武器/ピティ

Last-modified: 2020-07-04 (土) 12:49:57

基本性能

属性初期Lv/AT最大Lv/AT装備特殊効果使用効果売価
2/184/22無しぶつけるとダメージ450G


付加性能

鍛冶限界(Lv/AT)付加特殊効果名称変化
15/44無し無し

入手

  • 手配モンスターキッシュ(盗む)

鑑定

既に絶滅してしまった幻獣「ピティ」の爪から作られたクロー。
地の精霊の力が封じ込めてある。


その他

マジックネイル以外では唯一の属性付きのパンチ系武器。
初期攻撃力・鍛治限界値のいずれもそこそこの中堅層で高い方ではなく、入手が面倒なわりには戦力的にはあまり役に立たない。
ピティならではの価値は属性持ちであるということ。
属性持ちは素で耐性をもっており属性が合致すると武器攻撃の火力ダウンを強いられてしまう。
それを避けるためには属性付きの武器を装備することで属性を変える必要があるのだ。
限界攻撃力44は一応最後まで戦っていける性能なので、強化してみる価値はあるかも知れない。
特に闇属性モンスターはピティ以外に属性パンチの選択肢が無いので、それを主力にしている場合には検討の価値が上がる。
死の魔人アンデッドフライキングマミィとこれを必要とする最終形態候補は意外と多い。
 
ただ、フィストゲットクローを限界まで強化するつもりならさすがに性能差から属性一致による減衰込みでも追いつけない(特にフィスト)。
特殊能力偏重になりがちで武器攻撃の機会が巡ってこないことがほとんどのAMGではそもそもピティの特徴を生かせるシーンが巡ってこない。
手動で臨機応変に装備変更ができるからこそ使える装備だと言える。
 
なお、光属性キャラでパンチの属性武器が必要な場合もこれしか選択肢が無い。
というのもマジックネイルは光属性で属性が被っているので変化させようと思うとこれしかないのだ。
火力減衰を避けるという意味でも重要ではあるが、光属性パンチ使いにはもっと切実な事情がある。
それは「アンデッドにパンチ系武器を装備した上でトドメを刺したくない局面」、もっと言えばアンデッドをサンドバッグにして熟練度を鍛えるとき。
アンデッド瀕死を無効化してとどめを刺さずに済むパンチ系武器はこれしかないので、切実さは高い。一時的にクラスチェンジさせればいいだけと言ってはいけない
修行だけを想定するなら強化の必要はないとはいえ、あって損は無い。
 
問題点はニエンの森が狭すぎて戦いにくいため、キッシュに会いに行くことが面倒だということか。