シナリオ2「ブサイク病」

Last-modified: 2020-10-06 (火) 06:56:58

注意:このページはサンプルシナリオの内容が含まれています。ゲームマスター以外は読まないようにしてください。

 奇妙なウイルスがこの地域のティーンエイジャーに蔓延している。罹患者の容姿を歪める病気。学校の友達は、もはや自分の見た目を見せるのが恐ろしくて、クラスに行く勇気がない。ずっと昔、確固たる権力階層が崩壊した。ボディースーツの科学者が、影響を受けたティーンエイジャーを集めているという噂が広まりつつある。一体何が起きているのだろう?

 このミステリーは、1つまたは2つのセッションで再生されるように設計されています。「パンドラ…」キャンペーンの第2部として使用できます。

真実 

 ステンハムラのバーグゴーデン高校[ボールダーシティ高校]の校長であるスヴェン・ヤルネク[ジョン・コリンズ]は、免疫学者としてキャリアをスタートさせ、80年代にエリザベス・サンドグレン[エリザベス・コックス]、ナターシャ・リントフら二人と共に研究プロジェクトに採用されました。3人は自分たちを「科学の預言者」と呼び、何も知らない地元住民をモルモットとして使用して、秘密の研究所であるヘパイステウムで非倫理的な実験を行いました。ジャーナリストのミカエラ・タンネンバウム[ミシェル・タンネンバウム]が彼らの活動を暴露したため、スヴェンは真実が明かされないように彼女を殺害しました。エリザベスは時間旅行の実験を行って、自分とヘファイストウムを未来に送り、仕事を継続できるようにしました。リクスエナジーの内務捜査官と警察が翌朝到着したとき、彼らが見つけたのは、空っぽの部屋とトンネルだけでした。
 スヴェンは最近、エリザベスの差し迫った帰還の兆しを観察するようになり、彼女が戻ってきたら、自分たちが研究に戻るよう望むだろうと彼は知っています。スヴェンは実験とミカエラの殺害の両方で、彼が預言者たちと過ごした年月を後悔するようになりました。しかし、彼が協力しない場合、エリザベスが殺人で彼を警察に届けることを恐れています。
 80年代、スヴェンはGMM(遺伝子マイクロ操作)と呼ばれる実験を始めました。これは、島の人々の食物に潜伏性の化学物質を広めることを意味しました。後で活性剤とペアになると、化学物質の組み合わせが被験者のDNAの操作し始めます。クラフタ社[AEP]はこのことを知っており、何度もGMMに取り組み続けるようにスヴェンを説得しようとしました。スヴェンは、エリザベスならきっとクラフタとの同盟を結ばないことを裏切りと見なすでしょうが、最終的に彼らの申し出を受け入れ、しかし密かに実験を妨害することを計画していました。しかしながら、彼はこのプロジェクトをクラフタが制御下に置くことは予想しておらず、現在スヴェンは彼らにプロセスの次のフェーズに進むよう強いられています。
 この数か月間、スヴェンはベルクゴーデン高校の食堂の食品に活性剤を加え始めました。当初の目標は、被験者を病気に対して更に回復力を高いものにすることでしたが、実験はうまくいかなかったことがわかりました、そしてその化学反応は、代わりに学生の間で「ブサイク病」と呼ばれる奇妙な病気を引き起こします。それは性的に活発であった人々だけを襲うように思われ、性的接触を通してのみ広がります。症状は、感染した体に、奇妙なしこりと腫瘍となって現れます。
 クラフタ社は、ブサイク病の研究に非常に熱心です。彼らは、すべての感染者を検挙し、3番目の効果増強剤を強制的に摂取させることにより、実験の第3段階を完了することにしました。すべての患者を見つけて連れてくるために、クラフタは疾病管理局をだまして、地元の子供たちのグループが「活動家」と共謀して、クラフタの実験室に侵入し、危険な伝染病に接触した可能性があると信じ込ませました。したがって、彼らは隔離キャンプに連れて行かなければなりません。クラフタの広報担当官は、こうした状況を一般に知らせる声明を発表し、「活動家」たちに検疫キャンプへの報告を要請しました。検疫局の命を受けたクラフタエージェントは、すべての「活動家」が必要な支援を得られるように、彼らを見つけて連れていこうとします。
 ミカエラ・タンネンバウムの娘、ルイーズ[ケリー]は、3人の預言者の身元と犯罪を暴くという母親の仕事を続け、そしてミカエラを殺害した人物を突き止めようと固く決意しています。彼女は「ブサイク病」に関しての知識があり、感染した若者たちがクラフタのエージェントから逃れるのを助けるため、アデルソ[キャニオンロードの西]に自らのキャンプを設営しました。一方、スヴェンは、クラフタのGMMのフェーズ3継続させないことを決めました。彼はクラフタ研究所に侵入し、活性剤の残りのバイアルを盗み、地下ループトンネルにて、実験、そして彼自身の人生を終らせることを計画しています。しかし、スヴェンはバイアルを使用して反作用剤を作成できることは知りません。ティーンたちは、感染した友人がクラフタのエージェントに近づかないようにし、活性剤のバイアルを見つけ、「ブサイク病」を治す必要があります。

