くま

Last-modified: 2021-06-07 (月) 19:33:35

名前くま/7101号
英名Bear/Diesel 7101
性別
車体番号7101→D3
車軸配置B-B
所属鉄道イギリス国鉄ノース・ウェスタン鉄道
本線
運用本線での客車の牽引が主な仕事。
・稀にゴードンの代理で急行客車を牽く事もある。
分類ディーゼル機関車
原作初登場巻第23巻『機関車のぼうけん』第2話「ヘンリーの大かつやく」
原作初台詞「199号、そんな事言ってもここは蒸気機関車の鉄道だよ。」
説明199号と共にイギリス本土からやって来た中型のディーゼル機関車
・エンジンの音がの鳴き声に似ている為、皆から「くま『Bear』」と愛称で呼ばれている。
・排出機(エジェクター)の故障を起こして動けなくなった所をヘンリーに助けられた。
199号とは逆に鉄道の悪口を言わなかった事で、と別れ、ソドー島に残った。
40125号は、彼とボコの車体から滴り落ちたが原因で滑った。
・来島時は青い塗装だったが、の塗装に塗り直され、車体番号が変更された後にソドー島で働く事になる。
性格・親切で真面目な性格。
・常に笑顔を絶やさない、紳士的で穏やかな一面もあるが、うっかり屋な所もある。
・捻くれ者の199号とは違い、善良な性格で、蒸気機関車の実力を認めている。
ディーゼル機関車としては局長からの信頼も厚い優等生だが、ダックに罵倒されても許してあげる慈悲深さも兼ね備えている。
モデルクラス35ディーゼル機関車『ハイメック』(イギリス国鉄
その他・モデル機のクラス35は西ドイツよりライセンス契約し製造した「マイバッハエンジン」と「メキドロ変速機」を組み合わせたディーゼル機関車
・同じ液体式で一回り大型のクラス42、クラス52と違い、外観は典型的な英国型であり、問題なく運用されていたが、イギリス国鉄自体が電気式ディーゼル機関車への統一を決定。1975年までに全て廃車となった。
・尚、クラス35はイギリス国鉄の西部局(旧グレート・ウェスタン鉄道)に一部のクラス46と共に配備されていた。
玩具アーテル
ホーンビー
参照画像
メイビス
工場のディーゼル