Top > ケイトー・ニンジャ
HTML convert time to 0.016 sec.


ケイトー・ニンジャ

Last-modified: 2017-12-15 (金) 00:50:37

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0015 【ケイトー・ニンジャ】 ◆殺◆
古事記にも記されしニンジャ英雄。その半生は死と戦争に彩られた血なまぐさいものである。フマー・ニンジャとの一騎打ちや、ダイコクの宴、猿殺し等の伝説で知られる。

登場エピソード Edit

...
 

「実際貴様らの行いは神に楯突く行為」
「サンズ・リバーの橋を永劫にわたって支えるニンジャ人柱となり苦しみ抜く定め」


人物 Edit

元ネタ・考察 Edit

  • 名前の由来は実在した戦国時代の忍者「加藤段蔵」だろうか。その優れた忍術から「飛び加藤」と称された忍者である。
    • 彼はゲン・ジツ使いであると共に、城の防壁を軽々と超える常人を遥かに上回る脚力を誇る恐るべき神話級忍者であった。
    • 上杉家や武田家に仕えていたので、フマー・ニンジャのモデルである後北条氏に仕えた風魔小太郎とは因縁浅からぬ関係と言える。作者=サンはやっぱり日本人じゃn罪罰罪罰罪罰罪罰アッハイ、両者ともに実際ゆうめいなニンジャです。
  • また「KATO(加藤)」を「ケイトー」と発音することの元ネタは、ラジオドラマ『グリーン・ホーネット』に登場する主人公ブリット・リードのサイドキック、ケイトー(媒体によってはカトーとも)であると思われる。ちなみに同作のテレビドラマ版でケイトーを演じたのはあのブルース・リー。彼の出世作の一つで、無名時代の彼のカラテは必見である。

ワザ・ジツ Edit

  • カラテのワザマエは正に規格外。その恐るべき迫力は「時の力」とも形容される。
  • また、緋色の雷光を腕に纏わせるワザを披露している。恐らくジツによるものと思われるが詳細不明。

ストーリー中での活躍 Edit

「ほほう、成る程、ネタバレ極まるリージョンを開いた果てに、このような!」

一言コメント

「チャでも飲みながらコメントに花を咲かせたかったのよ」