カウントダウン
このミステリーには2つのカウントダウンがあります。  1つはブサイク病、もう1つはクラフタのエージェントです。それらを同時に、または一度に1つずつ進めましょう。ティーンたちの親しい友人や兄弟に感染する。感染者は恥ずかしがり、家から逃げ出し、学校をさぼって、ルイーズのキャンプに行こうとします。ティーンたちのいずれかが性的に活動的である場合は、それらを同じように感染させることも検討できます。
 クラフタには、セキュリティサービスと検疫局の両方の内部に連絡先があります。彼らは地元住民を暗いところに置き、感染者をイケローの検疫キャンプに隔離してフェーズ3への参加を強制したいと考えています。彼らは病気についてできるだけ多くを学びたいと思っています。
災害
 活性剤のバイアルは破棄されるか、GMM計画のフェーズ3に使用されます。治療法を開発することはできません。感染者はいくつかの美容整形を受けますが、その傷跡で誰もがさらさたくない病気であることが分かります。
検疫中
クラフタ[AEP]と検疫局は、スカイッテホルム近くの東海岸にあるイケロー[フーバーダム・ロッジ]に検疫キャンプを設置しました。キャンプはいくつかの建設用プレハブ小屋と白いテントで構成されています。感染者はテント内の金属の檻で互いに隔離されています。ティーンたちを診察する医療スタッフは防護服を着ており、約20人のエージェントが収容所を守っています。外側のフェンスから50メートル以内に入ることは誰も許可されず、その範囲は強力な投光照明で照らされ、カメラと警報で保護されています。ティーンたちがキャンプに連れてこられた場合、またはティーンたちが友達をキャンプから連れ出そうとした場合、その地域を【調べる】、役立つアイテムを【メカニック】や【プログラム】する、助けてくれる人に【交際】する、そして組織的な取り組みを【統率】することで、再び脱出するチャンスを増やすことを検討すると良いでしょう。彼らが直面するトラブルの多くは「非常に難しい」もしくは「ほとんど不可能」です。

「ブサイク病」のカウントダウン


  1. 数か月の間に、ごくわずかな高校生が感染します。彼らは奇妙な腫瘍、たこ、膿の詰まった皮膚の袋、もしくは、変なにおいがする皮膚の変色した斑点などが発達します。彼らの体は形がくずれ、徐々にしっぽ、豚の鼻、犬の耳、長い腕や脚、新しい開口部、新しい手足、または毛皮などが発達します。
  2. 伝染病が蔓延します。もはや症状を隠すことは不可能です。誰かの背中にある喋る口、動物の耳、長いしっぽ、えら、声の変化、余分な目、または指とつま先の間の水かきです。
  3. 広範囲にわたる変化。背中の口は絶えず話し、完全に形成されたえらは水中呼吸を可能にし、鼻は大きなブタの鼻に変わってしまいます。

