カモネギ

Last-modified: 2022-09-02 (金) 21:16:39

系統鳥系
特性スモールボディ
先制で行動できて攻撃をかわしやすいが、能力が成長しづらく上限値も低い
ときどきバイキルト
ラウンドの最初にときどき発動し、自分の攻撃力が大きく上がる
アンチみかわしアップ
自分の命中率が上がり、特性「みかわしアップ」も無視する
AI2回行動(+25)
1ラウンドに2回行動する
不屈の闘志(+50)
1ターン休み状態が治った時に自分のテンションが2段階上がる
大剣豪(超生配合)
自分が斬撃スキルを使用する時、敵の全属性耐性・状態異常耐性を少し下げる
バギブレイク(メガボディ化)
自分が行動する際、敵の風属性耐性を下げる
自動HP回復(ギガボディ化)
行動後に自分のHPが少し回復する
使用スキルしんくう斬りおいかぜ?
スキルラインふうらいの剣技

属性耐性

激減:土
半減:闇
弱点:雷、氷

解説

植物のクキを携えた鳥の魔物。持っているものはネギに酷似しているが、実際はネギによく似た植物のクキ。
そのクキを刀のように振るうことで、あらゆるものを切ることができる。クキには鋭い刃がないにもかかわらず本物の刀のごとくよく斬れるのは、カモネギだからなせる技だろうか。因みにクキの振り方には流派のようなものがあるらしい。
クキの用途は武器に使う以外にも多岐に渡り、自分の巣の材料になるほか、いざとなれば非常食にもなる。クキがないと生きていけないので、クキを狙う者とは命懸けで戦う。
また、クキにも良し悪しがあるようで、カモネギ同士がクキを巡って戦うことがある。

その特徴通り、「ときどきバイキルト」で攻撃力を上げた上で「大剣豪」で耐性を下げつつ強力な斬撃を放つ物理アタッカー系の特性を持つ。
但し、スモールボディを持っていてステータスの上限値が控えめな点には注意。


余談だが、カモネギ族の中でも特に際だった強さを誇り、人の姿に変じて妖魔界でその名を轟かせた者がいるらしい。

備考

元ネタ:ポケットモンスター
画像元:https://zukan.pokemon.co.jp/detail/083
Tag: モンスター