Top > 横浜を出る喜び
HTML convert time to 0.007 sec.


横浜を出る喜び

Last-modified: 2017-11-23 (木) 00:20:30

横浜ベイスターズ(特にTBSオーナー時代)を退団した選手にもれなく与えられる不思議なパワーのこと。


概要 Edit

もともと「横浜から移籍した選手は横浜在籍時よりも良い成績を残す」と言われていたことに加え、内川聖一が2010年オフにFA宣言した際「すぽると!」(フジテレビ系列)内のインタビューにおいて「僕自身は(横浜を)出ていく喜びを感じられますけど」と発言したのが由来*1

その後、福岡ソフトバンクホークスに移籍した内川が大車輪の活躍を見せた事から、横浜から移籍した選手が活躍する度に「横浜を出る喜びで活躍した」と揶揄されたり、元横浜の選手に横浜を出る喜びによる伸びしろが期待されるなど、元(現)横浜の選手の能力を評価する際の補正として用いられている。
原因としては下記のコラムや発言集からも読み取れる通り、練習や試合中のモラルが異様に低かったために横浜では能力を発揮できなかったが、移籍による環境の変化に伴いポテンシャルを発揮できるようになったという説がある。


チックの場合 Edit

内川がやはり横浜を出て行く喜びがあった件
http://logsoku.com/thread/hatsukari.2ch.net/livejupiter/1315098950/

1 : 風吹けば名無し : 2011/09/04(日) 10:15:50.69 ID:Wdt4XJ2R [1/2回発言]
内川のベースランニング
http://www.bbwatcher.com/team/hawks/fielder/24uchikawa.html
一塁到達速度
2010 4.38秒
2011 3.98
二塁
2010 9.27
2011 8.46

男村田の場合 Edit

今年の村田の成績に"横浜を出る喜び倍率"掛けたった
http://logsoku.com/thread/hatsukari.2ch.net/livejupiter/1319003445/

1 : 風吹けば名無し : 2011/10/19(水) 14:50:45.20 ID:hS9dR/uD [1/2回発言]
倍率はチックの打率、本塁打、打点の去年比


2011村田 .245 18本 67打点

2012村田 .264 30本 94打点

無駄にリアルな数字

実際の成績は打率.252・12本塁打・58打点。
内川と同時期に読売ジャイアンツへと移籍した村田のキャリアハイは横浜時代だが、巨人での重圧が大きかったのかホーム球場の違いか、長打率は前年より5分近く落としてしまった。


武山捕手の場合 Edit

西武・武山捕手「目標は144試合出場」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1322843489/

11 風吹けば名無し[] 投稿日:2011/12/03(土) 01:33:41.96 ID:U3ZLQihB
横浜を出る喜びでパ屈指の捕手に成長する可能性が微レ存

なお、埼玉西武ライオンズ移籍後は計3年間で20試合出場にとどまり、2014年途中には中日ドラゴンズへと移籍している。


モツ鍋わたり*2さんも絶賛 Edit

「こないだも、オリックスに行った寺原が食いに来てシミジミと言ってたよ。『横浜を出てよかったのかもしれない』って憑きモノが落ちたような顔してさ。……ありゃ、マズイよな。横浜出た選手はカスティーヨでさえ別人みてぇに活躍しちまってるし。よっぽど環境がアレなんだろう。(中略)中根さん*3が近鉄からベイスターズに来た時、全体のバッティング練習が近鉄時代より全然足りないから居残りして打ってたら『中根、連日特打』って書かれてんだから」
http://number.bunshun.jp/articles/-/147633

今年の日本シリーズなんて横浜の過去のあやまちの象徴みてぇな試合だったろ谷繁さん、小池に多村、内川ってよ。今年も放出した寺原に2勝献上したり、見慣れすぎた光景だろ。来年は村田がどうせ横浜戦ですげぇ活躍するんだろうけどよ、一番いい待遇で入団させて、時間かけて育ててよ、そいつらにやり返されてるんだから、いい加減に気がつけって話だろ。俺みてぇなチンチンの選手はどうでもいいけどよ、大事にしなきゃいけない選手やOB、そんな人らを過去にどれだけ葬ってきたか。結局、墓参り、先祖供養していないから罰があたってるようなもんだって。谷繁さんもタクローさんも、供養しなかったお蔭であんなに元気に仕返しされてんだから」
―― なるほど。ある意味で今年までの横浜は生霊に祟られてきたようなものなのですね。くわばら。
横浜を出た選手が活躍するのはすでに立証済み。西武に行った武山もジンクスギリギリでやるんじゃねぇの。
来年の注目は小池にツルと一度出て戻ってきた選手がどうなるかだな。
また仕事が出来なくなってダントツ最下位なら、これはもう……お祓いするしかねぇよ」
http://number.bunshun.jp/articles/-/182311?page=6