クラフタのエージェントのカウントダウン


  1. エージェントがドアをノックし始め、家の捜索を要求します。彼らは、感染の可能性のある子供を捕獲し、尋問し、調査します。疑わしい者は強制的に裸にされます。感染したティーンたちは検疫キャンプに連れて行かれます。エージェントたちは島から離れたフェリーと橋を監視します。
  2. エージェントは、強制検査のためにベルクガーデン高校の学生たちを検挙します。感染者はすべてキャンプに運ばれます。クラフタの街路での存在感がより目立ち出します。感染した子供を隠そうとする親は殴られます。全国のメディアからジャーナリストたちが到着し始めます。
  3. エージェントが昼も夜も通りをパトロールします。道路用のバリケードが設置されます。すべての学校で毎日の検査が始まります。

ティーンの導入フェイズ

 ティーンたちそれぞれに、トラブルの有無にかかわらず、日常のシーンを与えましょう。後で感染する可能性のある友人を巻き込んで、学校でできるだけ多くのシーンを設定するようにしてください。プレイヤーに自分の学校について描写してもらいましょう。聖ルチア祭のお祝いの投票についてのゴシップを盛り込みましょう。

ミステリーの導入フェイズ

 ティーンたちが、クラフタ社[AEP]の広報担当者、イェンス・リッドマン[サミュエル・フロスト]が地元のラジオで声明を発表しているのを聞く、というシーンを設定します(隣のボックスを参照)。心配した両親は、ティーンたちにもっと知っているかどうか尋ねるでしょう。これは、主題が議論される1つまたは2つのシーンにつなぐことができます。ミステリーの導入の2番目のステップに進むときは、すべてのティーンが存在していることを確認してください。友達の1人が助けを求めます。
 ティーンのうち1人の友人、またはパートナーが、ティーンたちと連絡を取り、彼女はプレスリリースが偽物なのは間違いないと言います。活動家も、外国の利益も、クラフタへの侵入も存在しません。彼女は、自分や他の若者たちが秋にかけて体に奇妙な腫瘍ができたのだと言います。彼らはそれを「ブサイク病」と呼び、性的接触を介して広がるようです。クラフタが病気の背後におり、検疫キャンプで実験するために感染者を監禁している、という噂が広まっています。ただ、ルイーズ・タンネンバウム[ケリー・タンネンバウム]という女性が隠れ家をアデルセーに設置しており、「ブラックホール」と呼ばれています。その人はティーンたちに、自分がルイーズの所かブラックホールに行くのを手伝ってくれるように頼みます。彼女がティーンたちの誰かと恋愛関係にある場合、それは浮気に関する困難な議論につながる可能性があり、ティーンの1人も感染していることを意味するかもしれません。
 ティーンたちは、電話帳でルイーズ・タンネンバウムの住所を見つけられます。【交際】を使用すると、ブラックホールがどこにあるか見つけることができます。クラフタのエージェントは、路上で無作為なチェックのために若者たちを止め始め、すべての橋とフェリーを監視しています。プレイ中はマップを目の前に置き、プレイヤーたちにどう動くか説明してもらいましょう。

背景ノイズ:聖ルチア祭


 ミステリーは12月に行われ、島は雪に覆われ、しかし湖はまだ凍っていません。聖ルチア祭が間近に迫っており、生徒会は、お祝いのリードシンガーである「ルチア・オブ・ザ・イヤー」の5人の候補者を推薦しました。多くの学生は、候補者が単にルックスに基づいて選択されたと感じているため、投票を拒否しています。しかし噂によると、候補者の1人であるミーア・イェルネクは、校長の娘なので指名されたようです。
 ミステリーの過程で、学校における美しさの基準について継続的に話し合い、聖ルチア祭を背景ノイズとして使用しましょう。  候補者のゴシップ、合唱団のリハーサル、投票それ自体、勝者の発表、そして最後に、12月13日の暗くて静かな朝、最後のシーンの1つで学校中を歩く行列などです。

 

背景ノイズ:ボールダーシティ  ビューティーコンテスト


 ボールダーシティ高校では、学校で最もかわいい女子と最もハンサムな男子を決定するためのビューティーコンテストが行われています。発起人は、化粧品会社またはモデルエージェンシー事務所の場合があります。街中の掲示板は、コンテストがボールダー市で熱く議論された話題になっています。

