ゴッドマーズ

Last-modified: 2021-01-24 (日) 03:52:32

地球で育ったギシン星人、明神タケルが操る六神合体ロボ。
タケルを守るために作られ、タケルが死ぬと機体に内蔵された反陽子爆弾が爆発して地球も滅びる物騒なロボでもある。
アニメではファンに不動明王と称されるほど動かず、それが圧倒的な強さとして演出されていた。

 

パイロット

  • 明神タケル
    SP:堅牢, 1, 熱血, 6, 忍耐, 8, 必中, 14, 気合, 18, 覚醒, 35

運用

Ver8以前
六体合体ではあるが、ガイヤー以外無人機であるからか、タケル以外精神コマンドが一つで実質二人乗り未満。
スパロボではタケル一人乗りなので、実はこれでも破格の扱いである。
アニメでほぼ動かないこと、必殺技ファイナルゴッドマーズの圧倒的な強さを反映した低移動力低運動性高攻撃力の機体。
ファイナルゴッドマーズ以外の武装が貧弱だが、タケルの超能力が成長すると共に改善されて行く。
一方で装甲は薄く、超能力補正と鉄壁でアニメの動じない機体を再現できる程度。

 

機体能力、武装とタケルの能力から近接向け。
タケルに戦闘系SPが集中していて、超能力による消費軽減はあるものの負担が大きい。
マーズフラッシュ以外の武器がEN消費型で、反陽子エンジンによるEN回復があるもののエネルギー衝撃波以外が悪燃費。
特にファイナルゴッドマーズの消費ENが120と膨大で、初期ENでは連発不可。
これらのことを考えると、ファイナルゴッドマーズによるボスキラーに徹するのが無難か。
雑魚も相手するなら、敵陣に突っ込ませるより味方が削った敵を確実に落とす役をお勧めする。

 

Ver9以降
六神ロボがパイロット・ユニット共に削除され、合神がスパロボZ形式(気力解放)になった。
これにより六神ロボを集める必要は無くたった反面、ゴッドマーズ時のSPが減る事に。
ガイヤ―の性能は引き上げられてはいるが、無茶な気力上げをして撃墜されないように注意。
ちなみにアップグレードで六神ロボがガイヤーの武装に追加される。
ゴッドマーズの方はファイナルゴッドマーズが無改造でも2回撃てるようになったが、相変わらず悪燃費。
射程も相変わらず短くさらにタケルが加速を失った為、敵に近づくのも一苦労。
ただ堅牢や忍耐といった防御系を得た事で、敵の攻撃を耐えて気力が稼げるようになったのは好改変。
不動明王化が進んだとか言うな

パーツ

低移動力を補うブースター系、低運動性を補う命中補正系、悪燃費を補うEN系、低装甲を補う装甲系辺りが選択肢。

備考

  • スパロボではゴッドマーズの撃墜が敗北条件になっていることもままあるが、ロボダンでは普通の機体扱い。
    • が、ゲームオーバーにならない代わりにゴッドマーズの状態で撃墜されるとお財布の中身が吹っ飛ぶので注意*1

*1 修理費16000