トーマス

Last-modified: 2021-06-14 (月) 23:06:50

「小さな機関車だって大きな事が出来る!!」

名前トーマス
英名Thomas
性別
車体番号1
70(ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道時代)
車軸配置0-6-0
製造年1915年
来島年1915年
改造1960年(原作のみ)
所属鉄道ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道ノース・ウェスタン鉄道
支線トーマスの支線*1
運用トーマスの支線アニークララベルを牽引するのが普段の仕事。CGアニメでは終点のヴィカーズタウン駅まで走る事も*2。そして時々、観光客スカーロイ鉄道アールズデール鉄道まで案内する事がある。
・稀に本線貨車の牽引を行ったり、アノファ採石場メイビスの仕事を手伝う時もある。
・また、トビーの支線トビーの仕事を手伝うエピソードも存在する。
・そして、局長から特別なお客さんのお迎えを依頼される事がある。
・当初は本線操車場での客車集めと貨車の入れ替えの仕事をしていた。また、局長から支線を与えられた後もたまに本線操車場客車集めと貨車の入れ替えを行い、ゴードンが牽引時に使用する急行客車を押して取りに行ったりする事もある。
・TV版第22シーズン以降は、他国の鉄道の仕事を手伝う為、各国に出張する事がある。
分類蒸気機関車
タンク機関車
スチーム・チーム
レギュラー機関車 
原作初登場巻第2巻『機関車トーマス』第1話「トーマスとゴードン/なまいきなトーマス」
原作初台詞「怠け者、起きろ。僕みたいに働くんだ!」
TV版初登場シーズン第1シーズントーマスとゴードン
TV版初台詞「起きろよ、怠け者!僕みたいにちゃんと働けよ!」
一人称
※一時的
俺(第19シーズンクランキーのクリスマス』)
私(第19シーズンディーゼルのクリスマスキャロル』)
二人称
※一時的
お前(第6シーズントーマスとパーシーとキーキーごえ』、第19シーズンディーゼルのクリスマスキャロル』』)
あなた(第7シーズンファーガスときそく』、長編第4作長編第11作
原作・TV版共通の説明・経歴ノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)の1号機関車。
・ずんぐりむっくりな見た目が特徴的な青い小型タンク機関車で、TV版では主人公の1号蒸気機関車*3
・体は小さいが、愛と勇気は人一倍。
・シリーズ開始時は本線にある大きなの構内で客車貨車の構内入れ替えをしており、自分の不遇ぶりに不満を抱いていた*4
・その後、脱線したジェームスを救出したご褒美として、ナップフォード-ファークァー間を結ぶ支線及び客車アニークララベルを与えられた。
パーシーは大の親友で、自分の支線を走るバーティーとは良き競争仲間でよく競争をする。
・しわくちゃのトーマスの顔が制作されている*5
人形劇とCGアニメでは原作絵本と異なり、主人公並びにソドー鉄道の機関車達のリーダー的存在として位置付けされている*6
・過去の失敗を笑われる*7など大きな機関車からは軽んじられているが、重要な局面*8では主人公の王道に相応な活躍を見せる。
・豊かな空想力の持ち主。
給水塔が故障してしまい、近くの川で水を汲む事になり、偶然その時に釣れた魚が彼を苦しめた。それ以来、彼は魚が『トラウマ』になり、嫌う様になった。
・基本的に局長であるトップハム・ハット卿には忠実だが、稀にトップハム・ハット卿に反抗的な態度を執る場合がある。
性格・少し生意気で悪戯好きだが、同時に仲間思いで優しい機関車でもある。
・明るく元気なやんちゃ坊主で、悪戯と競争とお喋りが大好き、にも関わらず、バーティージェームスマックスモンティと競争した事がある。
・当初は目上の人にタメ口を利く事が多く、短気な性格だったが、話が進むに連れ、現在のように*9素直で心の広い性格になっている。
パーシートビーとは真逆で、プレッシャーに強く、リーダーシップを取る事が出来る、ポジティブ思考の持ち主。
・面倒見が良く、トップハム・ハット卿からの依頼での面倒を見る事も多い。
・何でもこなす器用な一面がある。