クラフタ社からの声明

 私の名前はイェンス・リッドマン[サミュエル・フロスト]と申します。私は、クラフタ社[AEP]の広報担当です。この声明は、米国疾病対策局と共同で、またその指示に従って発布されております。メーラレン諸島[ボールダーシティ]の青少年の一団が、クラフタ社の活動を妨害することを目的とした外国の組織によって雇われたことが問題になっております。これらの青少年たちは、自分たちは国際平和組織のために働いており、クラフタ社はムンセー[ミード湖周辺]の施設で化学兵器の試験を行っている、と信じ込まされております。これが事実ではないこと  並びに、今までそのような事実はないこと  は明確にしておきたいと考えています。

 

 今年の秋の間に、こうしたいわゆる活動家たちが、複数回にわたって、重大疾病の実験治療を行う研究所に侵入した、とする証拠を発見いたしました。侵入者の身元や、危険物質との接触の程度については不明ですが、我々は米国疾病対策局と共同で、イケロー[フーバーダム・ロッジ]に検疫キャンプを設置し、そうした若者たちが医療援助を必要としている場合、彼らが適切に処置を受けられるようにしております。一般市民には、この米国疾病対策局からの委任を受託した当局および、クラフタ職員への協力をお願いしております。また、このことが懸念される個人は、できるだけ早く私たちにご連絡ください。私たちはあなたの意図が素晴らしいことだと理解していますが、あなたは嘘を教えられています。

ボールダーシティのエージェント


 AEPエージェントは、ボールダーシティ周辺のすべての主要道路を監視するでしょう。彼らは繁華街をパトロールし、通りの人々に無作為に質問します。AEPは、地域のために親切にしているように見せかけています。エージェントは武装していませんが、どこにでもいます。

ロケーション1:ルイーズ・タンネンバウムの家

 ルイーズ[ケリー]は、ブラックレイクランド南西部[ボールダーシティの南]の小さな入り江の近くにある、2階建ての家に住んでいます。荒れ果てた、手入れもされていない森が、その家の周りのひび割れたアスファルトの区画にまで生い茂っています。車椅子のスロープが正面玄関と地下の駐車場につながっています。1階は明るい唐草模様状の花で塗られ、2階は八角形のかたちをしており、全ての方向にたくさんの窓があります。室内は、葉巻の香りが濃く、家具や美術品は高価なものです。ルイーズは豪華でありながら一人寂しい生活を営んでいます。2階は、母親の死についての調査に特化しています  メモ、バインダー、写真がいたるところに散らばっています。2つのフロアはエレベーターでつながっています。ガレージから続くトンネルは、ルイーズがボートを保管しているプライベート桟橋に通じています。ティーンたちが家に近づくと、家は静かで暗くなります。黒い鋼鉄の門の付いた低い石の壁が、敷地を囲んでいます。

