ画像を公開しては「練習しろ!」や「Instagram退会しろ!」などの罵声を浴びるのがお約束と化した。

関連項目