・仕事が好きな働き者だが、稀に仕事中に悪ふざけをして、注意されたり、説教される事もしばしば。
・無責任で他人の話をきちんと聞いていなかったり、聞き間違いが多い。また、興奮していると、注意力が散漫になる癖がある。
・たまに責任感が強い所を見せる。
・世渡りが上手い面がある。
・然したまに、アーサー完璧な記録を台無しにしようと暗躍したり、ジェームスを横取りしようとする等、嫉妬深い面が顔を出す。
・時間にシビアな為か時間に厳格な部分があり、特に初期には遅れて来た機関車に文句を言う事もしばしば。また、寄り道をした特別な荷物を見せびらかしたりして失敗する事も多い。
・好奇心旺盛で危機感が少し足りない一面があり、思った事をすぐ口に出す傾向がある。その傾向が原因で、何度か悲惨な目に遭っている。
蒸気機関車である事に対する誇りとプライドは人一倍強く、ディーゼル機関車を馬鹿にする発言をして、ドツボにはまる事がよくある。また、標準軌の機関車である事に対する誇りとプライドも高く、狭軌の機関車を揶揄る面もある。そして、貨車喧嘩したり等、少々負けず嫌いで喧嘩っ早い一面もある。
・騙され易い一面と噂に踊らされる一面がある。
・策士な所がある。
・基本的に勇敢で、レディーディーゼル10の魔の手から救ったりなど、さまざまな活躍もある。
・稀に臆病な一面を見せる時があり、ヒロの森の中で怪しい音に驚き、パーシーロッキー共々パニックに陥った事などもある。
・強がりな一面を覗かせる事があり、怖がる仲間を揶揄うが、実は彼自身も幽霊や怪談等の怖い物が苦手で、実際に遭うと一目散に逃げ出してしまう。
・基本的にアニークララベルの事を大事にしているが、稀に達に悪戯するのが好きなのか、時々、早く走ったり遅く走ったりしてアニークララベルをからかう。
の匂いが嫌いで、雪かきを付けて走るのも苦手。
・小柄である事を気にしており、大きな機関車であるヘンリーゴードンなどに「チビ」等と言われると激昂していた。またその反面、マードックなど自分より大きな機関車に興味を持った事がある。
ジェームスと同様、目立ちたがり屋な一面もあり、時々、自分のボディを見せびらかし、自惚れる時がある。また、写真を撮られるのが好きで、他の仲間が撮られる直前に横入りして脱線させてしまう程である。そして、自分よりトビーが優先されて撮影された時は撮影者文句を言った
・相手が誰だろうと構わず言いたい事ははっきり言うタイプで、他の誰かが優遇されていると不満を持ち、文句を言う。
・スリルを味わう事が好きで、ジェットエンジンが作動して暴走した時はテンションが上がっていた。
原作での経歴・1915年に製造され、1915年にソドー島に来島。
・原作ではシリーズ最初期に入れ替えをしていた駅はヴィカーズタウン駅
・1960年に駅長の家に突っ込んで修理工場に送られた際、原作ではランボードの形状が変更された*10
自分の支線修理作業中の間、エドワードの支線ビルベンと働く事があった。当初はビルベンの悪戯や不謹慎な態度にイライラしたものの、最終的にビルベンとは仲の良い友達になる事ができた。
・ヨーク市のイギリス国立鉄道博物館を訪問した事があり、グリーン・アローと出会って友達になった。グリーン・アローと出会って早々、イギリス国立鉄道博物館での作法を教えてもらった。そして、グリーン・アロー仕事を手伝った際は、からお礼を言われ感謝された。
エルスブリッジ駅の近くでサマーハウスになっていたビクトリアと出会って仲良くなり、彼女と一緒に仕事をする事になった。ビクトリアから見て、彼はアルバートとの共通点が多い」らしい。また、ヘレナと会った事があるらしい。
TV版での経歴・全シーズン登場。
・原作と同様に駅長の家に突っ込んで修理工場に送られたが、ランボードの形状が変更されていない。
第1シーズンでは、ブレーキパイプが太く大きく、他の機関車達の物と異なっていたが、第2シーズン以降は他の機関車達と同じものに変更された。
・彼の来島以前はグリンノース・ウェスタン鉄道の1号機関車として働いていた。
・TV版ではシリーズ最初期に入れ替えをしていた駅はナップフォード駅。配属当時(長編第10作)は他の機関車達の邪魔になったり、貨車にぶつかって荷物をぶちまけたりと失敗ばかりだった。また、先代の1号機関車であるグリンと仲良くなった。