トラブル
 クラフタのエージェントたちは、ルイーズが行方不明になった多数の感染者となにか関係しているのではと疑っていますが、まだ秘密の桟橋を発見しておらず、彼女が気づかれずにどうやって家を出入りしているのか確信が持てません。着色ガラスの黒いバンに乗った2人のエージェントが、建物の外でナイトビジョンゴーグルと音響増幅器で彼女を偵察しながら座っています。もしティーンたちが気をつけて家に近づくなら、エージェントを見つけるために【調べる】判定を行って構いません。失敗した場合、または誰もロールしない場合、エージェントに発見されずに家に向かって【隠密】するのは「非常に困難」となります(6が2つ必要)。
 ティーンたちが発見された場合、エージェントたちは彼らを捕まえ、バンの中で質問しようとします。その中の誰かが感染者だった場合、彼女は隔離キャンプに連れて行かれます。エージェントたちは、なぜルイーズと会うのか、そして彼らがルイーズについて何を知っているのかを知りたいのです。彼らはティーンズに秘密のマイクを渡し、ルイーズが知っていることを彼女に話すさせたいと思っています。エージェントたちは、活動家に関するクラフタの公式見解を貫き通し、ブサイク病についてのすべての知識を否定します。
手がかり
 ルイーズはティーンたちを中に入れようとしませんが、ティーンたちが誰からここに送り込まれたのかを訪ね、彼らが盗聴器を身に着ていないことを検査します。彼女はクラフタが言っていることはすべて嘘であると確信しています。彼女はティーンたちに、母親のミカエラが、リクスエナジーにて1980年代に「預言者」と自称する3人の科学者を調査していたと話します。彼らは島の住民に、一連の非倫理的な実験を行いました。ミカエラは記事を公表する前に亡くなり、ルイーズは、彼女が殺されたのだと確信しています。彼女は、3人の「預言者」が北ブラックレイクランドの地下に秘密の実験室を持っていたことを知っていますが、警察が施設に手入れを行っても、何も見つかりませんでした  研究所がまるごと消えたのです。
 預言者の実験の1つとして知られているのが、GMM  人々のDNAに変化する物質を挿入することです。ルイーズは、ブサイク病はGMM実験が活性化されたことの証明であり、クラフタは感染者を実験のために検挙しているのだと考えています。彼女は感染者が隠れられる秘密のキャンプを設立し、そして治療法を探しています。
 ルイーズは、感染したティーンたちがブラックホールにたどり着くのを喜んで手伝い、ティーンたちに彼女と一緒に来るように頼みます。ティーンたちの内1人は、彼女がボートの追跡に目を光らせている間、ボートを運転します。

ボールダーシティから車で逃げる


ボールダーシティでは、ルイーズの逃亡手段はボートではなくスポーツカーであり、彼女にはガレージの外に出る隠された第二の通路があります。ティーンたちは車を借りることができます。

ロケーション2:「ブラックホール」

 ルイーズは、東アデルセーの放棄された農場に、ブサイク病に感染した若者たちを集めています。彼女は再び電源を入れ、蛇口を開け、感染者に食料と物資があることを確認しています。農場は、2階建ての母屋と、3つの老朽化した納屋で構成されています。ゴミ箱、汚れた毛布、壊れた瓶が庭じゅうにあります。感染者は恥ずかしさで自自分たちの体を覆い、自らの昔の人生を嘆き悲しんでいます。感染者たちは、森の小屋の中にかつての静けさを見い出しており、そして、その暗がりにいる者の多くは常に酔っぱらい、攻撃的で、暴力的です。
 ジョナス・ヘッド[ニック・ロバーツ]を中心にグループが結成されています。彼は感染者の青年であり、ブサイク病は「真なる者」たちを他の社会から切り離すための神の介入であり、虚栄心と嘘ではなく、正直さと善良さに基づく運動を始めるため、自分は選ばれたのだと説いています。彼はブサイク病に感謝しており、自分の弟子たちに、正直に、直接的に、そして正しい方法で話しなさい、と教えようとします。弟子たちは汚れた水色のベッドシーツを身につけています。彼らの多くはジョナスのメッセージを信じていませんが、自分たちの苦しみのために、目標を見つけようと必死です。ジョナスの教えはブラックホールで多くの人を怒らせ、挑発します。

トラブル
 ジョナスが、どうやってブサイク病が広がり始めたのか知っている、と主張しているのはブラックホールの常識ですが、彼は病気を治したくないため、誰にも明かそうとしません。しかし、ほとんどの人は彼が気を引くために嘘をついていると信じています。もしティーンたちが彼に話させようとする場合、彼は自分が知っていることをティーンたちに話す代わりに、自分の説教を聞く感染者をもっと集めるのに協力するよう提案します。またティーンたちは、スパイしたり、魅了したり、騙したりして、彼の秘密を知ることもできます。あるいは、彼の日記を盗んだり、彼を隔離キャンプに送ると脅したりすることもできます。
 ジョナスがブラックホールで説教を許可されている場合、他の感染者は怒りと暴力で応じます。ティーンたちは、ジョナスを助けるか、もしくは彼を殴らせておくかもしれません。
 ブラックホールの住人は、シナリオの過程で増加します。ティーンの友達は恥ずかしい思いをし、免れた人々に腹を立て、隠れるためにやって来ます。
手がかり
 ジョナスは、ベルグゴーデン高校の校長であるスヴェン・イェルネクが、誰も見ていないときに食堂の食べ物に小さなビンの中身を開けているのを見ています。ジョナスは黒い文字で2と書かれた空の赤いバイアルを回収することに成功しています。またジョナスは、スヴェンが自分のオフィスに入り、地下室から出てきたのを見て、スヴェンのオフィスに秘密のドアがあると信じています。

