Top > T-34
HTML convert time to 0.014 sec.


T-34

Last-modified: 2017-09-14 (木) 08:02:53

Tier 5 ソ連 中戦車 (読み方 テー・トゥリツァッチ・チィトゥィリ) Edit

T34_0-min.PNG
↑ T-34 mod.1940. + 76 mm L-11
購入初期の状態。傾斜装甲といえばまず名の挙がる代名詞的戦車。
T-34といえばこのデザインを思い浮かべる人も多いだろう。

 

T34_1-min.PNG
↑ T-34 mod.1942. + 57 mm ZiS-4
改良砲塔に、Zis-4 57mm対戦車砲を搭載したもの。細く長い砲身が特徴。

スペック(v0.9.18) Edit

車体

耐久値400⇒450
車体装甲厚(mm)45/45/40
最高速度(前/後)(km/h)56/20
重量(初期/最終)(t)27.94/28.74
実用出力重量比(hp/t)17.40
本体価格(Cr)356,700
修理費(Cr)約3,500
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr/G)重量(kg)俯仰角
76 mm L-1110⇒12.24AP
HEAT
HE
68
75
38
110
110
156
1,100⇒1,3460.512.97756
7G
56
660-6°/+17°
76 mm F-3411.76⇒15.79AP
APCR
HE
86
102
38
110
110
156
1,294⇒1,7370.462.37756
5G
56
1,155
57 mm ZiS-417.65⇒26.09AP
APCR
HE
112
189
29
85
85
95
1,500⇒2,2180.342.37756
7G
28
740-8°/+20°
76 mm S-5410.53AP
APCR
HE
125
156
39
115
110
165
1,2110.412.97056
6G
24
1,390-8°/+26°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
T-34 mod. 194045/45/45403203,200
T-34 mod. 194252/52/45493503,900
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
V-248015750
V-2-3450015750
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
T-34 mod. 194130378,000
T-34 mod. 194331.3408,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
9R32580
9RM525100
 

乗員

1Commander(Gunner)2Driver3Radio Operator4Loader
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass2"Cyclone" FilterFill Tanks with CO2×RammerMedium Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionChristie
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時16.42%⇒14.45%3.84%
移動時12.31%⇒10.83%2.88%
 

派生車両

派生元T-80(LT/11,500) / A-20(LT/11,500)
派生先MT-25(LT/32,150) / T-34-85(MT/27,825) /A-43(MT/29,660)
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示
 

解説 Edit

  • 概要
    Tier5のソ連中戦車。
    大戦中のソ連戦車部隊の中核を成した車両であり、ドイツに「T-34ショック」を与えた名戦車である。
    立ち回りによっては格上にも対抗可能な攻撃力を有しており、BT-2から始まるソ連快速戦車の完成形だ。
     
  • 火力
    俯角はL-11とF-34でのみ-6°と微妙だが、ZiS-4とS-54は-8°とまずまず優秀。
    優秀な57 mm ZiS-4を搭載してからが本領発揮となる。
    • 57 mm ZiS-4
      T-34-57*1の史実砲。本車を象徴する主砲で、T-28と互換性があり、初期砲塔でも搭載可能。
      精度・貫通力・発射速度に優れ、距離を問わず幅広く扱える手数型の主砲である。
      通常弾のAPは貫通力112mmとTier相応だが、課金弾APCRは平均貫通力189mmと驚異的な威力を有しており、弱点狙撃・側背面取りを絡めれば格上重戦車すら容易に射抜く事が可能だ。
      また改良砲塔搭載時には発射速度が上昇し、2218という脅威のDPMを誇る。育成した装填手と装填棒・換気扇を合わせれば装填時間を約2秒まで抑える事ができ、さらに途轍もない分間火力を発揮できるようになるだろう。
      小回りが利くために軽戦車への対処がし易く、重戦車にはそのDPMであっという間に体力を削り取る、いざとなればゴリ押しも可能な汎用性の高さが特徴である。
       
