用語集/か行

Last-modified: 2020-01-21 (火) 17:39:17

 
 

Edit

 

海賊版 Edit

権利者の許可なく製品を複製した安価な違法商品のこと。違法複製品、違法リキャストとも呼ぶ。
キャストドールの多くは素材の縮小率を計算して原型が作られており、海賊版はそれを考慮されていない。
よって、素材特性による「ヒケ」と呼ばれる3~5%の収縮や、歪み・ズレが起こりやすく、細かい 凹凸のモールド(造形)が 甘くなる傾向がある。
つまり、正規品とは似ても似つかない粗悪品が多い。
見かけても購入しないように心がけ、あるいは各省庁の海賊版対策サイトに相談/通報しよう。

 

カスタム家 Edit

CUSTOMHOUSEの別称。

 

画像マジック Edit

公式の写真と届いた商品との落差が激しい場合に使われる言葉。
画像のクオリティは高いが現物はそれほどでもないときにも用いられる。
写真と届いた商品との差異が小さいときは、商品や画像の出来に関係なくこの言葉は使われない。

 

高級な機材、画像ソフト、奇跡の瞬間、プロのカメラマンなどを利用した写真・画像に起こりがちであるが、
人形においては主に以下の原因が考えられる。

  • 人形を撮影しているアングルが限られ、ほかのアングルからの見た目や全体像がつかみにくい。
  • 肌を白く見せようと露出をオーバー気味にした結果、顔の起伏、メイクがわかりにくい。
  • 画像ソフト処理が過剰なため、メイクのグラデーション、コントラストが写真と実物を見た目とで異なる。
  • 肉眼の特性から大きく外れた望遠・広角のレンズを使用したため、見た目に対して平板またはゆがんで再現されている。
  • 神メイクを施した人形を見本にしているのに対して、商品の人形のメイクがその域に到達していない。
 

購入したい人形のメーカーにこの言葉(噂)がよく使われている場合には、
画像マジックを起こしやすい撮影スタイル・画像処理の傾向をもともと持っている可能性があり注意が必要。
回避するには、公式の写真だけでなく個人サイト・情報サイト・アップローダ・オークション等の写真と比べることによって
人形の形状やメイクをきちんとチェックするのが効果的である。

 

反対に、写真がそれほどでもないのに現物が良い現象は逆画像マジックと呼ばれることがある。

 

カブリ Edit

空気中の水分が塗料に混ざり、あるいは付着して、つや有り塗料なのにツヤがなくなったり、
白くくもった状態になること。
梅雨どきにコンプレッサーを使ってのエアブラシ塗装やクリアーコート作業では多少湿度に注意したいところ。
メイク支障によるDream Of Dollの発送遅れが過去あったが、梅雨どきであったことから
これによる不良を避けたものと思われる。

 

カラースプレー Edit

塗料を噴射ガスとともに入れたスプレー。カラーとはつくものの、当然クリアーも含まれる。
手軽に塗装ができるが、寒いときや続けて使用するとガスの圧力が下がりうまく塗装できなくなることも。
ただし加熱は厳禁、ガスが急に膨張して破裂のおそれがある。せいぜい人肌まで。
屋外かそれに近い環境での使用を勧める。 換気は十分行うこと、さらにシンナーは可燃性のため火気厳禁。
それに加え,石油ファンヒーターでは塗料の粒子を吸いこんで故障の原因となることがある。

 

ガレージキット Edit

元来は個人レベルで少量生産する模型の組み立てキットのことを指すが、
同様の手法でメーカーが比較的多量に生産するキットも含めて呼ばれている。
少量生産のため設備や金型を使わず、模型原型をシリコーンゴムで反転して型を作り、
ウレタン樹脂やその他の樹脂の原料を流してパーツを製作する。
キャストドールもこの手法で生産され、パーツのままから、組み立て済、エステメイク済まで
さまざまな状態で販売されている。 従って時には、ガレージキットと同じくらいの
工作スキルが要求されることがある。

 

鉗子(かんし) Edit

はさみのような形状の道具で 物をつかんだり牽引した上で、引き締めた状態のまま、仮抑えするためのに使用する器具の総称。
金属製のものが主流。外科手術に用いる医療器具の一種の名称として使われることが多い。

 

ドールの組立・分解作業においてはテンションゴムを挟んで一時的に保持するのに使用する。
ボークスの店舗で扱っているほか、東急ハンズや手芸用品店、ホームセンターなどでも入手できる。
1つ持っていると大変便利だが、入手できない場合はバネの強い目玉クリップなどで代用可能な場合も。

 

なお、「鉗子」という名称はあまり一般的でないのか、ホームセンターなどで「鉗子」と言っても店員に「?」という顔をされることがある。
ちなみに、東急ハンズでは 「 はさみ みたいな形の道具 で ゴムひもやチューブを挟んで固定するもの 」 と説明した結果、「 あ~、クランプですね 」 と言われました。
ドイツ語では クランプ clamp 、英語では フォーセップ Forcep または シザープライヤ scissor plier と呼ばれる。

 

関税 Edit

外国から輸入される貨物に対してかかる税金。
個人輸入の場合、商品価値が1万円以上だと関税がかかるとされているが、1万円を超えていても徴収されない場合もあり、基準はやや曖昧。
商品がEMSで送られてくる場合は、税関にかわって郵便局の配達員が徴収する場合がほとんどと思われる。
一口に関税と称するが、中味は正味の関税、消費税、通関手数料にわかれる。
額の算出の規定はあるものの減額、免除の制度もあり、一概にいくらとは言いがたい。
( 大まかには、商品代金×0.11+200円を用意しておけば、だいたいの場合はおつりがくるはず )

 

