Top > 【紋章剣】


【紋章剣】

Last-modified: 2018-09-23 (日) 03:20:00

ロトの紋章 ~紋章を継ぐ者達へ~ Edit

【ロトの紋章】を材料にラダトーム城に仕えた飾り職人が作った剣。
職人の親子が、紋章に相応しい細工にするために、持てる限りの技を尽くし、丹精込めて仕立て上げた。
聖なる紋章をラダトームに封じるために作られたもので、【ラダトーム】城の精霊ルビスに守られた聖なるバラ園の台座に剣は突き刺され、鞘は埋め込まれた。
この剣を封じる儀式にはアレフガルドの町や村の代表者全員が参加している。
 
【アロス】がアルスとの記憶を思い出すと光り輝き、アロス引き抜くと光の柱を発生させた。
光の柱はギアガの大穴から飛び出すほどに長大で、【ベゼル】の持つ「炎の神器」が反応して光った。竜王の配下たちにも視認されている。
それ以後、アロスが武器として使用するが、鞘から剣が抜けない事がある。
 
次子カーメンが継いだ紋章は鞘の鯉口の部分の装飾に、長子ローランの継いだ紋章は剣の鍔の装飾になっており、
ロトの紋章にあった分割ギミックを利用して、剣を鞘に収める事で紋章が組み合わさる仕組みになっている。