Top > はじめに


はじめに

Last-modified: 2011-03-20 (日) 22:03:10
 

はじめに Edit

まずはじめにヘッドホンアンプ自作入門にあたって・・・
このページではヘッドホンアンプについてよく知らない人にもある程度どのようなものか掴めるようににQ&A形式でヘッドホンアンプについて説明します。

Q&A Edit

Q1.ヘッドホンアンプって何? Edit

A.音声信号をヘッドホンを鳴らせるレベルに増幅するための回路のことです。
あなたの家にあるコンポやラジカセやテレビにも、ヘッドホン端子がある機器なら内蔵されています。

Q2.外付けのヘッドホンアンプってどういうときに使うの? Edit

A.以下のような場合に有効です

  • ヘッドホンの中にはAKG K601のように、出力の小さなAV機器内臓のヘッドホン端子では駆動しにくいものがあります。そういうヘッドホンで音量を出せるように出力を上げるために使います。
  • 市販のAV機器のヘッドホン端子は、増幅回路がお粗末な場合があります。その場合、ラインアウト端子を使って外付けのヘッドホンアンプを使うことで音質の劣化を防げます。
  • 高音、低音の強調などといった効果をかけるのも回路次第で可能です。

Q3.外付けのヘッドホンアンプを使うと音は良くなるの? Edit

A.入力される音よりいい音にはなりませんし、ヘッドホンが駄目な物なら変化を実感できないでしょう
ヘッドホンアンプは入力される音よりいい音は作り出せません。つまり、入力される音がビットレートの低い圧縮音声ファイルのように劣化していたりして、もともとの音源が悪いものなら出力される音もそれなりにしかなりません。さらに、性能が良くないヘッドホンだと外付けのヘッドホンアンプを導入する前にそちらの環境を整えた方が安上がりな場合もあります。ただし、それまで駄目なものだと思っていたヘッドホンが外付けのヘッドホンアンプを通すと、良い音に聴こえたりすることがあるのが面白いところです。

Q4.ヘッドホン出力につなぐ人がいるけどそれって一緒じゃね? Edit

A.難しい事は割愛しますが、一概に一緒であるとは言いきれません。
何故?というのはこれから学んでいきましょう。ただし、ライン出力にヘッドホンアンプをつないだほうが機器に内蔵されたあまり性能の良くないヘッドホンアンプを通さない音声信号が取り出せるため、劣化が少なくなる場合が多いです。

Q5.どのサウンドボードやヘッドホンがいいのか教えてください Edit

A.専用スレッドにいきましょう。
自作PC板を"サウンド"で検索
AV機器板を"ナイスなヘッドホン"で検索

Q6.電圧?電流?定格?W(ワット)?電気回路?何それ?わからなくてもできる? Edit

A.わからなくても実態配線図をもとに組み立てることはできますが、電気の最低限の知識はつけた方が良いでしょう。
加減がわからずに痛い思いをするのはあなた本人です。最初はみんな初心者です。わからないことはまず検索してください。それでもわからないなら、なにがわからないのか等の疑問点を明らかにし、自分なりの解決方法を考えた上でスレッドで質問してください。
2ちゃんねるへ質問する前に

Q7.最初はどれがいいの? Edit

A.chumoyと呼ばれるものが部品点数が少なく作成レポートも多く簡単です。
このWikiでも作り方が説明されています。
序章:chumoy amp

Q8.chumoyよりディスクリートみたいなものが作りたい! Edit

A.いきなり部品点数の多いものを作るのはお勧めしません。
急がば回れです。まったくの初心者の人にはハンダ付けの練習を兼ねて簡単なものからお勧めします。

Q9.でも、どうせ作るなら最初から実用的なヘッドホンアンプを作りたい!お金ないし… Edit

A.心中御察し申し上げます…
もし時間があるならゆっくり様々なことがらを調べながら少しずつ計画を立てていきましょう。きっとできるはずです。時間が掛けられないなら…このWikiにもそのうちそんな人のための作例案内ができるかもしれませんが今はまだありません。残念ですが諦めましょう。