Top > モンスター > 【ククルカン】


モンスター/【ククルカン】

Last-modified: 2016-11-04 (金) 16:01:59

マヤ文明における神話の創造神で、アステカにおけるケツァルコアトルと同一のものとされる。
通常は羽毛の蛇、あるいは翼ある蛇などで表現される。


FF10-2 Edit

SLv2のアンダーベベル及び聖ベベル廟の第16~19層に出現する妖蛇種族のモンスター。
普段は通常攻撃、石化の眼、震天で攻撃してくる。
オーバーソウルすると通常攻撃に毒状態にする効果が加わり、MPブレイクや金の針を壊すをしてくるようになる。

FF11 Edit

特殊エリア「アビセア-コンシュタット」に出現する、ペイスト族のノートリアスモンスター
アビセアメインクエスト「猛毒の大蜥蜴」で討伐する必要がある。
紫色の毒々しい体表を持つトカゲのようなモンスターで、猛毒石化、テラー(硬直して動けなくなる)などを伴う特殊技を多用する。
特に固有技「オプレッシブグレア(発動中にククルカンと視線を合わせると、呪い+テラー+30HP/3秒のスリップダメージ+HP回復及び解毒不可の効果を受ける)」が脅威で、その対策無しに勝利することは難しい。


召喚士アーティファクト武器の名称は「ククルカンスタッフ」であるが、両者に関係は今のところない。


詳細はこちら→ククルカン

FF零式 Edit

エレキプリンの巨大種。
北の峡谷などに登場。レベルはそこそこ高めなので、うまく倒せばコンジキファントマを狙える。
基本的な行動は他のプリンと同じだが、耐久力が高い分それなりに強い。
ブレイクサイトは狙いやすいので、主に飛び込んできた時を狙っていきたい。
属性攻撃は総じて効きにくいので注意。

  • アーリマン以上に見た目と名前が合ってない(あっちは形自体が伝承にない)。
    属性が雷系なのはFFのケツァルコアトル由来だろう。