トラでトラブル

Last-modified: 2021-10-17 (日) 17:39:17

「私に用ですか?」

日本版タイトルトラトラブル
英米版タイトルTiger Trouble
脚本ベッキー・オーバートン
放送日・2018年9月18日(英国)
・2018年9月19日(オーストラリア)
・2018年11月11日(カナダ)
・2018年11月26日(メキシコ)
・2018年12月12日(ドイツ)
・2019年1月6日(ニュージーランド)
・2019年5月4日(米国)
・2019年5月19日(日本)
この話の主役トーマスラジブシャンカール
日本話数第525話
第13話(シーズン内)
英国話数第524話
第12話(シーズン内)
シーズン第22シーズン
登場キャラクターAトーマスアシマラジブシャンカールヌール・ジャハーン*1
(振り返りセグメントのみ登場:アニークララベル
登場キャラクターB(振り返り映像のみ : ルーク)
登場キャラクターC水色とオレンジのディーゼル機関車
登場キャラクターD無し
登場人物Aチャルバラ局長虎のハンターインドの乗客*2
登場人物Bラジブの機関士?ラジブの機関助手?インドの警察官
(振り返り映像のみ:ルークの機関士?ルークの機関助手?
登場人物C無し
登場人物D無し
登場スポットインド
バルカラ鉄道の駅
インドの水田
猿の宮殿
ジャングル
ソドー島(導入と振り返りセグメントのみ)
ゴードンの丘(導入のみ)
ヴィカーズタウン駅(振り返りセグメントのみ)
ブルーマウンテンの採石場(振り返り映像のみ)
ウルフステッド城(振り返り映像のみ)
あらすじインドヌール・ジャハーンを見に行く豪華ツアーをしているとアシマから聞いて、に興味を持ったトーマスは、ラジブが仕事をしながらを探すと知って、自分も仕事の途中で探す事にする。
そして等々を見つけたトーマスだが、シャンカールから捕まえる為にを探している人達がいると聞いた後、を見る為にラジブを貸し切りにしてもらったという二人の乗客が荷物だと言って?を持ってきた事に気付き、シャンカールと協力してハンターを捕まえる作戦を実行する。
メモ今期最後のインドのエピソード。
第20シーズンディーゼルのひみつ』以来久々に動物の真似をするトーマス
あの時ヘンリーゴードンジェームスドナルドいたずら貨車達蒸気機関車のバートトーマス続いて、動物の鳴き真似をするシャンカール
長編第11作船乗りジョン以来の人間の悪役キャラクターが登場する*3
イアン・マッキューさん、第21シーズンあたらしいクレーンのカーリー』に続いて、キャラクターの声を演じる。
・このエピソードで初めて、女性の警察官手錠??が登場した。
・日本語版タイトルが駄洒落になっている。
その他・この回を元にした商品がトラックマスター(Trackmaster)で玩具化された*4
台詞トーマス「ガォ~!!フッフフフフ!さんを見た事は有る?野生のさんを見つけるのは難しいんだ。でも、僕はインドで働いていた時にさんの保護区に行く事が出来たんだよ!さあ、大冒険に出発進行!!」
ナレーター「『トラトラブル』と言うお話。インドの鉄道を利用するお客さんは色々な物を見る事が出来る。美しい景色や古い遺跡、そして…」
・(虎の鳴き声)
トーマスさんだって!?」
アシマ「ウフフフフフフッ!ええそう。を見に行くヌール・ジャハーンの豪華ツアーは大人気よ!お客さんジャングルの奥深くに連れて行って、さんがどんなに美しいか教えてくれるの。どんなに貴重で繊細な動物かって事もね。其れから、を探すのよ。」
トーマス「うわぁ~!僕も野生のさんを見てみたいな!オレンジの縞々模様で大きな声で吠えるんだ~!」
・(空想とBGM)
ヌール・ジャハーン「皆さん、さあ、を探して下さい。」
インドの乗客(男性)「あそこにいるのは?」(初台詞)
ヌール・ジャハーン「まあ、信じられませんわ。あれはの中でも特に珍しい、トーマス・タイガーです。」
トーマス・タイガー「ガオ~!!(咳き込み)」
シャンカール「やあ、トーマス。」
トーマス「あぁ、シャンカール!さんを見に行くツアーの事で頭が一杯で気が付かなかったよ!」
シャンカール「ハァ~、ツアーなんてしたら、が本当に可哀想だよ。」(汽笛)
ラジブ「あ~あ、又始まったぞ!」
シャンカール「静かに暮らしているのに、観光客に邪魔されるんだからね。」
トーマスアシマはツアーは良い事だって言ってたよ。さんが特別だって知って貰えるからって、僕もツアー列車を牽いて野生のさんを是非見てみたいな。」
