すごく…大きいです…

Last-modified: 2020-12-10 (木) 18:46:18

概要

「すごく…大きいです…」とは、「くそみそテクニック」という男性の同性愛を描いた漫画に出てくるセリフ。
文脈としては、「ところで 俺のキンタマを見てくれ こいつをどう思う?」「すごく…大きいです…」という会話。

波及

「凄く○○です……」という発言は現代でもなされることが多い。構文化してしまったせいで元ネタがあまり知られていないものの一つ。

背景

元ネタの「くそみそテクニック」は山川純一氏*1による作品であるが、
当時、まだ同性愛はマイノリティとしてすら存在を十分に認知されていなかったように思う。
そういう意味で、何故かネットで広まってしまった氏の作品は見た人にとって衝撃的だったのではないかと思われる。
しかし、ヤマジュン語録を使っているからといって(恐らくほとんどの人は)同性愛嫌悪によってそれを使っていたのではないと思う。
2020年末風に言うなら、レ♂語録や淫夢語録を使っているからといって別にゲイが嫌いなわけではないのと同じことである。
氏のセリフ回しの独特さや、語録としての汎用性の高さの方がインパクトとしては大きかったと思いたい。
(ヘイトがどうとか言われそうで怖いので念の為書いておくが、私はレズビアンである。単に当時の雰囲気の記憶を記述している)

他の語録

よかったのかホイホイついてきて。俺はノンケだってかまわないで食っちまう人間なんだぜ?やらないか?等。
また、ヤマジュン作品の中でも、この作品のタチである阿部高和は特に有名であり「阿部さん?」の名称で親しまれている。*2


*1 通称ヤマジュン、彼の他の作品はヤマジュン作品とも
*2 下の名前は今検索して知ったくらいに「阿部さん」という呼称が一般的である