ロケーション3:ベルクゴーデン高校の研究室

 プレーヤーに、導入の日常シーンの中で学校の説明を行わせましょう。校長室は鍵がかかっており、家具はまばらです。隅にある古い宝箱の上に、バインダーの山、書類、古いコーヒーのマグなどが山積みになっています。箱は鍵がかかっていますが、スヴェンの秘密の実験室に通じる階段の入り口が隠されています。宝箱の上に2つの写真が飾られています。  1つはアレクサンダー大王、もう1つは、工房にいるヘパイストスで、他の神々のために武具を作っています。
 研究室は、強力な蛍光灯で照らされた地下室の閉鎖された場所であり、研究室の機器と書類でいっぱいの大きなテーブル、椅子、防護服がかかったラックが備えられています。テーブルの1つの無線機は、クラフタが使用する周波数に設定されています。無線はアイテム(+2)として使用できます。ドアは、学校の下を通るトンネルに通じており、校舎裏の茂みの奥にある鍵のかかったゲートに通じています。生徒たちは、鍵のかかったドアが防空壕につながると考えています。
 スヴェンと彼の娘ミーア[ケイト]は、学校の隣にある家に住んでいます。どちらとも2日間家におらず、スヴェンのオフィスは明らかに探された形跡があります(ミーアによるもの、以下の「揺さぶり」を参照)。家には、ギリシャ神話の人物の絵画やポスターがたくさんあります。

トラブル
 ティーンたちは、鍵開けをする(【メカニック】)、もしくは誰かにドアを開けてもらう(【魅了】)ことで、スヴェンのオフィスに入る必要があります。次に、積極的に宝箱を探すか、【調べる】判定を行って、秘密のドアを見つける必要があります。宝箱のカギは、【メカニック】か【筋力】で開けることができます。失敗した場合でも、ティーンたちはカギを開けることができますが、クラフタは侵入を感知します。一同が研究室に降りると、彼らは無線で警備がベルクガーデン高校に派遣されたと聞きます。エージェントたちがスヴェンのオフィスを通って研究室に入る前に、研究室を探索する時間はわずかです。
手がかり
 研究室の文書を研究するためにティーンが【理解力】を使うと、ブサイク病はGMMという実験の第2段階であり、その実験は80年代にスヴェン・イェルネクによって、ヘパイステウムという研究室で始まったことが分かります。スヴェンのノートには、ヘパイストウムとは、彼とその同僚であるナターシャ、そしてエリザベスが自分たちの潜在能力を最大限に発揮し、幻想的かつ画期的な科学行為を可能にした神聖な場所である、と説明されています。
 スヴェンは、GMMの第2フェーズでは、第1フェーズ中に配布された非活性剤を、ベルクゴーデン高校の食堂の食べ物に活性剤を加えることで活性化する必要があると書いています。その目標は、生徒たちの免疫系を強化することです。しかし実験は失敗であり、代わりにブサイク病をもたらしたのです。GMMのフェーズ3には、前の段階からの薬剤の効果を高める化学物質を、感染者に強制的に摂取させることが含まれます。ラボには、「GMM 3」と表記されたボックスがあり、中身のバイアルは空になっています。
 ティーンたちがスヴェンの乱雑かつ科学的に高度なメモにおいて、【理解力】に失敗した場合、助けが必要になるでしょう。ティーンたちは【交際】を使用して、助けてくれる誰かを見つけることができます。