・彼と同じ名前の子供と豚とワニがいる。
パーシーと一緒に郵便列車を牽く事もあるが、昨今はトーマスの牽引する回数が減少し、パーシーの牽引が中心となっている。
・他のレギュラー機関車に比べ、急行客車を牽引する機会が少ない。
・後部の長方形の赤いラインが有るシーズンと無いシーズンとがある。
第2シーズンではナップフォード港建設作業を手伝う為、トレバーを連れに行った。そこでトレバーが真面目に仕事に取り組む姿と自身が連れて来た子供達のお世話をする姿を見て、トレバー「役に立つ牽引車」だと言う事を確信した。また、代理の機関士のミスで、無人走行してしまい、ハロルドに止めてもらった。
第3シーズンでは、ブレーキ車を連結した状態で、アニークララベルを牽引してティッドマス・ホルト駅出発したり、ドームが外れた状態でティッドマス機関庫に戻って来たゴードン笑い飛ばした事や、トップハム・ハット卿から夜間のへ、ドラゴン取りに行く仕事を貰ったり、仕事中貨車達の悪戯によるに浸かる事故に遭うが、エドワードに救助された。
第4シーズンでは『デュークファルコンスチュアートの話』を語った。また、ステップニー友達になった。
第5シーズンではトビーに『戦士の幽霊の話』を語り、トビーを驚愕させた。
第6シーズンアリシア・ボッティを乗せた特別列車を牽引する事になってパーシー嫌味を言ったが、アリシア・ボッティが自分を拒否して、パーシーを指名した事にショックを受けた。
第7シーズンでは無断で自分のを牽引するエミリーを見て、蒸気機関車の方のオリバーと共に彼女泥棒扱いしたが、蒸気機関車の方のオリバーヘンリー助けたのを機に和解して、エミリーと仲良くなった。また、トップハム・ハット卿アーサーマードックを紹介してもらい、2になった。そして、石切場仕事をする事になったファーガスに、ビルベンの悪戯の件で警告した。
第8シーズンでは質の悪いオイルが原因で、体調不良に見舞われたメイビス達の為に、質の良いオイルを採りに走った。また、パーシーの『煩すぎる汽笛』に驚愕して、危うく事故を起こしかけた。そして、ジェームスエドワード皮肉を言った時に、エドワードを庇う発言をした。余談だが、に裏切られたと勘違いして悲しくなり、夜逃げを企てた事もある。
第9シーズンではエドワードから虹に纏わるを聞き、虹の先っぽを探して、ソドー島中を走り回った。その後、シリンダーの調子が悪く、スクラップに対する不安を吐露したエドワードの為に、の分の仕事も請け負った。然し頑張りすぎてしまい、トップハム・ハット卿に注意された。
第10シーズンではバーティー見捨て、「酷い機関車だ」と罵倒された。また、ジェームス仕事を横取りしようと策を巡らせた。そして、ジェームストレバーバルジーと一緒にお祭りを楽しんだり、ジェームスエドワードポスターのモデルに選ばれた理由をヘンリーパーシーと共に解説した。因みに、このシーズンでは本気を出せば、スペンサーの様に高速で走れる事も判明した。
第11シーズンではスペンサーからボックスフォードの家紋を奪取した。その後、給炭所ヘクターロージーと一緒に仕事をする事になったが、ロージーヘクター大声に驚いて逃亡したのを目の当たりにし、ヘクターと腹を割って話した。そして、ヘクターと友達になった。
第12シーズンではパーシー重機の方のジャックアルフィーと一緒にコンサートの準備を手伝った。
第13シーズンではクランキーに力比べの挑戦状を叩きつけたが、クランキー壊れる原因を作ってしまった。その後、パーシー整備工場に行く事になった為、パーシーの代理で郵便配達を請け負ったが、大きく汽笛を鳴らしてメイビスクランキービクターケビンに迷惑を掛けてしまった為、パーシーから「郵便は静かに運ぶ」と教えられた。
第14シーズンでは動物園開業準備を手伝う事になり、キリン飼育員の送迎を依頼されたが、飼育員を乗せ忘れ、エドワードゴードンクランキーに注意された挙げ句トップハム・ハット卿に説教された。その後、サッカーの試合の準備を手伝う事になり、ソドー・ユナイテッドの選手達を乗せた特別列車の牽引を任された。
第15シーズンではバーティーミスティアイランドに誘った。然しバーティーぐらぐら橋で立ち往生した為、ハロルドバーティーを助けて貰うよう嘆願した。
