Top > アビリティ > 【瀕死MP回復】


アビリティ/【瀕死MP回復】

Last-modified: 2019-04-20 (土) 02:04:03

FFT Edit

召喚士リアクションアビリティ。消費Jp400。
瀕死になってMPが満タンになったところでどうしろというのだろうか。
せめて5とかならまだ役に立ったかもしれないが…。


リアクションアビリティの中でもかなり使えないアビリティ。
敢えてセットする機会はまず無いだろう。

  • 逆じゃないか?
    「MPを全快するために瀕死にする」と見れば、稀有かつ優秀なMP源。
    HP回復なんていくらでも手があるわけだし。
  • たいていMPが尽きる前に勝負がつくからリアクションアビリティ枠がもったいない気もする。
    チャクラとかハイエーテルのが使いやすいし。プレイスタイルによるが……
    • ムーブにはMP回復移動が、サポートには消費MP半減があるのでその流れで作られたと思われる。
      必要になることはそうないが、狙って使うことで楽しむことはできるだろう。斧みたいに。
      効率や勝率を考えるならセットされる機会は多くないと思うけど。

FFTA2にあれば使えたかもしれない。


ギュスタヴ「オレたちに必要なのはMPじゃない!
       自分のターンHPなんだッ! それも今すぐになッ!!」

  • まさにその通りで、HP回復と違い、次の攻撃でHP0になったら殆ど意味がなくなる。
    よって、上で書かれている「稀有かつ優秀なMP源」としては計算できない。
    • 一応「敵側の行動をトリガーにしてMPを回復できる」という点ではこのアビリティが唯一。
      アクティブターンの推移・敵側のターゲット選択・披ダメージ量etc.を全て完璧に計算した上でなら使い道があるかも知れないが、そこまでできる上級プレイヤーならわざわざこれを使う必要もないだろう。
      他のMP回復手段を縛って攻略するならワンチャンあるか?
      • ない。MPを使わない戦術を採用すれば良いだけ。
      • ↑MPを使う前提の攻略の上でMP回復の手段として使えるかどうか、という意味なので「じゃあMP使わない」は前提が異なる。
      • 前の文章にそんな前提書いてないんだけど。。。結局のところそれだけ縛ってようやく使い道が出きるレベル。そんな縛りプレイやってるプレイヤーいなさそうだけど。
      • 縛りプレイやってる廃人の皆さんは我々の想像を割と超えてくるぞ(震え声)
      • そもそもMP回復手段を縛るってこれ以外縛るって意味なのか?それとも能動的なもの縛るって事?そうなるとこれ以外は片手で数えるくらいしかないから結局これ使う前提の縛りでしかないんじゃ?これしか使わない縛りでなら使い道があるって当たり前。
      • そりゃ初めから「他のMP回復手段を縛って攻略するならワンチャンあるか?」っていう前提で書かれてるわけだしそうもなるよ。
      • それしか使えないのにワンチャンも何も。その前提自体おかしい。

PSP版のコロシアムなら、算術禁止ルールであれば相手プレイヤーに「次のターンをそいつに回すとヤバい魔法をブッパしてくるかも知れないからさっさと潰す」という考えを抱かせる囮ユニットとしての役割なら果たせるかも知れない。
相手が囮に食い付かなければ本当にそのまま魔法ブッパすればいい。
つまり相手からすると「行動一回分消費して瀕死の魔道士から確実に潰す」「危険な魔法を撃たれる可能性を承知の上で他の行動を取る」という選択肢を迫られるわけである。

  • 撃たれてヤバいような魔法ならチャージ中にどうとでも料理できる。とてもじゃないが囮にはならない。その主張は魔法使ったことあるのか疑問になるな。
    • 囮の意味を理解しているかな?
      その「料理させる」のをわざと行うのが囮というものである。
    • 強力な魔法は必然チャージが長いから後回しにできるし、他のユニットを狙うついでの片手までどうとでも対処できる。強力なノンチャージかつ射程のある攻撃が揃ってるFFTで一手使ったところで気にならない。
      そもそも前提のMP回復させてしまってヤバイってことはそのユニットはMPが枯渇していて、わざわざそれを突っついて瀕死にさせるなんてやらない。魔道士系なら一撃で粉砕できるし。
      さらに突っ込むとわざわざ一手稼ぐ為だけに採用って悪手過ぎる。素直に回復系や回避系入れたほうが対応できる手も多い。
      • 一応このアビリティ(と瀕死HP回復)は味方の攻撃でも発動できる。
        まぁ一手のためだけに採用するのは奇特であることは確かだろうが、弱めの攻撃で巻き込んで発動させたりなど応用が全く利かないわけではない。
        囮運用についてはタイミング次第なので、セットしてあるなら(その前提の時点でアレだが)偶発的にチャンスがあるかも知れない。
        MPが涸渇するほどの長期戦が発生したら、という但し書きはどうしてもついて回るけど……。
      • 敵の一手を減らす為にこっちが一手損してたんじゃ本末転倒じゃないか?どうせ囮で倒させる前提ならその一撃で一気に削った方がいい。そのほうが高々一手稼ぐのとでは戦術効果は比べ物にならない。そもそも上に書いたように片手間で片付くから囮としても不十分なのでこの囮作戦自体の価値が薄いし、偶発的なチャンスを期待する時点で繰り返すけど他のもっと有用なのを付けた方がいい。
      • 理屈は分かるし正しいと思うけど、せめてこのアビリティの項目の中で使い道を模索するくらいは見逃してあげようよ。別に「他のリアクションアビリティより優先してセットすべき」と言っているわけではないのだし、弱いから使わないで切り捨てたら用語辞典も成り立たない。
      • 「飛行移動」の前でも同じこと言えんの?
      • 飛行移動さんは見た目が楽しいという立派なメリットが書かれてるから(目逸らし)
      • ↑3その使い道にすらなってないから。魔道士を囮はアビリティ無しで、さらに瀕死にならずともできること。そして瀕死じゃない分相手の労力はこっちの方が大きい。

とまあ議論が紛糾しているが、
要するに「わざわざ使う必要はない」アビリティでしかない。
それでもあえて使う、という時に使い道を模索できるのがFFTというゲームではあるが。