揺さぶり

 ティーンたちがスヴェンの研究室を出ると、娘のミーアから連絡があります。彼女は、ティーンたちが自分のパパの救出を助けられると信じています。スヴェンは彼女に許しを求めるメモを残しており、彼が自分の命を断つつもりであることは明らかです。メモでは、スヴェンは80年代においてGMMの実験を主導したことを認めていますが、彼はフェーズ2を開始するよう強制され、ブサイク病が生まれたと主張しています。彼はフェーズ3のバイアルを盗んで、感染者がさらに苦しめられることを許すことはできず、一緒にバイアルを自分の墓まで持って行くつもりです。
 ミーアはスヴェンの研究ノートを徹底的に研究し、フェーズ3のバイアルを使用して治療法を作成できると確信しています。彼女はティーンたちに、スヴェンを見つけ、自殺をやめさせて、彼女が治療法を作るためにバイアルを学校の化学実験室に持ってほしいと頼みます。
 ミーアは、彼女のお父さんがムンセーのヴェスビーヘージの北[ボールダー港の南]にある小屋近くのループトンネルに入ったと考えています。彼女は、ループトンネル以外のどこにも居心地がよくない、とスヴェンに語られながら育ちました。彼女はティーンたちに、キャビンの場所を地図で示すことができます。スヴェンは、キャビンの近くのどこかにある地下ロボット工場について言っており、そしてミーアは彼がそこに行ったと信じています。
 ミーアがティーンたちと会った直後に、クラフタのエージェントはスヴェンがバイアルを盗んだのを発見し、本社は彼を追跡するようにとすべてのエージェントに指示を出します。もしティーンたちが地下の実験室から無線を持ってきていた場合、以下の無線通信をプレーヤーに向かって読み上げます。

全クラフタ・エージェントへの無線通信:

「警告! アルファからオメガまで全グループへ、これはクリアランスAA、本社からの最優先通信である。スヴェン・イェルネク[ジョン・コリンズ]博士は研究所を離れ、GMM計画に極めて重要な特定対象を盗難した。盗まれた対象は、黒文字でナンバー3が書かれたバイアルである。このバイアルはどんな犠牲を払ってでも回収し、スヴェンを無力化しなければならない。スヴェンの事務所と家を徹底的に調査するのだ。彼の別荘を探し出し、捜索を行うのだ。この方針は他の全ミッションに優先する。」

対決フェイズ

 エージェントたちはスヴェンを見つけることにのみ関心があるため、ティーンたちはイェルネク一家の小屋に向かう途中の通行止めを問題なく通り抜けます。小屋はムンセー北東の海岸に位置しています。小さくて、中は寒く、2つのベッドとビーチ用品がいくつかある他は空っぽです。ループ・トンネルにつながるいくつかの丸いハッチが、近くの草原にあります。スヴェンはハッチのロックをショートさせており、その中のいくつかは開いています。はしごが暗闇の底へ続いており、その下の冷たい水が、小さな青いライトに照らされています。
 ティーンたちが【調べる】を使用して小屋を検索すると、2つの懐中電灯と1つの膨らむゴム製のボートが見つかります。2隻目のボートが、最近小屋から持ち去られたようです。酒棚の中のほこりの痕跡から、いくつかのボトルと、リボルバーも持ち去られたことが分かります。ティーンたちがロールに失敗した場合も、上記の情報は見つかりますが、エージェントに追いつかれます。ティーンたちは車が外に停まり、4人のエージェントが家に近づいてくるのを見ます。彼らは【運動】判定を成功させて、エージェントより先にトンネルの入り口に到達する必要があります。
 草原の雪[砂]についた足跡が、スヴェンが選んだハッチにつながっています。ティーンたちはトンネルに降りて、彼を追いかける必要があります。下の水は1.5メートルの深さで、氷のような冷たさです。ティーンたちが水の中を歩いたり泳いだりしてロボット工場に行こうとする場合、彼らは「非常に困難」な【筋力】判定に成功するか、「疲労」になる必要があります。
 クラフタのエージェントは、電動ゴムボートを使用してスヴェンとティーンたちを追跡します。船のモーターエンジンの音が、トンネルを抜けてティーンたちを追いかけてきます。

