コラム

Last-modified: 2021-04-03 (土) 11:25:42

Everything Hurts攻略


Everything Hurts
MeltingでRhino SkinとStrong Spiritsの両方を取得せずに最終ボスを撃破。

最大体力が2のまま、さらに即死に対するフォローも一切無しという高難易度実績。

概要

前述の通り、ほぼ全ての攻撃でリトライ直行。精密な操作が要求される。
The Throneを撃破すれば解除。ジェネレータは破壊しなくてもいいが、それでも難易度は高い。
数ある実績の中でも屈指の難易度だが、適切な武器とMutationを選択することである程度楽になる。

武器・Mutation




近接武器
壁が無い場所で敵弾を回避するときに有効。メインで使うならLong Armsは必須。
敵を殴る時は接触ダメージと至近距離の射撃に注意して接近すること。
初期装備をGoldenWrenchにしておけば、武器運が無くても1面のScorpionや3面のBigDogの弾幕にある程度対処できる。

Boiling Veins
このプレイでは常にHP4以下なので、取得すれば火炎と爆発が完全に無効化できる。
FireTrapやSalamander、Lil Hunter落下時の火炎放射、
3面と5面に散在する廃車、SniperやSnowTankの自爆など、防げるモノは多い。
Explosive武器のデメリットが無くなるのも強み。爆発範囲が大きすぎるStickyLauncherやNukeLauncher、
壁に誤射して自爆する危険があるBazookaなどの武器を躊躇せずに使える。

Gamma Guts
2面のRatsは完全に無力化できる他、Scarier Faceも併せて取得しておけば、6面のFreakも無力化できる。
2面と6面の難易度を格段に落とせるので取得しておきたい。

Euphoria
異常な弾速で狙い撃ちしてくるLil Hunterや恐ろしい密度の弾幕を展開するThe Throneなど、要所で有効。
速度が落ちた敵弾は近接武器でまとめて弾きやすい上、回避もしやすくなる。

Impossible攻略


Impossible
Chickenで首無し状態でNuclear Throneに座る。

The Throneを撃破して玉座に着く際に首無し状態であればOK。
そしてThe Throneは倒すと大爆発する。

つまり…

つまり…
The Throneを倒した後、わざと近寄って爆発に巻き込まれれば良い。
完全に死ぬ前に椅子の位置へ行くことを忘れずに。

実績名はImpossible(不可能)だが、The Throneを倒せる腕前さえあれば誰でも狙える。
強いて問題を上げるとすればBoiling Veinsの取得が制限されることくらいか。
Way Of The Chicken(Chickenでハードモードの2-1に到達)のほうがはるかに難しいような…

ハードモード攻略

Mutations皆無の状態から無数のサソリとハエとその他諸々に囲まれるモード。やっていくうちにMutationsの強さが嫌と言うほど理解できるだろう。
一番難しいのはまともなMutationsと武器が無い序盤だが、中盤以降も非常に難しい。少ないMutationsと貧弱な武器、不足する弾薬をいかにしてやりくりするかがポイントとなる。
さらに実績「Good Riddance」はCrown of Gunsを装備した時のみ7-2 H1以降に出現するGolden武器が条件になるため、ただでさえ厳しい弾薬問題がさらに厳しくなる。

ハードモードの詳細はゲームモードを参照。

敵(エリア1)


Sniper
大量の敵を盾にして回避困難な超速3way弾を遠距離から撃ってくる。
確認次第対処したいが、遠くに居る場合は壁を盾にしながら少しずつ距離を詰めるしかない。

Scorpion
マップを大量の緑弾で埋め尽くす。ハードモード1面はずっとこいつらの弾幕に悩まされることになる。
上位種であるGoldenScorpionもいつもより多く出現、高難易度化に拍車を掛けている。

Giant Fly
高い接触ダメージと高い体力を持ちながら優先的に接近してくるので最優先で撃破するべき。
Maggotを射出するのも厄介。弾速が早いので回避が難しく、体力をジワジワ削られかねない。
Assault RifleやPop gunなど連射速度のある武器で押し退けるのが一番安全。



I.D.P.D.Elite
Gruntは1-1、InspectorとShielderは1-2から出現する可能性がある。

InspectorとShielderは周りに他の敵が居なければ対処は楽。
Inspectorは飛び道具を持たないので通常のInspectorより倒しやすいかもしれない。
Shielderのプラズマは着弾時爆発するので壁際に寄らないよう心がけよう。