第16シーズンではロッホ城お祭りに興味が無いゴードンに興味を持って貰おうと奮闘した。そして、ロッホ城お祭り用の花火を台無しにした際、ハロルドに電飾を施すと言う苦肉の策を取った。
第17シーズンではトップハム・ハット卿と一緒にヒロ冤罪を着せたディーゼルを説教した。
第18シーズンでは懲らしめる目的で、ゴードンの前を走り、で立ち往生させた。また、エミリー運搬物自慢合戦を行った。そして、1人の身勝手な乗客に腹を立て、乗車拒否を敢行した。
第19シーズンではエミリーソルティーと共に、クリスマスなのに人助けをしようとしないディーゼルに人助けをさせようと奮闘した。その後、トップハム・ハット卿からの依頼でサッカーの試合の準備を手伝うはずだったが、準備そっちのけでジェームスと競争した挙げ句代わりにパーシーに準備をさせてしまった。一応、パーシーが自分の代わりに準備を手伝ったと知らされた時は「マズい」と思ったらしい。
第20シーズンではブラッドフォードと一緒に仕事をする事になったが、ブラッドフォードから貨車の中の荷物の件でいちゃもんをつけられ、ブラッドフォード見捨てる事にした。また、『水車小屋の近くに妖怪が住み着いている』と言う噂をパーシーから聞かされ、トビー共々、怯えていた。その後、エミリーポーターと共に、変顔ジェームスを罵倒したり、マックスモンティと競争したが、悪戯が原因で、不幸な目に遭った。そして、悪戯をきっかけに『マックスモンティと競争はしない』と誓った。
第21シーズンでは、エドワードトップハム・ハット卿と一緒にイギリス本土まで、新しいクレーンを迎えに行った。その後、車体がピンクライラックからガーネットレッドに塗り替えられたロージー褒める発言をして、ジェームスロージーに宣戦布告するきっかけを作ってしまった。
第22シーズンでは花火木箱の貨車を牽引し、エミリーサムソンブラッドフォードレベッカと一緒に花火大会を見物した。また、ロージークランキーブレンダム港に混乱を招いた件で注意を受けた際に彼女を庇う発言をして、ビルベンに冷やかされた。そして、ソドー動物園の暖房器具が壊れた際はソドー動物園の動物を一時的にティッドマス機関庫泊める事を提案した。尚、このシーズンからはたまに海外へ旅行したり、ナレーターの仕事を引き継いでいる。
第23シーズンではバルジーの所為で故障してしまい、バルジー彼のお客を運ぶ事となった。また、レベッカいたずら貨車達の所為で酷いに遭った事やジェームス失敗談を語った。その後、レベッカいたずら貨車達の所為で酷い目に遭っていないか心配し過ぎてしまい、遅れと混乱と生じてしまった。そして、ジェームスパーシー共々、トップハム・ハット卿説教された。
第24シーズンではノランビー伯爵を通じて発明家のルースと親しくなり、ソドー島で暮らす事になったルース探しを手伝った。また、レベッカルースと一緒にを追いかけた。そして、彼と似た模型が登場する。
第10シーズン第19シーズン第22シーズン飛行機になった自分の姿をした事がある。
・人形劇では貨車達描写が目立っていた。
スピンオフ作品で片方の車輪が取れた事がある。
長編作品での経歴長編第1作では思った事を素直に口に出す性格故か、レディーと対面した際に「なんて綺麗なんだ!!」と素直に口に出してしまう。また、レディーを守る為にディーゼル10と戦った。そして、魔法の線路を通ってマッフル・マウンテンへ渡った事がある。
長編第2作ではディーゼルにペンキをぶちまけられ、ディーゼル機関車達と激しく殴り合った。その後、ティッドマス機関庫が使えなくなってしまい、エミリーに頼んでナップフォード機関庫で寝させてもらったが、自身のいびきが原因でエミリーを睡眠不足にしてしまった。
長編第3作ではひょんな事から忘れられた町グレート・ウォータートンを発見した。然しグレート・ウォータートンの復興工事の監督は来港したばかりの[スタンリー]]に獲られてしまった。また、皆がをチヤホヤする様子に嫉妬して、夜逃げしようとした。そして、迷子になった自分を助けてもらった事で、スタンリーと和解して友達になった。
長編第4作ではに放置された機関車をたまたま発見、救助した。
長編第5作では船でメインランドへ向かう事になったが、トラブルによりミスティアイランドへ到着し、ミスティアイランド達との交流を果たす。後に救出された。