移籍した選手たちの横浜に対するコメント Edit

  • 寺原隼人(ダイエー/ソフトバンク→横浜(2007-2010)→オリックス→ソフトバンク)
    一人ひとりの選手が自分に投資して、鍛えることが少ないのでは、と感じた」
  • 古木克明(横浜(1999-2007)→オリックス)
    「(横浜在籍時から移籍希望があり)練習も身に入らなかった
  • 高木豊(大洋/横浜(1981-1993)→日本ハム、2001,2012-2013横浜コーチ)
    「横浜のキャンプを見に行ったら、帽子は取っているわ、スパイクを履いてないやつはいるわ、で、もうだらだらでしたから。
  • 鶴岡一成(横浜(1996-2008)→巨人→DeNA(2012-2013)→阪神)
    「(巨人の練習は)一軍の選手がこんなに練習するもんだとは知らなかった」
  • 佐伯貴弘(横浜(1993-2012)→中日)
    「(中日の練習は)キツイキツイと聞いていたがやってる練習は全然違う。
  • 加藤康介(ロッテ→オリックス→横浜(2009-2010)→阪神)
    「(阪神の練習は)強いチームには強いチームの理由がありますね。それは一日で感じるし、僕も早くその一員になりたいです」
  • 工藤公康(西武→ダイエー→巨人→横浜(2007-2009)→西武)
    横浜の選手は練習しない
  • 坂元弥太郎(ヤクルト→日本ハム→横浜(2010)→西武)
    「横浜は練習での集中力も低いし、私服もきちっとしていない。もっとプロ意識を高めないと
  • 橋本将(ロッテ→横浜(2010-2011))
    やっぱり(横浜への移籍は)間違いだった。
    みんながやりたい放題。こんなチームがあったのか、と思った」
    「試合中にベンチにいる選手が少ない」
    ありえないことが当たり前になっていた
  • 石井琢朗(大洋/横浜(1989-2008)→広島)
    「今年途中にベイからロッテに行った吉見クンといい 最下位から、いきなり日本一ですよ。たまらんよね。出した方も、出された方も。でも、行って正解!みたいな」
  • 仁志敏久(巨人→横浜(2007-2009))
    「どんどん自分が横浜に染まっていってしまっている気がする」
    ここにいると、自分までダメになる
  • 門倉健(中日→近鉄→横浜(2004-2006)→巨人→韓国リーグ)
    「(野球少年達に)みんな、プロになりたいんだろ。チャンスはあるよ。でも、横浜はやめとけよ
  • 内川聖一(横浜(2001-2010)→ソフトバンク)
    ウチに来てるFAの選手は苦しい状況に見えて仕方ない。
    横浜では誰を信じてよいか分からなかった
  • 相川亮二(横浜(1995-2008)→ヤクルト→巨人)
    「(練習量について)横浜はここ(ヤクルト)の半分ぐらい」
    構えたところにボールが来ることに感動した
  • 渡辺直人(楽天→横浜(2011-2013)→西武)
    サッカーやるのはおかしいよ
  • 多村仁(横浜(1995-2006)→ソフトバンク→DeNA(2013-2015)→中日)
    「横浜時代は走り込んだことがなかった」
  • 吉村裕基(横浜(2003-2012)→ソフトバンク)
    ボク自身は強いチームに来られてよかった
  • 種田仁(中日→横浜(2001-2007)→西武)
    2球団目の横浜は、中日に比べれば正直ぬるい雰囲気のチームでした。野球をしている時とそうじゃない時の差があまり感じられない集団でした。練習でも試合でもなんとなく始まってなんとなく終わるというか」
  • ホセ・カスティーヨ(パイレーツ等→横浜(2010)→ロッテ等)
    「シーズン中盤になって勝利への意欲がなくなると、みんな個人プレーに走ってしまった」
  • ターメル・スレッジ(マリナーズ等→日本ハム→横浜(2010-2011)→日本ハム)
    「(日本ハム復帰時に)意識の高いチームに戻ることができて良かった

サッカーでも横浜を出る喜び Edit

2017年、中村俊輔は長年在籍した横浜F・マリノスからジュビロ磐田に移籍。それについて、中村はS☆1(TBS系)でこう語った。

練習行くのが辛い

試合で勝っても喜びが起きない

「マリノスの10番を脱ぐって言うのは考えたこともなかったですけどそれすらも脅かすような心理状態

この発言から、「中村も横浜を出る喜びを感じた」とネタにされている。
なお、この移籍は組織内での軋轢が背景にあるとされ、近年のF・マリノスはかつてのベイスターズと似たようなチーム状態にある模様。


余談 Edit

DeNAへの親会社変更や監督に就任した中畑清による意識改革が進んだことから、横浜を出る喜びは一時期よりは沈静化しつつある。藤田一也や福山博之(いずれも横浜→楽天)に高宮和也桑原謙太朗(いずれも横浜→オリックス→阪神)など移籍先で開花する選手もいるが、横浜だけが晒される惨状は完全に脱したといえる。
そして久保康友(元ロッテ→阪神)、ホセ・ロペス(元巨人)、後藤武敏、長田秀一郎(いずれも元西武)、エドウィン・エスコバー(元日本ハム)、井手正太郎(元ダイエー/ソフトバンク)といったDeNA入団後に成長・復活・ブレイクを遂げた選手も増え始め「横浜に入る喜び」が語られるケースも目立ち始めている。

 

その一方、横浜からの主要流出先である巨人でも放出した選手が移籍先で定着・活躍する事態が頻発*4しており、そういった選手らには「読売を出る喜び」が語られるケースも増えている。


関連項目 Edit



Tag: 横浜 契約更改 なんJ






*1 談話自体は横浜に残していくチームメイトを心配する内容であると内川は弁解しているが、これで怒りを静めたファンはごく僅かである。
*2 毒舌に定評のある元横浜投手・もつ鍋屋店主兼コラムニスト、中野渡進氏のこと。
*3 中根仁。1997年オフに盛田幸妃とのトレードで移籍。なんJ的には内川コピペで内川にグラブを渡す人と言った方がわかりやすいかもしれない。
*4 上記のロペスだけでなく市川友也・大田泰示(いずれも巨人→日本ハム)・一岡竜司(巨人→広島)など、伸び悩んでいた若手・中堅選手が活躍している。