Top > M40 > M43
HTML convert time to 0.015 sec.


M40/M43

Last-modified: 2017-12-06 (水) 20:46:29

Tier 8 アメリカ 自走砲 Edit

M40M43_0-min.PNG
↑ 155 mm Gun M1A1
この状態がM40 GMC。ビッグショットの愛称で知られている。

 

M40M43_1-min.PNG
↑ 8-inch Howitzer M1
M40の派生型のM43 GMC。

v0.9.17.1まで

スペック(v0.9.18) Edit

車体

耐久値400
車体装甲厚(mm)108/12.7/12.7
最高速度(前/後)(km/h)38.6/10
重量(初期/最終)(t)36.44/36.92
実用出力重量比(hp/t)13.54
砲塔旋回速度(°/s)10
視界範囲(m)290
本体価格(Cr)2,700,000
修理費(Cr)約10,000
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力爆発範囲(m)スタン時間(s)精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr/G)重量(kg)俯仰角
155 mm Gun M1A11.94HE
HE
39
39
700
700
8
9
12.65~230.654.6301,120
13G
4,352-5°/+55°
8-inch Howitzer M11.3HE
HE
52
52
1,050
1,050
11.7
12.8
14~280.775.3161,870
20G
4,645
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Wright Continental R-975C140020516
Wright Continental R-975C446020550
Ford GAA early50020708
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
M40372015,000
M4339.52215,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
SCR 51032580
SCR 610420100
SCR 61975080
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader6Loader
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved Ventilation×"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerLarge Artillery
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass2Additional Grousers×Enhanced SuspensionHorizontal Coil Springs 3 Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時10.5%0.91%
移動時5.3%0.46%
 

派生車両

派生元M12(SPG/116,500)
派生先M53/M55(SPG/200,000)
 

射界

射界左18°/右18°

tm_M40.JPG

 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 概要
    Tier8のアメリカ自走砲。
    M4 Shermanの車体を流用した重自走砲である。
    v0.8.6でTier7から8へ引き上げられた。
    v0.9.18の自走砲改変に伴い性能が変更された。
 
  • 火力
    射界はM12から微強化され、左右18°ずつと良好。
    • 155 mm Gun M1A1
      M40の史実砲。
      M12の最終砲から精度・発射速度・照準時間が若干向上しており、同じ感覚で使っていける。
      8-inch Howitzer M1よりも手数・精度重視の性能といったところである。
      しかし、Tierが上がった事でダメージ量およびスタン時間がやや物足りない性能になっており、特に至近弾になった場合は目に見えて8-inch Howitzer M1よりも圧力に欠いている。
      それでいて単発火力700の割に装填が微妙に長く、プレイヤーによってはもどかしさを感じる事もあるだろう。
      現状、手数型の榴弾砲としては中途半端な印象が否めない。
       
    • 8-inch Howitzer M1
      M43の史実砲。
      火力と爆発範囲に優れた8インチ=203mmの大口径榴弾砲である。
      155 mm Gun M1A1から精度・射程・発射速度・照準時間は劣化するものの、単発火力・スタン時間・爆発範囲が大きく強化される。
      単発火力が1050に向上した事に伴い、並の重戦車ならそこそこの非貫通ダメージが発生する。
      爆発範囲は通常弾のHEですらM1A1の課金弾を超えており、至近弾でもダメージが出やすく、複数車両を巻き込む事も容易である。
      なお、射程が短くなったとはいえ、あくまでマップ対角線上の端から端までは届かないと言った程度であり、意識していれば困る事はないだろう。
      加えて弾道が僅かに高めになっており、低い障害物なら遮られにくく、さらに敵の天板への命中も期待しやすい。
       
  • 装甲
    M4 Shermanの車体を流用してるとはいえ、減厚されているので大半が13mmしかない紙装甲。
    一応車体下部の丸い部分だけは108mmあり、そこならばHEの貫通を防ぐ事もある。
    なお、Tier8自走砲の中ではHPが低く、単発火力390の主砲でも少しでも上振れすれば昇天する為、被弾覚悟で直射をする際は気を付けよう。
     
  • 機動力
    他国の同格重自走砲と比べるとまずまずの性能。
    最高速度が38km/hと決して速くはないものの、加速力は悪くないので早めに動き出せば陣地転換も十分可能だ。
     
  • 総論
    高い火力、広い射界、そして陣地転換に困らない程度の機動力を併せ持つ自走砲である。
    ただしアメリカ自走砲の例に漏れず、照準精度がやや低い。爆発範囲の広い金弾を積極的に使う事で補おう。
     

史実 Edit

格納

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。