      一方で単発火力は低めであり、障害物を挟んだ単純なターン制の攻防では不利になりやすい。
      撃破までに必要な手数が多い都合上、味方に敵の注意を引いてもらうなどの連携が重要。また、手数ゆえに課金弾活用時には凄まじい出費を覚悟しなければならない。単価こそ7G/2800Crだが、乱用すればあっという間にクレジットが溶けていくだろう。
      圧倒的な発射速度に対して照準拡散もやや大きく、次の発射までに照準時間が間に合わない。精度を活かそうとすると発射速度が犠牲になり、発射速度を活かそうとすると精度が犠牲になるジレンマを抱えている。
      汎用性の高さは器用貧乏にもなる為、敵の装甲・交戦距離・戦況に応じて柔軟に使い分ける必要がある。
       
    • 76 mm S-54
      一部のT-34で試験された史実砲。
      改良砲塔でのみ搭載可能。
      57 mm ZiS-4より単発火力と通常弾の貫通力に優れるが、DPMが極端に低いという欠点がある。
      また、この砲が1発入れる間に57 mm ZiS-4は2発撃ち込める事も多く、単発火力の高さも特に長所とは成り得ない。
      他国の同口径砲と比較した場合でも、火力・精度・貫通力のバランスなど見るべき点こそあるが、大きく溝を開けられた発射速度と照準時間はやはり苦しい。
      中国のType T-34と差別化できるが、基本的に57 mm ZiS-4の搭載が推奨される。
       
  • 装甲
    全体的に傾斜装甲が採用されているものの、格下の通常弾を跳弾できれば良いレベル。
    車体正面は45mm+傾斜57°前後=実厚80mm相当であり、昼飯の角度を取っても同格には通用しづらい。
    豚飯でも同格中戦車のAPならギリギリ弾けるか程度にしかならず、しかもBTからのT-34系譜に共通して砲塔が車体前寄りにあるため、豚飯自体がそもそも向いていない。逆豚もそれが通用する程度の相手であればさっさと前から出て撃って下がった方が手っ取り早い。
    実装甲厚の薄さはHEの非貫通ダメージを多く受けてしまう欠点もある。特にマッチングするTier帯には10榴などの強力な榴弾砲が蔓延しているため、格下にも注意を怠ってはいけない。
     
  • 機動性
    最高速度は56km/hと優秀であり、長距離の陣地転換も楽にこなす事ができる。
    旋回性能も良好だが、加速力はそれなりであり、傾斜のきつい丘陵地帯などでは少々鈍さが感じられる。
    もっとも中戦車らしい立ち回りには全く困らないので気にする必要はないだろう。
     
  • その他
    • 視界・隠蔽
      初期砲塔の320mはかなりの近視だが、改良砲塔では350mとTier相応の視認範囲を有する。
      一方の隠蔽も中戦車としては平均的な数値であり、緊急時の偵察もある程度は可能だ。
      拡張パーツや搭乗員スキルで視界・隠蔽の両面を強化しておきたい。
       
    • 開発
      初期履帯の積載量に余裕があり、改良履帯よりも主砲・砲塔・エンジンの開発を優先しよう。
      また、重戦車の入門編として名高いKV-1までの開発を進めておくのもオススメだ。
      その過程のT-28で57 mm ZiS-4を開発しておけば、本車両の乗り出しをだいぶ楽にできる。
       
  • 総論
    高精度・高DPM・高貫通を有した手数型の中戦車である。
    車輌評価が人によって大きく変動するが、状況次第で多大な戦果を恣にしてしまうポテンシャルを秘めた名車だ。
    とはいえ、ダメージ交換や単独行動や先陣切り込み、孤立した状態での防衛等を苦手とするため、砲性能に違わぬ丁寧な運用も同時に求められる。
    基本的に押し込まれると弱い事を念頭に置いて、自らが赴く主戦場を選びたい。
     
 

史実 Edit

詳細

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。
アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。
アーカイブ1,アーカイブ2

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。






*1 T-34 “Exterminator”(T-34駆逐戦車)