パンドラの預言者

Last-modified: 2020-09-08 (火) 03:23:28

注意:このページはサンプルシナリオの内容が含まれています。ゲームマスター以外は読まないようにしてください。

 大胆な野心を持つ3人の科学者。時間と空間の旅。殺すに値する秘密。この4つのミステリーでは、ティーンたちはこれまでで最大の課題に直面します。


 この本の残りの部分には、4つの完全なミステリーが収録されており、単発の冒険として、またはキャンペーン「パンドラの預言者」としてもプレイできます。
 最初の3つのミステリーのプレイには4~8時間かかります。それらを拡張したい場合は、さらにロケーション、または日常のシーンを追加できます。4番目のミステリー、「永遠の灰」は長く、プレイするのに最大12時間かかることがあります。このミステリーは、単独のシナリオとしてではなく、壮大なキャンペーンのフィナーレとして書かれています。キャンペーンの4つのミステリーには、推奨されるトラブルとそれらを解決するための方法が含まれていますが、別のアプローチを試すかどうかはプレイヤー次第です。
 この4つのミステリーの場合、ティーンたちはできれば南ブラックレイクランドに住んでいる必要があり、ベルクゴーデン高校[ボールダーシティ高校]に通っています。おそらく、そのうちの1人は北側で育ち、1994年のクリスマスの運命の洪水の後、南に避難したかもしれませんね?

背景

 1980年代、リクスエナジーは大きな夢を持った3人の医師、外科医ナターシャ・リントフ、免疫学者スヴェン・イェルネク[ジョン・コリンズ]、放射線科医エリザベス・サンドグレン[エリザベス・コックス]を雇用して、研究プロジェクトに取り組みましたが、注目に値する発見はできませんでした。彼らはループの同僚たちから重要視されず、解雇される恐れがありました。ある日、彼らはブラック・レイクランド北部[ボールダーシティ北西の砂漠]に奇妙な地下実験室を発見しました。他に誰もその存在を知らなかったようで、誰がそれを作ったのかを知ることも不可能でした。物事をさらに奇妙なものにしたのは、ラボが彼ら3人のために特別に設計されたように見え、優れた科学者としての運命をより賢く、より直感的に、そしてよりうまく実行できるようにする機器が含まれていたことです。エリザベス、ナターシャ、スヴェンは実験室を秘密にし、ヘパイステウムと名付けました。ギリシャの神ヘパイストスの工房のことで、他の神々のために魔法の工芸品を作りました。3人は、傲慢な心と壮大なるビジョンにとりつかれるのに時間はかからず、彼らは人類から戦争や病気、環境汚染を取り除くことに専念し、彼ら自身を「科学の預言者」と呼び始めました。彼らはお互いに、彼らのやり方が倫理や道徳に邪魔されることはあってはならないと確信しており、彼らは実験用化学物質をキオスクや食料品店にまき散らしたり、さらに人々を誘拐し、ヘパイステウムに閉じ込めてモルモットとして使用することさえして、メーラレン諸島の無防備な住民のライブ・テストを開始しました。

 3人の預言者は、リクスエナジーでのキャリアを急上昇させた一連の革命的な発見をしました。しかし、ミカエラ・タンネンバウム[ミシェル・タンネンバウム]という名前のジャーナリストが、偽名で組織に潜入し、ヘパイステウムを見せてくれるようエリザベスを説得しました。預言者たちは、ミカエラの記事が発表される前の夜になって、やっと自分たちの仕事への危険を悟り、しかしそれはすでに遅すぎました。スヴェンは彼女の家に行き、致命的な脳出血を引き起こさせて彼女を毒殺し、そしてエリザベスは、自分のタイムトラベルの知識を使って、発覚を避けるために、実験室と彼女自身を未来に転送しました。3人は、90年代にまた再会し、仕事を続けることにしました。
 報道とリクスエナジーの警備員が、翌朝、ヘパイステウムがあった場所に到着したとき、彼らは空の廊下と行き止まりを見つけ、ミカエラの記事は撤回されました。しかし、ナターシャとスヴェンは解雇され、医療免許を剥奪されました。ナターシャは自分の名前をリヴ・ヒーメルセッド[ディスティニー・スカイ]と変えて、ライフコーチとして新しいキャリアをスタートさせ、最終的にブラックレイク・ランドにセラピーセンターを開設しました。スヴェンは教員免許を取得し、ステンハムラのベルクゴーデン[ボールダーシティ]高校の校長になるまでに成功しました。
 エリザベスとヘパイステウムが姿を消してから約10年になります。 リクスエナジーの資産はクラフタ社[AEP]に売却されました。かつてヘパイステウムがあった場所は現在、避難区域[砂漠地帯]の奥底にあります。ここ数年、スヴェンとリヴはエリザベスが島に戻ってくる兆候を観察しました。しかし、彼らは彼らの十字軍について長い間考えてきて、可能な限り実験を続けてきましたが、彼らのトレードマークである冷酷なプラグマティズム(科学的実用主義)について、もはや確信が持てません。彼らが再会し、人類の救済に向けて取り組むことができたとしても  彼らはすべきでしょうか?
 キャンペーンの進行中、ティーンたちはリヴとスヴェンの実験の結果を感じ、エリザベスが島に戻った後の出来事を目撃し、途中でヘパイステウムをどこかで失ったことを発見します。4番目のミステリーでは、預言者は新しいヘパイステウムを建設し、人類の意志を強制して自分自身から救うためのオブジェクトを創り出そうとします。ティーンたちが3人を止めることができた場合、新しいヘパイステウムは過去に転送され、80年代半ばに預言者が見つけるのを待つことになります。
 4つのミステリーは、「肉と鋼の」、「ブサイク病」、「トラベラー」、「永遠の灰」と呼ばれています。