ビューティショップ

Last-modified: 2019-01-19 (土) 12:34:52

ビューティショップ【びゅーてぃしょっぷ】(システム) Edit

  • Beauty Shop(訳語としては「美容室」が妥当か)
  • 「ビューティ」と「ビューティー」の記述が公式内でも混在しているがゲーム内では前者になっているため、こちらで記述を統一する。
  • ビューティーショップは一旦閉鎖された後、リニューアルして再開されたという経緯がある。以下では新旧それぞれの機能について解説する。

旧ビューティショップ Edit

  • これまで転生時しか行えなかった容姿の変更を、転生と関係なく行えるシステム。
    ただし性別・年齢の変更は従来通り転生でしか行えない。
    • このシステムの実装と同時にプレミアムキャラクターカードの販売が終了している。
      既に購入済みのカードは従来と変わりなく転生時やキャラ作成時に使用可能。
    • 転生時の変更に比べ、普段の装備や服を装着したまま容姿のプレビューができるため、様々なコーディネイトを試すにも適している。
  • 変更可能な要素は顔型・髪型・目・口の4項目と、それぞれの色を含めた合計7項目。
    • ただし、過去の他作品タイアップで追加された限定プレミアムカードが必須となる一部の容姿はリストに載っていないため、そもそも選択不可能である。
  • アバタースロット関連のアイテムも販売しており、こちらもポンで購入可能。
  • ビューティショップは浪漫農場と同じく独立したエリアへ移動する形で利用となる。
    このため、アイテムを落としたまま退出するとそのアイテムは消滅してしまう。持ち物には注意しよう。
  • ショップ内はウルラ地域扱いのようで、イリア大陸から入場しても銀行チケットはダンバートン銀行のものが開く。
    屋内のため昼夜の差はなく、天候判定も不明。そもそも、このショップがどこにあるのかが謎である。
    また、建物内や影ミッション内部からは入場できず、他のプレイヤーと共に入ることもできない。
    一方ペットの召喚は可能なため、アイテムの整理で慎重を要したい時には適した空間ともいえる。
  • 2013年10月10日のZEROアップデート第二弾において廃止され、機能がドレスルームに統合された。

新ビューティショップ Edit

  • それから時は流れ、2015年5月20日の「メンバーシップシステム」実装時に復活。
    メンバーシップ会員専用コンテンツとして生まれ変わった。
    • なお、メンバーシップ会員になる方法としては無料で達成できるもの(合計レベルアップ数など)も用意されているので、別に課金専用コンテンツという訳ではない。
  • 旧ビューティショップと同様に、浪漫農場と同じく独立したエリアへ移動する形で利用となる。
  • 再登場のNPC「ローパ」や「ココ」から、アバター用衣装やモーションなどをゴールドで入手することができる。
    但し、ここで購入できるアバター用衣装やモーションには有効期限がある。
    • ちなみに無期限の同形衣装はネクソンポイントで販売されており、メンバーシップシステムの別機能にて購入するようになっている。

関連項目 Edit

  • ココ:アバターアイテムを販売するNPC
  • ローパ:モーション変更アイテム(仮称)を販売するNPC