ヌール・ジャハーン

Last-modified: 2020-09-17 (木) 16:36:01

「朝から本当に嫌になってしまうわ。ブレーキの調子が良くない。」
TV版第23シーズンのヌール・ジャハーン

名前ヌール・ジャハーン
英名Noor Jehan
性別
乳白色(車体&ランプ)+(ライン)+薄青紫(ライン)+淡藤色(ライン)+深藤色(ライン&屋根)+銀色(バッファー)+濃赤(バッファービーム)+薄黒(車輪&ランプ&カウキャッチャー)+金色(装飾)
車軸配置Co-Co
製造年1994年
所属鉄道インドの鉄道
運用・旅客列車や貨車の牽引。
分類ディーゼル機関車
他国の鉄道車両
TV版初登場シーズン第22シーズントラスティー・トランキー
TV版初台詞「王冠を被ってるからって、王様って訳じゃないでしょ。」
一人称
二人称現時点では出ていない。
説明第22シーズンから登場する、インドの中型ディーゼル機関車の女性。
・才色兼備な女性で、ラジブは彼女に憧れている。
・主な仕事は観光客インドの人気観光スポットに案内する事であり、アシマから「彼女(ヌール・ジャハーン)の豪華ツアーは大人気」と評されている。
・専用客車を持っており、コナーケイトリンと同型の客車である*1
アシマラジブニアに比べ若干控えめだが、車体に飾り付けをしている。
・TV版において、女性のディーゼル機関車デイジーメイビスフランキーナタリーに続いて、5台目となる*2
「ヌール・ジャハーン」「世界の光」と言う意味があり、「ヌール・ジャハーン」の名前は、ムガル帝国第4代皇帝ジャハーンギールの妃の名前でもある。
YouTube限定動画に彼女と同型の機関車が登場している。
・警笛はブッチのクラクションに近い。
性格エドワードステップニーファーガスアーサーレベッカアーサーの機関士機関助手ウェルズワーズ駅の駅員と同様、心が広く、親切な性格。
ヘンリージェームスデイジーヴィニーハット卿夫人ジェム・コールカレン卿と同様、綺麗好きで、車体が汚れる事を嫌っている*3
局長と同様、おしゃれ好き。
エドワードゴードントビークランキーロッキーと同じく教育者向きの性格で、偉そうに威張っているラジブ「王冠を被ってるからって、王様って訳じゃないでしょ。」と言い放った。
TV版での経歴第22シーズンで初登場。
第23シーズンではブレーキが壊れて脱線事故を起こしてしまう。また、トーマス失態により、シャンカールが運んでいたマンゴーを踏み潰しかけた。
・2019年現在、彼女を主役としたエピソードが制作されていない。
第24シーズンでは、コスチュームコンテストで妖精のコスプレを披露した。
他のキャラクターとの関係アシマラジブシャンカール紫のタンク機関車テンダー機関車栗色のタンク機関車とは同僚。また、理由やきかっけは不明だが、ラジブに好意を抱かれており尊敬されている。
トーマスとはアシマシャンカールを通じて知り合った。
人間関係チャルバラ局長とは親子のような関係。
国内映画監督とはチャルバラ局長を通じて知り合い、国内俳優音声係照明係カチンコ係とは映画監督を通じて知り合った。
モデルクラスWDM-3Aディーゼル機関車(インド鉄道)
玩具・TrackMaster Push Along
英米版CVシーナ・バテッサ第22シーズン-)
日本版CV森千晃第22シーズン-)
参照画像参照はヌール・ジャハーン/画像

*1 コナーケイトリンの場合は4両ずつ所有しているが、彼女の場合は2両である。
*2 長編第14作で登場した名称不明のアメリカのディーゼル機関車第22シーズンで登場した同じく名称不明の中国のディーゼル機関車及びYouTube限定動画アビーを含めると、9台目。
*3 実際、事故で車体が汚れそうになった時に可也焦っていたらしい。