【サクヤ】

Last-modified: 2020-07-05 (日) 00:26:47

ロトの紋章

【ジパング】の少女。
【やまたのおろち】を倒した後で、ジパングの女の子たちが【アルス】に取り巻く中、彼女一人がアルスになびくこともなく【ポロン】に好意を抱いていた。
その後も宴席ではポロンの横に座っていたり、つかの間の休息時にデートらしき事をしたり等と、この時点では名無しの少女でありながらポロンとは短期間で密接な関係になっている。
この頃は同時に【キラ】【ヤオ】が互いを意識し始めるころであり、ポロンとサクヤが親しげにする姿を見てキラも積極的にアプローチを仕掛けたりと、ケンオウ二人の恋愛事情に多少なりの影響を与えている。
 
その後、【異魔神】を恐れ戦いから逃げたポロンに強引に連れ去られる形で【テドン】に招かれる(この時に彼女の名前が判明する)が、弱気になったポロンを見かねて叱責したのち、故郷に帰ってしまう。
 
単行本書き下ろしのエピローグで異魔神が倒れた後はポロンと結婚するが、成長したようでウエディングドレスの姿で登場している。
気まずかったのかそれとも堅苦しい行事が苦手なのか、ポロンは結婚式直前に逃げ出そうとしていた。

ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~

続編ではポロンの妻となっており、恰幅の良い「肝っ玉母さん」になった。
賢者の契約の代償の影響でポロンとの間に実子は生まれず、レーベンをはじめとした養子達を育てている。