長編第6作ではベルの歓迎会に夢中過ぎたのが原因でパーシーと絶交した挙げ句ディーゼル10ソドー整備工場を奪われてしまい、パーシーエミリーケビンと共にディーゼル10に喧嘩を売った。尚、デンダートとは初対面時に脅えたが、後に2と仲良くなった。
長編第7作ではブルーマウンテンの採石場を訪問した際に引き籠り状態だったルークと友達になり、ルークに外の世界へ出るきっかけを与えた。
長編第8作ではウルフステッド城を訪問した際にケイトリンコナーミリーと友達になり、スティーブンと知り合う。
長編第9作ではファークァー線の工事の為、ビルベンの助っ人を任され、ティモシーマリオンと知り合う。また、ジェームス悪戯が原因でパーシーと2回目の絶交をする事になってしまう。
長編第10作ではヘンリーと最初から仲が良い事にされ、ヘンリーが彼を罵倒する場面は全てカットされた*11。また、アニークララベルジュディジェロームを紹介してもらった。そして、ジェームスの脱線事故の後始末をする際に貨車をやや厳しめに注意している*12
長編第11作ではゴードンの客車を脱線させた罰として、ハーウィック線の建設を手伝う。その途中、自身のミスで洞窟に落ちてしまい、そこで海賊船を目撃する。また、スキフと一緒に船乗りジョンの宝探しを手伝ったが、後に船乗りジョンが指名手配中の犯罪者だと知って激怒した。そして、ライアンと一緒に船乗りジョンの逃走を妨害した。
長編第12作ではフライング・スコッツマンからグレート・レイルウェイ・ショーの事を教えて貰い、レースとコンテストに出場したい一心で流線型の自分の姿を妄想したり、ペンキが飛び散ってネオンカラーの様な配色になった。また、ディーゼルと間違われて有蓋貨車(に成り済ましたディーゼル機関車)達に押されてノーマンと衝突したり、空の彼方に飛ばされた。そして、レースで優勝した。
長編第13作ではジェームスからを横取りして、メインランドに行き、そこで製鉄所ペアのハリケーンフランキー実験トリオのマーリンレキシーセオと出会う。然し、フランキーに気に入られた為半ば強制的に製鉄所で働かされる事になった。だが、製鉄所実験を仲良くさせ、製鉄所から帰還した。
長編第14作では魚の無蓋貨車を自身が運搬する筈なのに、ゴードンに罵倒されて立腹した為、仕返しに魚の無蓋貨車を彼の急行客車の最後尾に連結してゴードンを激怒させた。そして、エースと知り合い、エースと競争したのを機に世界一周の旅に出る。但し、ブラジルを訪問した時は『YouTube World Tour』とは正反対で、サンバのリズムに難色を示した。
・長編第15作ではイタリアへ出向き、ジーナエスターと交流を果たし古代遺跡の発掘を手伝った。また建設現場を手伝う為、イタリアに『建設チーム』が来た時は驚いていた。その後、鉱山で迷子になっていたロレンツォベッペを救出した。その後、ソドー鉄道で起きた生き埋め事件に巻き込まれたパーシースチーム・チームと共に救った。
その他の経歴・『YouTube World Tour』ではアニークララベルではなく、の支線客車を牽引していた。また、ブラジル訪問した時はサンバのリズムにノリノリだった。そして、日本訪問した時に日本語の挨拶・「こんにちは」を覚えた。
・『Aussie Football Adventure』ではパーシーエミリーと一緒にオーストラリア旅行に出かけ、ラグビーの試合にも参加した。
4-D作品ではクランキーの手痛いミスの所為で、酷い目に遭う。
木製レールシリーズのオリジナルエピソードではサムローガンと出会い、と友達になった。そして、メインランドに帰る事になったサムローガンエドワードパーシーと一緒に見送った。
・『きかんしゃトーマスととらのトーマス』ではサファリパークからの依頼で、逃げたを連れ戻しに行った事がある。そして、を連れ戻した後で、サファリパークのスタッフからを連れ戻した功績を讃えられ、サファリパークのに『トーマス』と名付けられた。
モデルクラスE2蒸気機関車ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道