ラジブ「ハッ!ツアー列車を任されるのは特別な機関車だけだぞ。例えば…え~っとそうだな…、僕とか!ハハハハ…!!」
チャルバラ局長「ツアー列車の事はもう、忘れなさい。貴方達は自分の仕事があるでしょう。」
・(ラジブの汽笛とBGM)
ラジブ「特別なツアーに行きたい人はいますか?を見に行くラジブのスペシャルツアーです。」
インドの乗客A(女性)「ハイ!行きたい!」
インドの乗客B「お願いするわ!」
トーマス「ツアーなんて駄目だってば、ラジブ!自分の仕事があるじゃないか!」
ラジブ「仕事はちゃんとやるから平気さ。楽しくちょこっと寄り道するだけだ。」
トーマスラジブさんを見に行くんだったら…、僕だって行くぞ~!!」
・(BGM)
トーマス「ワ~!ハ~。」
ナレーター「野生のさんを見つけるのは思っていたよりずっと難しかった。」
トーマス「あっ!あ~。うわっ!やった~!あれは絶対にさんだぞ!」(警笛)
トーマス「あぁ~!吃驚して逃げちゃったじゃないか。」
シャンカール「悪いな、トーマス。でも、が中々見つけられないのには、理由があると思わないか?見つかりたくないからだよ!つまり、を探し出して捕まえようとする人達が居るんだ。」
トーマス「えっ!そんな!其れは酷いな。知らなかったよ。」(ラジブの汽笛)
ラジブラジブの特別なツアーのお通りだ~!あぁ~、シャンカール。ごめん、居るって分からなかったよ。、ボディの色を変えた方がいいんじゃないか?もっと目立つようにね。」
トーマスの御客さんは如何したんだい、ラジブ?」
ラジブ「アァ、勿論ちゃんと乗せているよ。実は好きの2人の御客さんの為に貸切にしたんだ。」
虎のハンターA「俺達の事だ!!」(初台詞)
虎のハンターBが大好きなんでね!!」(初台詞)
トーマス「その、後ろのは何ですか?」
虎のハンターA「えっ!ああ、あれはだな…荷物だ!」
虎のハンターBを見る為に遠い所からやって来たんだ。」
・(BGM)
シャンカール「ハッ!あの人達はきっと、を捕まえるハンターだ!を見に来たんじゃなくて、捕まえに来たんだ!」
トーマス「えっ!?僕達の仕事は後回しだ、シャンカール!さん達を守ってあげなくちゃ!」
虎のハンターA「お~い、さん!何処かな?」
虎のハンターB「ほら、隠れてないで、出ておいで~!」
トーマスラジブ~!ラジブ!ハ~止まってくれてありがとう。」
ラジブが呼んだから止まったんじゃない。線路が木で塞がってるんだ。の考えは分かっているよ。僕がより先にを見つけないように邪魔してるんだろう!?」
トーマス「それなら僕はもう、さんを見つけたよ。」
ラジブ「ハ~!」
トーマス「でも、伝えたかったのは其れじゃないんだ。」
ナレーター「僕は急いで、ラジブに事情を話した。?ハンターの事だ。」
トーマスさんは貴重な動物で絶滅しそうなんだ!僕達が守ってあげなくちゃ、ラジブ。」
ラジブ「そうだね、トーマスの言うとおりだよ。でも、問題があって…。あの2人を見せるって約束しちゃったんだ。だから、見つけるまで帰れないんだよ。」
トーマス「この辺りをグルグル回っててよ。後は僕が何とかするから!」
虎のハンターA「ホホ~!ほら、急げ!の所へ連れてってくれよな!」
・(BGM)
シャンカール「其れで、如何するんだ?」
トーマス「うん、僕の作戦はね…。」
・(BGM)
虎のハンターA「この木は見覚えがあるぞ。」
虎のハンターB「同じ所を回ってるだけじゃないか。」
ラジブ「急いでくれ、トーマス。何処に居るんだ?」(トーマスの汽笛)
虎のハンターA「よし、居たぞ!」
・(BGM)
シャンカール「ガ~!!」
虎のハンターB「此奴はデカそうだぞ!」
虎のハンターAは俺達の物だ!」
虎のハンターB「そうだな。は俺達のだ!」
虎のハンターA・B「はぁ?」
シャンカール「私にようですか?」
虎のハンターA「おい、どうなってるんだ!?」
虎のハンターBを捕まえに来たんだぞ!」
虎のハンターA「見にだよ。」
虎のハンターB「あっ!見に来たんだ。」
トーマスさんを捕まえるのは禁止ですよ!」
・(BGM)
虎のハンターA・B「あっ!まずい!!早いとこ逃げよう!!」
トーマス「いいや!何処にも行かせるもんが!」
虎のハンターB「酷いじゃないか。」(最後の台詞)
虎のハンターA「なあいいか。此れは誤解なんだって!虎を捕まえに来た…」(最後の台詞)
チャルバラ局長「賢くて勇敢な行動で、よく、私達のを守ってくれたわね。」
トーマス「いいえ、此れも全部、シャンカールの御蔭なんです。シャンカール?」
ラジブシャンカールより見つけるのが難しいな。ハハハハ…!」
トーマス「ハハハハ…!」
・(BGMと虎の鳴き声)

