Top > M4A1 Revalorise
HTML convert time to 0.014 sec.


M4A1 Revalorise

Last-modified: 2017-05-08 (月) 01:40:08

※アクサン-テギュが使用できない為"M4A1 Revalorise"になっていますが、正しくは"M4A1 Revalorisé"です。

Tier 8 フランス 中戦車(課金戦車) (/ 略称: M4A1 Rev. / 通称: スーパーシャーマン / 日本語表記: ルヴァロリゼ) Edit

M4A1_Rev.jpg
巨大でゴツいマズルブレーキが特徴的。
ちなみに主砲は105 mm D1504 L/51という名称だが、史実では51口径ではなく44口径であり、AMX 13 105の主砲のマズルブレーキを大型化したものである。

スペック(10.0.0CT1) Edit

車体

耐久値1400
車体装甲厚(mm)50/38/38
最高速度(前/後)(km/h)40/16
重量(初期/最終)(t)35/40.2
実用出力重量比(hp/t)15.71
本体価格(Cr)7,200G
修理費(Cr)
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr/G)重量(kg)俯仰角
105 mm D1504 L/514.69APCR
HEAT
HE
200
250
53
390
390
480
1829.10.352.451580
12G
410
2,500-10°/+15°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
M4A1 Revalorisé63/63/63423906,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Continental R97555015550
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
M4A1 Revalorisé40.2408.000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
SCR 528F75080
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Vertical StabilizerMk1Improved VentilationClass2"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerMedium Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionEnhanced Vertical Coil Springs 2 Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時10.8%2.14%
移動時8.15%1.61%
 

隠蔽率

固有隠蔽率静止時
移動時
発砲補正
 

解説 Edit

  • 概要
    v9.12で追加されたTier8のフランス課金中戦車
    M4 Shermanを改造したイスラエルのM51 Super Shermanである。
    フランス製105mm砲を搭載した事から、本ゲームではフランス中戦車として実装された。
     
    同格課金中戦車のAMX CDCと同様にマッチング優遇が無く、Tier10までとマッチングする。
    v9.17にて射撃性能及び機動性が強化。
     
  • 火力
    俯角は-10°と十分な数値であり、地形適正は良好である。
    • 105 mm D1504 L/51
      AMX 30の105 mm mle. F1をベースにしたSuper Shermanの史実砲*1である。
      Tier8中戦車では数少ない390ダメージの単発火力を誇る。
      同じ火力の砲が搭載可能なT-34-3T-44の122mm砲よりも精度・照準時間に優れ、砲垂直安定装置を搭載していると照準拡散も緩めである。
      さらに通常弾のAPCRは貫通力200mmとTier8中戦車としては及第点*2であり、それでいて弾速が非常に速い。
      総じて火力と扱いやすさのバランスが取れた優秀な砲である。
      ただし、課金弾が貫通力250mmのHEATであり、格上の重装甲車両を正面から攻撃するには不安が残るので注意しよう。
       
  • 装甲
    Tier5中戦車のM4 Shermanと同じ装甲なので全く頼る事ができない。
    T49O-Ho、自走砲などの大口径HEが貫通する事が多く、少しのミスが死に直結しやすい。
    一応、格下戦車の狙いの甘い弾ならば、車体の丸みを帯びた部分が運良く弾いてくれる可能性があるものの、基本的にあてにしない方がいいだろう。
     
  • 機動性
    v9.17にてエンジン出力が改善された事で加速力は良好となり、履帯性能と相まって平地ならば直ぐに40km/hに到達する。
    とはいえ最高速度40km/hは中戦車の中でも遅い部類であり、陣地転換には早めの判断が欠かせない。
    旋回性能は並だが、やや遅めの後退速度に留意したい。
     
  • 総論
    M4 Shermanに105mm砲を強引に搭載したという史実の通り、防御力を捨てて攻撃力に特化したピーキーな課金戦車である。
    容姿や経歴の似たSherman FireflyをTier8相当まで攻撃性能を引き上げた車両とも言える。
    火力に特化した車両とは言ったものの、肝心の火力面も課金弾の性能から重装甲車両相手には通用しづらく、ただ単に後方から狙撃だけしてれば良いという訳ではない。
    基本は一歩引いた位置〜中遠距離での火力支援をしつつ、必要に応じて側背面を突く形になるだろう。
    ただし、防御力はTier8中戦車としては不足しており、最高速度も遅めなので普通の中戦車運用をするとしても少々難易度が高い。
    バージョンアップで大幅に強化されたとはいえ、性能を活かすには十分な技量が必要であり、総じて中・上級者向けの車両と言える。
     
9.17での変更点

史実 Edit

M51_Super_Sherman_history.jpg

 

本車はフランスツリーに含まれているが、実際はアメリカ軍のM4シャーマン戦車に、イスラエルとフランスが共同開発した105mm砲を搭載したイスラエル国防軍の戦車、M51 スーパーシャーマンである。

 

第二次世界大戦後、1948年に建国されたイスラエルの国防軍には戦車が無かったので、スクラップ廃棄用として売り出されていたM4シャーマン戦車を世界中から大量にかき集め、再生し配備していた。
当初は75mm砲や105mm榴弾砲、76mm砲を使用してアラブ諸国のT-34-85SU-100に対抗していた。
さらに強化としてフランスAMX-13軽戦車の75mm砲を搭載し「M50スーパーシャーマン」として完成、1958年に配備された。
しかし、その後アラブ諸国にはソ連製のT-54T-55IS-3が配備されつつあった為、さらなる強化としてフランスAMX-30戦車の105mm砲の搭載を目標とした。
そのままではシャーマンの砲塔内に収まらないので、射撃の反動を抑える目的で砲弾の装薬を減らし、砲身を切り詰め大型の砲口制退機を搭載した「M51スーパーシャーマン」として完成した。
弾速(砲口初速)は落ちたものの、フランスの105mm砲は対戦車用としてHEAT弾を使用しており貫通力に影響は生じなかった。
1962年に完成し配備され、1967年の第三次中東戦争、1973年の第四次中東戦争においてアラブ諸国の戦車に対して戦果をあげた。

 

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。






*1 ただし、M4 Sherman向けに砲身を切り詰めており、56口径から44口径に短縮されている
*2 上述の車両の122mm砲の通常弾はいずれも貫通力175mm