Top > ラオモト・チバ
HTML convert time to 0.562 sec.


ラオモト・チバ

Last-modified: 2017-02-07 (火) 22:27:23

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【ラオモト・チバ】 ◆殺◆

◆登場人物紹介:ラオモト・チバ(1)◆(ネオサイタマ電脳IRC空間)

登場エピソード Edit

第3部における敵組織の盟主として多くのエピソードに登場につき、主要なもののみ掲載

 

「要はカネだ。戦争。武器。テクノロジー。カスどもの血で経済の水車を回し、手っ取り早くカネに変える」
「プランB!全ニンジャを抹殺せよ!」


人物 Edit

  • 弱冠12歳(「サツバツ・ナイト・バイ・ナイト」時)にしてネコソギ・ファンド社CEO、そしてその裏の暗黒経済組織アマクダリ・セクトの若き盟主を務める少年。
  • その名の通りラオモト・カンの嫡子の一人であり、父譲りの尊大さと笑い声を持つ。
  • 多くの嫡子の中でも特に「上に立つ者」として優秀な能力を持っていたがためにトコロザワ・ピラーで英才教育を施され、特に経済面の知識は凄まじいものがある。
    • 反面、その若さゆえに「経済こそ全て」というやや浅い認識を持っており、政治分野に関しては亡父に遅れを取っている。
  • 帝王学は血中にまで染み渡っており、一日に四時間しか睡眠を取らない。
    • 声変わりも終えていない少年の癖に葉巻を吸い、オイランを侍らせ、既に青少年のなんかはアブナイを通り越している(性行為に及んだ描写は今のところないが……)。
       
  • 父であるカンを神格化して崇めており、仇たるニンジャスレイヤーの抹殺に異様な執念を燃やす。
    • 一度顔を合わせているナンシー・リーにもある種の執着がある模様(彼が侍らせるオイランが決まって金髪白人なのは単に父親譲りなだけでなく、このためか?)。
  • ネオサイタマ炎上事変の時には腹違いの兄のラオモト・ヨルジに命を狙われており、彼含め他のカンの嫡子を始めとした一族郎党は全てアマクダリの参謀・アガメムノンに殺させている。
  • カンの死により全てを失った所でアガメムノンに命を救われた格好ではあるが、セクトの実権を握り、実質自らを利用しているに過ぎない点に関してはアガメムノンを酷く憎んでいる。
  • フジオ・カタクラの裏切りも未だに根に持っており、現在はネヴァーモアを始めとした数少ない忠臣にしか心を許せない状態が続いている。
  • 実際将来の帝王を思わせる覇気を漂わせることもあるものの、やはり幼さは隠せず、アマクダリの障害となるニンジャスレイヤーの常軌を逸した行動に、NRSめいたヒステリーを起こして錯乱する姿も見られる。
     
  • ちなみに、第3部までで登場しているニンジャ武力組織のトップとしては初の非ニンジャである。彼がNRSを起こさないのはサツバツたる教育環境の賜物らしい。
    • また幼少期からニンジャと接する機会が多かったこともあるかもしれない。
       
  • ニンジャは子を成せないため、ニンジャを父に持つ出生に関してヘッズの議論は白熱した。実際のところ、ニンジャ化以前に儲けた子供だったようだ
その出生の秘密
 
  • アニメイシヨンでの担当声優は松本梨香=サン。アニメ『ポケットモンスター』シリーズのサトシなど、少年キャラを多く演じられているベテラン声優である。

外見 Edit

  • 群青色の目を持つハーフの少年。体は細身で、グレーがかった明るい髪を中世貴族を思わせるコケシ・カットに整えている。
  • 「美しい顔立ちであるが、その眼差しは驚くほどに酷薄めいており、対する者を畏れさせる帝王のアトモスフィアが漂う」との事。
  • 父と同様に、上等なアルマーニのスーツを身につけ葉巻をふかす。

ストーリー中での活躍 Edit

ネタバレ格納な

一言コメント

「ハァーッ!ハァーッ!ハァーッ!コメントだ!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
………0001011011001101001001010001011101001
CAUTION:
推奨閲覧状況・第3部「不滅のニンジャソウル/Ninja Slayer: Never Dies」読了済
あるいは第4部「エイジ・オブ・マッポーカリプス/Age of Mappor-Calypse」読中
0001011011001101001001010001011101001………
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

第4部以降 Edit

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0007 【ラオモト・チバ】 ◆殺◆
ソウカイ・シンジケート(ソウカイヤ)の若きオヤブン。
2038年以降の混乱に乗じてソウカイヤは勢力を拡大。諸勢力が睨み合うネオサイタマにおいて確たる存在感を築いた。
非ニンジャだが、歴戦のニンジャすら当然のように従える。

登場エピソード Edit

 

「見苦しいわ、下郎ども」


人物 Edit

  • 齢二十半ば手前となり、新生したソウカイヤを名実ともに支配する冷酷なオヤブンへと成長した。
  • 混乱の底に堕ちたネオサイタマを救った英雄とも称され、ネオサイタマに蔓延る暗黒メガコーポたちを配下のニンジャ戦力のカラテで支配している。

外見 Edit

  • 肩ほどの銀髪を後方に撫で付けたスタイル。
  • ほとんど黒に近い紫の三つ揃えのスーツを着ている。
  • ニンジャ名鑑プラスによると身長は177cmになっている。

ワザ Edit

  • イアイを習得しており、二人の人間の手首をロング・ヤクザ・ドスで瞬く間にケジメするほどの腕前である。

一言コメント

「それはコメントとは別だ。単に貴様らが鬱陶しい」