東金線

Last-modified: 2018-10-20 (土) 00:49:06

東金線は、大網~成東間の路線名称である。一部の列車は外房線千葉、京葉線東京までの直通運転を行っている。
※房総各線では、同一行先で経由地が違う列車が多いため、各線に路線カラーが指定されている。
 東金線は外房線と同じ、赤色である。


駅一覧

京葉線直通の通勤快速および快速は、東金線内の各駅に停車する。

当路線を走行する車両

209系2000番台.2100番台
房総地区の主力車両。改造の上京浜東北線から転属してきた。東金線の有効長の関係で、当路線での運用は4両もしくは6両となっている。
 ※セミクロスシートは両端の先頭車。WCは大網寄りから2両目に設置。
E233系5000番台
京葉線向けのワインレッド帯をまとった車両。当路線には分割編成のうち7号車~10号車の4両編成が乗り入れる。朝晩時間帯に設定されている京葉線直通列車に充てられるほか、間合い運用で線内完結となる列車も存在する。

備考

  • 日中は外房線千葉直通列車が1時間に1本設定される。それ以外の時間帯は東金線内折り返し列車がメインとなるが、これは外房線が8両編成・10両編成が主力となる時間帯であるため、最大で6両編成までしか入れない東金線からの列車は混雑を助長してしまうためである。

意見等