ロボット工場
 トンネルは曲がりくねった迷路になっていて、現在地を知るのが非常に困難です。ロボット工場を見つけるには、各交差点にあるシンボルを解釈して、正しい道を選ぶために、【理解力】判定に成功する必要があります。失敗すると、ボートに乗ったエージェント2人と遭遇します(通常のエクステンド・トラブル)。エージェントたちを倒すことに失敗すると、ティーンたちは捕らえられ、隔離キャンプに連れて行かれます。ミステリーは終了し、「災害」が発生します。エージェントを無事に倒すと、一同はロボット工場を見つけます。
 工場を見つけるには30分ほどかかります。ティーンたちは、機械や、組立ライン、巨大なエンジンでいっぱいの、大きなホールへと入ります。天井が高く、さまざまな組み立て段階の錆びたロボットが、あちこちのフックに吊り下げられています。水位は、トンネル内と同じです。部屋の中央の水上に、高くなった足場があり、そこから音楽が流れているようです。眩しい、様々な色のライトが足場から輝いています。その高台は、以前はAIクリスタルをカットする場所でしたが、その壁と機械装置は腐食して久しいです。ゴム製のボートが足場に固定されていて、そこにスヴェンが座っています。彼は酒のボトル3本と、リボルバー、ABBAのグレイテストヒッツが入ったカセットプレーヤー、そしてフェーズ3のバイアル3箱を持ち込んでいます。彼は何本かのろうそくに火を灯し、その光は置き去られた2つのAIクリスタルを通り、向こう岸で屈折してします。スヴェンは酔っており、バイアルの中身を水に流して自分を撃つための勇気を振り絞ろうとしています。
 ティーンたちは、足場に近づいて、見つからないようにボートを留めるために、【隠密】判定に成功する必要があります。彼らが発見されるか、足場に到達すると、泣いているスヴェンはバイアルを破壊して自殺すると脅迫します。ティーンたちは【筋力】を使って彼を圧倒しようとするか、【魅了】を使ってバイアルを治療法に変えることができると彼に納得させても構いません。それらが失敗した場合、彼は水にバイアルを投げ入れ、自らの口の中で銃を撃ちます。しかし、彼は自殺に失敗し、クラフタのエージェントによって病院に連れて行かれ、数か月後に回復します。
 ティーンたちがトンネル内のエージェントにまだ遭遇していなかった場合、一同がバイアルを主導権を握る事に成功したちょうどその時、エージェント2人が乗ったボートが工場に到着します。スヴェン、そしてバイアルと一緒に脱出することは、通常のエクステンド・トラブルです。もしティーンたちが失敗すると、彼らはエージェントたちによって捕獲され、クラフタはバイアルを使用して実験のフェーズ3を完了します。

対決フェイズ後

 ティーンたちがバイアルを持って工場から脱出に成功した場合、彼らはミステリーを解決します。プレイヤーたちに、化学実験室でミーアの元に到着するのを描写してもらいましょう。彼女はバイアルを使用して、数日後にブサイク病を治す血清を作成します。一部の感染者には痕が残りますが、時間とともに薄れ、消えていきます。クラフタ社は事件全体を秘密にしたいと望んでおり、ティーンたちやスヴェンを告発しないことを選びます。どんなにティーンたちが真実を広めようとしても、信じてはもらえません。クラフタのイェンス・リッドマンは、活動家がクラフタに連絡を取り、あらゆる伝染病が取り除かれたとメディアに伝えます。

後日談フェイズ 

 トラブルの有無にかかわらず、ティーンたちは、それぞれ日常のシーンを行います。ティーンたち自身でシーンを設定してもよいでしょうし、GMにどうするか尋ねても構いません。もし時間がなければ、各プレイヤーは代わりにティーンの日常の一瞬として、短いスナップショットを描写します。

成長

 最後のシーンの後、キャラクターのシートをまとめて見て、ティーンたちが成長したかどうかを確認します。プレイヤーが望むなら、各ティーンの問題、コンプレックス、アイコンアイテム、または人間関係を変えても構いません。一同は、自分たちの対立をまとめて変えることにしても構いません。プレイヤーにXPの質問(97ページ)を声に出して読み上げてください。はいと答えるごとに1XPとなります。