Top > 「ネオサイタマ・イン・フレイム」
HTML convert time to 0.017 sec.


「ネオサイタマ・イン・フレイム」

Last-modified: 2017-09-09 (土) 21:47:06

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆
◆#1「ライク・ア・ブラッドアロー・ストレイト」◆:
#1#2#3#4
◆#2「ダークニンジャ・リターンズ」◆:
#1#2#3#4
◆#3「アンド・ユー・ウィル・ノウ・ヒム・バイ・ザ・トレイル・オブ・ニンジャ」◆:
#1#2#3#4#5
◆#4「ダークダスク・ダーカードーン」◆:
#1#2#3#4#5#6#7

 

◆実況付◆
◆#1◆:#1#2#3#4
◆#2◆:#1#2#3#4
◆#3◆:#1#2#3#4#5
◆#4◆:#1#2#3#4#5#6#7

 
各種メディア展開作品において

登場人物 Edit

汝、登場人物の道を辿り、再びネタバレを知るだろう

あらすじ Edit

宿敵ラオモト・カンをあと一歩のところで取り逃がした上、ナンシー・リーの救出にも失敗、自身も深い傷を負ったニンジャスレイヤー
奇しくもアガタ・マリアの必死の介抱によって復活した彼は、ネオサイタマ知事選挙に向けてラオモトが立候補した事を知る。

 

「私は経済界の実際的な視点にもとづき、これまで言わば屋台骨としてネオサイタマの発展に尽力させていただいた」
「周囲の人々からの政界進出の勧めを断り続けるのも心苦しい。それゆえ立候補を決めた。やるからにはシッカリやる」

 

ブッダ!邪悪な欲望を作り笑顔で隠すこの男は、知事となって名実・裏表共にネオサイタマを完全に掌握する気なのだ。
すでに汚い手段によって、その当選は揺るぎないものになりつつあるのであろう。
トコロザワ・ピラー。奴はそこにいる!

 

奪い取ったモーターサイクル・アイアンオトメを駆り、ニンジャスレイヤーは決戦の地へと駆ける。
今までソウカイヤに無視できぬダメージを与え続けてきたが、新たなシックスゲイツ、そして未知のニンジャが待ち受けるだろう。
対する戦力はニンジャスレイヤーただ一人……しかし、やらねばならぬ!
ナンシーを助け出し、人々の苦しみで頂点を目指す邪悪なるラオモトを討ち倒すのだ!

 

「ニンジャ、殺すべし!」

 

第1部最終章、刮目せよ! Wasshoi!


解説 Edit

ここまで読み進めてきたヘッズの皆様、大変にオツカレサマでした。ついにこの時が来たのです。
……が、本項目冒頭の章題をみて面食らった方もいるかもしれない。実はこの第1部最終章「ネオサイタマ炎上」は4つの章から成り立つ大長編なのだ。
早く先を読みたい、結末を知りたい、しかし物語が長い、多い!それはまさに、ラオモト目指して幾多の妨害を掻い潜るフジキドの心情そのもの。
「一直線の血の矢のように」一気読みするのもいいが、「狂人の真似をしたら実際狂人」。
読者の方々はセルフ管理メントを怠らず、焦らずじっくり読み進めて頂きたい。さすれば「ダークニンジャの再臨」を経て、「汝、ニンジャの道を辿り、再びニンジャを知るだろう」

 

第1回エピソード人気投票4位、第2回投票11位、物理書籍版第1部エピソード人気投票3位。「暗き黄昏より暗き夜明け」を見届けよ!

 

物理書籍版では「ネオサイタマ炎上#4」に収録。



暗きリージョンより暗きコメント