出自・上記の通り、1915年にロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道にあるブライトン工場で製造*13され、当初その鉄道で働いていたが、クリストファー・オードリー氏が2005年に出版した自身の著書『Sodor:Reading Between The Lines』によると「第一次世界大戦中にロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道で働いていたトーマスは戦争の混乱により手違いで1915年にソドー島に送られてしまったが、その後トーマスの機関士その助手がそれぞれの女性と結婚してこの地で生きていく事を決意した為、トップハム・ハット卿はトーマスをノース・ウェスタン鉄道の一員とする事に決め、名目上の僅かな料金を払いトーマスを購入した」と書かれている事から、トーマスは製造されてすぐにソドー島に送られた訳ではない。
登場の経緯・原作者のオードリー牧師が息子のクリストファーへのクリスマスプレゼントとしてエドワードの玩具を木で製作した*14際、クリストファーゴードンも作ってくれとせがんだ。然し材料不足だった為、牧師は代わりに小型タンク機関車を製作し、クリストファーがこれを『トーマス』と名付けた。
・後にトーマスを原作第2巻『機関車トーマス』に登場させる事になり、レジナルド・ペインが挿絵を描く際、玩具のトーマスをそのまま使うのは無理がある為、オードリー牧師はクラスE2をモデルに選んだ。また、ウィルバート・オードリー氏が描いたラフスケッチはGNRクラスJ23に酷似している*15
その他・モデル機のクラスE2は1913年6月から1916年10月までに10台以上が製造されたが、1962年にBRクラス07が導入された事により、1961年12月から1963年4月までに全車両が廃車された為、現存していない*16
・本来のロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道でのクラスE2のカラーリングは茶色なのだが、長編第10作ではオードリー牧師が作った玩具トーマスを参考に、の車体になった*17
・MCU映画の『アントマン』では主役のアントマンを跳ね飛ばす玩具役で登場した。
・字幕放送では彼のセリフは主人公を表す黄色のものが使用されている。
玩具プラレール
トラックマスター
バックマン
しゅっぱつしんこうシリーズ
トミカ
木製レールシリーズ*18/ウッド
Take Along/テイクンプレイ/アドベンチャーズ
・ねんどろいど
英国版CVベン・スモール長編第4作-第18シーズン
ジョン・ハスラー長編第10作-第24シーズン
当初の予定
ケリー・シェイル長編第4作
米国版CVマーティン・シャーマン長編第4作-第18シーズン
ジョセフ・メイ長編第10作-第24シーズン
英米版CVエドワード・グレン長編第1作
当初の予定
ジョン・ベリズ長編第1作
日本版CV戸田恵子第1シーズン-第8シーズン
比嘉久美子長編第2作-第24シーズン
参照画像参照はトーマス/画像
エドワード

*1 TV版では一時ノランビー線ハーウィック線で働いていた時期がある。
*2 普通列車に当たる仕事。
*3 長編第10作の来島直後は車体番号は70番だった。
*4 長編第10作では外の世界=駅の外に憧れていた。
*5 第1シーズントーマスとさかなつり』、『トーマスとバーティーのきょうそう』でパーシーの顔になっていた。
*6 ブリット・オールクロフト女史曰く「車体番号『1』が主人公に相応しい」
*7 置き去りにする、乗客無理矢理降ろす等。
*8 に放置された機関車助けるディーゼル10に奪われたソドー整備工場奪還するレース出場して優勝する等。
*9 声優交代後によるもの。
*10 それまではボイラーの前に当たる部分がややカーブを描いて垂れ下がっているのだが、改造後は先端まで同じ高さになっている。
*11 エドワードは彼にヘンリーを「優しい機関車」と言って紹介していた。
*12 因みに、第1シーズン貨車喧嘩した
*13 長編第10作にて言及。
*14 尚、この木で製作した玩具のエドワードは2019年現在、行方不明となっている。
*15 サイドタンクの形状など。
*16 因みに、BRクラス07はソルティーのモデルにあたるディーゼル機関車である。
*17 因みに、車体番号の『70』も原作出版70周年を迎えた事に由来するものだと思われる。
*18 最初に登場した試作品では車輪がになっていた。