詳しくはよくある質問関税がかかるのはどんなとき?も参照のこと。

 

顔料 Edit

水や溶剤に溶けない微粉末状の着色剤。 ビヒクルに分散(混合)して、塗料や絵の具として用いる。
いったん塗膜が形成されると顔料は塗膜内に固定されるのでパーツへの色移りはしくにいが、
メイク落としの際、パーツ表面の微小なへこみに残留し完全に落とし切れないこともある。
なお、水や溶剤に溶ける着色剤は染料と呼ぶ。

 

ホビー用塗料の 紳士色 ( Mr.COLOR )はその多くは顔料系塗料であるが、クリアーオレンジ、クリアーレッドなどの
着色されたクリアーは染料系塗料と思われる。

 

Edit

 

Edit

LeekeWorldが販売しているJoyドールのこと。
2chではしばしば「喜」と略される。

 

キャスト Edit

本来は鋳造(型に材料を流し込んで固める)製法のことを指す。
ホビー用材料としてウレタンキャストという名称が広まり、後にキャストと省略されたため、
ここではキャストドールという呼び名をウレタン樹脂製ドールと同義として扱う。

 

キャスト臭 Edit

(特に製造直後の)ウレタン樹脂から発せられる、主に有機溶剤キシレンのにおい。
キャスト内部から徐々に揮発していくので、においは弱くなっていく。
気になる場合は風通しを良くしておくのがお勧め。
余談だが、最近はキシレンを含まないウレタン樹脂原料も用いられるようになった。
また、キシレンとは異なる~欧州のウレタン樹脂モデルと同じ~においのする韓国製キャストドールの
存在が確認されている。

 

キャスト斑 Edit

主にLeekeWorldのヘッドの鼻の色ムラとして問題になった品質不具合。
2液硬化型ウレタン樹脂の混合不良の原料が、鼻先にたまったまま硬化したものと推定される。
改善に向かっている模様だが、製造条件の変化によっては再発のおそれがあり注意が必要。

 

球体関節人形 Edit

英語表記は Ball-Jointed Doll(s)、頭文字を取ってBJDとも略される。
人形ボディの関節部に球体を組み込むことで、多彩なポージングが可能となった。
第一人者としてドイツ出身のアーティスト ハンス=ベルメール氏の作品が挙げられるが、
日本には澁澤龍彦氏が紹介したことで広まることとなった。
キャスト製球体関節人形においては、主に日本や韓国メーカーが多いことから、
英語圏ではAsian Ball-Jointed Doll(s)、略称ABJDと呼ばれている。

 

旧暦 Edit

日本でも過去に使われていた、月の運行を元にした暦。太陰暦。
現在も中国と韓国では暮らしの中で旧暦に基づく習慣が根付いているため、日本人からは思いもかけぬ日にショップが休みだったりすることもある。
例えば旧暦の正月は太陽暦の1月下旬~2月(春節)にあたるので、中国では1月の終わりから2月中旬に2週間前後休み、韓国は3日ほど休むことが多い。
その前後は国際貨物の出入りが激しくなり、日本でも国際貨物の輸送遅延が発生するため要注意。

 

Edit

 

クリアーコート Edit

パーツ表面にツヤ消しクリアーを塗装をすることであり、次の役割がある。

 
  • 表面のツヤ消しの状態を均一に整える。
  • パーツとメイク用塗料の間に一皮おくことで、メイクを落としたときパーツ表面に
    顔料が残るのをを防止する。
  • UVカットクリアーの場合、紫外線によるキャスト黄変の進行を遅くする(効果未検証)
 

そのほか、メイクの上からクリアー塗装してメイクを保護する場合もあるが、
このときはクリアーで溶けにくいメイク塗料を使っていることが望ましい。
(例えば、メイク塗装・クリアー塗装ともラッカー系の塗料を使用すると、両者に含まれる溶剤が同じため、
クリア塗装によってメイクがにじんだりする恐れがある)

 

GSIクレオスのUVカットクリアーは、使い方によって表面に粉がふくことが判明。
UVカットクリアー塗装の上への、石油系弱溶剤(エナメル系塗料の溶剤など)の使用は推奨しない。
(例えばリップをエナメル系クリアー塗料でテカらせる、などが近似するが発生状況は不明)

 

UVカットクリアーの粉状白化物発生について : http://www.mr-hobby.com/home2.htm

 

2007年4月、クレオスより改良版のUVカットクリアーの販売が開始。

 

クッション材 Edit

人形を保護するためのクッション。布団とも呼ぶ。
参考画像はこちら⇒クッション材

 

クランプ Edit

鉗子の別称。

 

Edit

 

ゲート Edit

ウレタン樹脂を型に流す際に、パーツとなる空間へウレタン樹脂原料が入る口と、樹脂の換わりに
空気が出る口の部分を指す。 型が1つしかない、いわゆる片面取りでは時にゲートは不要。
注型後はゲートおよび樹脂/空気の通路もウレタン樹脂で満たされパーツと一体で硬化するため、
パーツと通路部分を切り離す作業が必要となる。
元々ゲートがあった場所で、その不要部分を削った跡をゲート跡という。

 

ケンの手 Edit

 

Edit

 

口座あて送金 Edit

郵便局の国際送金サービスの1つ。
相手の郵貯口座番号とともに、相手の住所の記入が必要なので控えておくとよい。
詳しくはこちら⇒口座あて送金

 

 

ここに追加すべき用語を書き加えてください ( よく質問される用語、知っておくと便利な用語など ) 。
うまく説明できないときは、追加候補の用語だけ入れていただいても結構です。それに対しては説明できる人が説明を追加してください。
Pukiwikiの操作に自信がない方は、下のコメント送信欄を使っていただいてもOKです。


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White