Gruntは他2種を差し置いてぶっちぎりで危険。他に敵が居なくてもコイツ単体に殺される危険すらある。
速くて攻撃が当てづらいのに硬く、攻撃も激しいという三重苦。
おまけに射線が通っていないとBazookaをぶっ放してくるため、中途半端に隠れると余計危険。
ポータルの位置を狙って出現した瞬間にクロスボウやグレネードを叩き込むと体力を削りやすいが、I.D.P.D.は2つのポータルから別々に出現するので運が悪いと外れる。更に運が悪いと1-1でGrunt2体とか平気で出現する。

Big Bandit
2周目仕様で2体出現する。ループ強化の影響で行動の間隔も短縮されているので、射撃や突撃の隙がほぼ存在しない。
秒殺しようにも1体あたりの体力もまた強化され硬くなっているので火力が足りないと厳しい。
突進中が一番攻撃を叩き込みやすいので狙いたいが、油断するともう一方に撃たれるので注意。
こいつの撃破が一つの山場となる。

エリア別攻略

1-1

前述したように、このエリアはMutations皆無の状態での突破を強いられる。
ScorpionやSniperの射撃に対処するために何らかの近接武器は持っておきたい。
リトライの度に毎回このエリアからやらされるので覚悟しよう。

1-2

このエリアからGolden Scorpionが出現する。
見合うMutationsを取得できなければ1-1以上の地獄になる。

Crown Vaultを経由すると武器テーブルが進み*1、Crown所持時はProto Chestも開けることが出来るため、可能であればProto Statueを攻撃してProto Portal(緑ポータル)に入っておきたい。
逃げに使う場合も敵が多いので起動は容易だが、起動中にI.D.P.D.Eliteが出現する危険もあるので考慮しておくこと。

Crown Vault

Crown of Gunsを保持する場合、Crownの置いてある場所に行かずにCrown Guardianの隠れている柱を壊す必要がある。*2

1-3

一定数の敵を撃破するとBig Banditが2体出現。
弾や突進を安定して回避できるスペースがなければ秒殺するかされるかの戦いになる。
突進に合わせて近接武器を当てて多段ヒットさせられれば倒しやすい。

2-1以降

2-1

Momが出現。
どんどん増えるToxic Ballguyがとにかく厄介。またToxicガス弾で遮蔽物を壊していくため、敵配置・武器・Mutationsによっては詰むことも。
大量の弾を吐き出すSuper Fireballer・視野の外から反射できないレーザーを放つLaser Crystal・即死級の散弾をいきなり撃ってくるBuff Alligatorなども危険。

Explosive武器がある場合、武器テーブルを進めるため2-?に入るのを忘れずに。

3-1~3-3

とにかく大量のSniperに狙われる。
こちらに向かってくるRavenを安全な場所から少しずつ処理していき、近接武器の反射などでSniperを片付けていきたい。
2-1までと比べると相対的に楽といえるので、落ち着いて対処していきたい。

4-1

Hyper Crystalが出現。
攻撃や敵の密度自体は序盤のボスより控えめだが、無限に湧くLaser Crystal含めとにかくHPが高い。
特にCrown of Guns所持時は一個の武器だけではどうしても弾切れしてしまうため、別の弾薬を使う武器に持ち替えて削り切りたい。

視界の外から突っ込んでくるExplo Freak・2-1~3-3にもいたBuff Alligatorには注意。

5-1~5-3

追加で湧くようになったDog Guardian・射線が通るといきなり弾幕とミサイルを撃ってくるGolden Snow Tankが非常に危険。
Freakを召喚してくるNecromancerも地味ながら厄介。
敵の多い大部屋でLil' Hunterと戦うのは危険なため、なるべく袋小路におびき寄せたい。

6-1

Technomancerが出現。
安全策を取ればなんとかなっていたこれまでとは逆に、攻めなければ大量のFreakに圧殺されてしまう。
Gamma Guts+Scarier Faceが揃っていればFreakは怖くなく、Technomancerも上に乗っているだけで倒せてしまう。
そうでなければAuto Crossbow+Bolt Marrow・Lightning Hammer(Crown Vault等を経由していた場合)などで無理やり突破するしかない。

7-1~7-2

大量に湧くDog Guardianがとにかく危険。
Explo Freak・Jungle Bandit・Sniperといった追加で湧く連中も厄介なため、近接武器を振るタイミングは見極めたい。

キャラクター


Crystal
体力10とシールドが地味に効いてくる。それでもGiant Flyの接触とAssasinの攻撃(どちらも5ダメージ)は痛いので優先して倒すこと。

Y.V.
攻撃ディレイ-20%がハードでも単純かつ強力。近接武器で敵の攻撃を凌ぐにはうってつけ。
Y.V's Cribの巨大武器箱から実績「Good Riddance」の対象となるGolden武器が出る可能性がある。