振り返りセグメント
トーマス「何時も沢山の人に囲まれているような場所だと動物達はきっと落ち着いて暮らせないよね。ルークは1頭の小鹿さんと友達になったけど採石場は小さな生き物には煩すぎた。鹿さんが暮らすには、静かで安全なウルフステッド城の公園の方が良かったんだ。ラジブと僕は他の皆と同じように、野生のさんを見てみたかった。でも、さんは余り見つかりたくなかったんだ。其れに、何でもかんでも見つける事が良い事とは限らない!僕達は無理に関わらずそっとして置いてあげる事も、動物が落ち着いて幸せに暮らせる方法の一つだよ。」
クララベル「行きましょうトーマス!!」
アニー「出発の時間よ!」
トーマス「それじゃあまたね!!」
英国版CVトーマス/ナレータージョン・ハスラー
アシマティナ・デサイ
ラジブニキル・パーマー
シャンカールサンジーヴ・バスカー
ヌール・ジャハーン/チャルバラ局長シーナ・バテッサ
アニークララベル/インドの乗客テレサ・ギャラガー
虎のハンターA/インドの乗客ロブ・ラックストロー
虎のハンターB:イアン・マッキュー
米国版CVトーマス/ナレータージョセフ・メイ
アシマティナ・デサイ
ラジブニキル・パーマー
シャンカールサンジーヴ・バスカー
ヌール・ジャハーン/チャルバラ局長シーナ・バテッサ
アニークララベル/インドの乗客テレサ・ギャラガー
虎のハンターA/インドの乗客ロブ・ラックストロー
虎のハンターB:イアン・マッキュー
日本版CVトーマス/ナレーター比嘉久美子
アシマインドの乗客C*5石井未紗
ラジブ小田柿悠太
シャンカール坂口候一
ヌール・ジャハーン森千晃
アニークララベル吉岡さくら
チャルバラ局長/:山崎依里奈
インドの乗客A,B酒巻光宏内山茉莉
虎のハンター金光宣明秋吉徹
シリーズ前回ダックのがっこう
シリーズ次回みえないきかんしゃマーリン
振り返ったエピソード第17シーズンルークのあたらしいともだち
参照画像

*1 厳密には台詞があるのはトーマスの妄想のみで、本人は台詞無し。
*2 そのうち1人はトーマスの妄想内で声のみ。
*3 今回だけで2人1組。
*4 今回の妄想シーンでのトーマスの立場をパーシーに置き換えている。
*5 ノンクレジット。