さよナランチャ

Last-modified: 2020-10-06 (火) 12:23:21

概要

てらごやてぇそ。氏の―パッショーネ24時―の5に登場したブチャラティのセリフ。

暗殺チームのプロシュート兄貴&ペッシと戦ったブチャラティ。
ペッシに対するとどめの一撃、スティッキィ・フィンガーズによる渾身のアリアリラッシュの締めが

アリーヴェ帰ルチ! (さよナランチャ

だった(ボイスは普通)。 ← さむインザミラー!
視聴者達に大好評のため、早速あいさつコメントとして定着した模様。
なお、アリーヴェデルチ(arrivederci)はイタリア語の別れの挨拶なので、
「さよナランチャ」のダジャレ要素を気にしなければ意味が間違いではないのも面白い。

ちなみにブチャラティは続けて「ディ・モールト・グラッツェ」と発言しているが、これもバグで付け足された別の場面のセリフである。しかし前のセリフにインパクトで劣るせいか、反応する人は皆無である。

 

深夜に同シリーズの6が投稿された日のちょうど次の昼に5部のアニメ化の情報が公開され、
それに伴ってこれを始めとしたチートバグネタが流行している。この際、

アリーヴェ寝ルチ!(おやすミスタ

などの派生も普及した。ちなみにこのミスタというのは同動画内で(うわ。

7ではボイス付きで発言。
本来は重大な決断を人任せにさせず自分の意志で行動させるため敢えて突き放す場面なのだが、
この動画の流れではただナランチャを置いていきたいだけのようになってしまった。
その直後、ブチャラティはナランチャにカツラを吹っ飛ばされた

10では王の中の王が発言。
暴言をぶつけてきたギャング連中に裁きを下すためか、この言葉とともに物語ごと完結させた

 

使いやすさと語呂の良さもあってかバグ流行語大賞2018の年間大賞に輝き、2019年wikiTOPに掲載されることになった。

余談

2019年1月26日、アニメで初出動画に相当する回が放送された。

このアニメは以前のシリーズと異なりニコニコでは放送されていないのだが、ヒテリス動画の普及によってTwitterなどのSNS上でもチートバグネタが呟かれるようになった。
この作品も例外でなく、いわゆる「実況ツイート」で該当回のネタが多数書き込まれた。

 

その中でもこの語句は改変を含めた汎用性が非常に高く、「シンプルな丸刈り」と合わせてアニメ以前から頻繁に呟かれており、この回の放送時は原作での発言である「アリーヴェデルチ」「さよならだ」や次回登場の「メローネ」などと並んで*1「さよナランチャ」がトレンド入りするという珍事が発生した

 

OPのシルエットがハゲに見えるという話題にもなっていた。さすがにスタッフがこれらの動画群を認知しているわけではない……だろう。

鎮魂歌は静かに奏でられる その2

アニメ版35話におけるナランチャの例のシーンの前後で案の定ツイートが大量に流れ、またもトレンド入り。
まさかの諏訪部順一氏(先に退場していたアバッキオのアニメ版担当)まで呟いた(後に削除されたが記録には残っている)。
http://www.twtimez.net/history/history1142152101834788864.html

一部の海外ファンの間でもてらごやてぇそ。氏本人が上げたYoutube版が知られているようだが、バグりまくった難解な語録がツボに嵌る人はさすがに少ない。
しかし、例外的にこの「さよナランチャ」に関しては「SayoNarancia」として知名度が高い。
恐らく『その7』にてボイスがあったこと、「さよなら」という単語が初歩的なこと(実は「sayonara」として一般的な英単語にもなっている)が要因だと思われる。

関連項目

おしまインザミラー!
アア、オワッタ・・・・・・・・!
さ・よ・な・ら!
ダクソして寝よ
リクー乙
ΩND
くだらナイトの心得
どうにも なランチャー?
特に気になランチャー?
バスターランチャー


*1 ツイッターでは漢字仮名3文字以下の語句はトレンドに載らないので、該当回の敵キャラである「ペッシ」は入らなかった。Yahoo!リアルタイムには入っていた