Plant
狂った挙動で攻撃を避けるElite Grunt、早くて硬い上に接触が痛いGiant Flyとそれから射出されるMaggots、突進直後にさらに突進を仕掛けてくることのあるBig Banditなど、ハード序盤で厄介な敵の半分ぐらいをトラップで固めて対処できる。

Steroids
火力不足が深刻なハードモードで実質火力2倍は強く、近接武器で弾を消しつつ遠距離武器で敵を攻撃する・Throne Buttで不足しがちな弾薬を補充するといった動きが強い。精度が悪いデメリットも敵が多いため緩和される。

Robot
開始直後にShovelやTripleMachinegunを入手できる。
ノーマルモードだと無駄弾の多さから使い所が限られるTripleMachinegunも、そこら中硬い敵だらけになるハードモードでは頼もしい火力を発揮してくれる。
序盤突破後も、ハードモード特有の武器レベル進行速度低下をパッシブスキルである程度打ち消せる。
実績「Good Riddance」を狙う場合、武器食べによる弾薬補給・HP回復が便利。

Chicken
Chicken Swordは火力が心許ないので、Golden武器でのスタートを推奨。オススメはSplinterGunかPlasma。
最初の武器3つのうち必要ないものは24ダメージの投擲物として有効活用させてもらおう。
2-1までたどり着けばB-Skinを解除できる。

Mutations


Long Arms
Big Bandit・Dog Guardianを多段ヒットで瞬殺するのに使える。
それ以外の敵・状況でも汎用的に役立ち、特に弾薬を節約したいCrown of Guns装備時は最重要となるMutations。

Hammerhead
部屋・敵の配置によっては壁が掘れないと(特に5-3は)詰む場合もある。
近接武器との連携で弾薬消費を抑えつつ安全に敵を倒せるのも心強い。

Trigger Fingers
強力だがディレイの長い武器・一回でも多く振り回したい近接武器との相性が良い。

Strong Spirit
即死攻撃に一回だけ耐えられるようになる。
事故死防止には役立つが、大量の弾・敵相手にジリ貧の場合はあまり役に立たない。
序盤はジリ貧を防ぐ方向でMutationsの選択をしたい。

Bloodlust
敵が多く発動・ドロップを期待しやすい。
Crown of Guns装備時はRabbit Pawが腐りやすいため、このどちらかを取りたい。

Second Stomach

Gamma Guts
Gamma GutsはMaggot・Small Green Ratを無視することが出来、Technomancerの瞬殺も可能。
Scarier Faceは雑魚・ボス問わず効果があり実質汎用的な武器強化となる。
両方あればFreakも接触で一撃になるため6-1が非常に楽になる。

Scarier Face

Boiling Veins
Elite Grunt等の一部即死級の爆発攻撃に耐えられるようになる。
弾薬消費が少ない代わりに自爆の危険があるExplosive武器を使う場合も欲しい。

Bolt Marrow
4-1 H1以降の敵ドロップで出るAuto Crossbow等のBolt武器を強化する。
Plasma Cannon・Lightning Hammerといった強力なEnergy武器はRobot以外の敵ドロップだと7-2 H1からしか出ないため、H1中盤を突破する確率を上げるのであればBolt武器強化を優先したい。

Stress
HP2~3まで減るとBig Banditの弾幕をGolden Wrenchで跳ね返し続けられる。
1-3の詰み配置を無理矢理突破したい場合の最後の望みに。

開始時に装備・開始前に準備する武器


Golden Wrench
ディレイが0.60秒と短く範囲もそれなりにある近接武器
敵の攻撃を反射・かき消すには最適。

Golden Splinter Gun
Splinter Gunより1本多くボルトが出る。
単純なダメージの高さだけでなく、広範囲攻撃で多くの敵を倒せるのも魅力。

Golden Grenade Launcher
Grenade Launcherより弾速・飛距離が長い。
自爆の危険はあるが火力の高さと範囲攻撃は魅力。

Golden Plasma Gun
Plasma Gunより弾速が早く精度が高い。
消費が2と多いため、ピンポイントで使っていきたい。

Gun Gun
Crown VaultのProto Chestに入れるための武器。
使ってからProto Chestに入れると何度でも使える。
1-2でもAuto Crossbow・Plasma Cannon等を狙える。
Energyを消費するため、出たEnergy武器と交換するかはもう一方の武器による。
Crown of Gunsを装備中の時のループ後に出現するため、Crown of Gunsの練習にもなる。
ごく稀に実績「Good Riddance」の対象となる武器が出る。

*1 Crown Vaultと2-?のうち2ヵ所に入ればRobot以外でも6-1の敵からLightning Hammerがドロップする。
*2 Crownを取ってしまった場合、Crownを外すかLoop後のCrownを取るかの選択肢かできないため。