Top > 【フォン】


【フォン】

Last-modified: 2018-12-11 (火) 16:47:57

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 Edit

【ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章】の登場人物。コミックCDでの声優は鈴木みえ。
かつて勇者【アレル】と共に大魔王【ゾーマ】と戦った聖戦士の一人で、先代勇者一行の紅一点。
 
【カザーブ】の近くにある武闘家の里出身。
まだ少女と言えるほどの年齢であるが、里では彼女にかなう者はいなかった。
自分の力がどこまで強いのか試したくなった彼女は外の世界に目を向け、アリアハンの【ルイーダの酒場】を訪れる。
しかし当時のルイーダの酒場はガラの悪い酔っ払いがたむろする場でしかなく、彼女の目にかなう者はいなかった。
未熟だった僧侶【カダル】を嘲笑するような質の低い冒険者しかおらず、失望した彼女は記念に酒場で一番強い者をぶちのめして故郷に帰ると宣言。
そこで登場したのは戦士の【フルカス】であったが、明らかに人間のものではない「気」を発していたことから
戦わずしてモンスターであると見抜き、正体を現した【デスストーカー】に対し、「相手にとって不足はない」と戦いを挑む。
さすがに殺人鬼族最強モンスター相手では分が悪かったが、たまたまその場にいた僧侶カダルに助けられ逆に攻勢にかかる。
そこに現れた本物のフルカスがデスストーカーを一刀両断、事件は解決。
3人で酒場で談笑していたところに勇者アレルが訪れ、運命の出会いを果たした後にフルカス、カダルと共に旅立つことになる。
 
最終決戦では、ゾーマの氷系の攻撃に晒された後、回復後に怒りに任せて反撃に転じゾーマの脳天に一撃を加えたり、特に戦力の増強手段をとった様子もなく蹴りでの一撃でゾーマの角をへし折る(たぶん会心の一撃)などなかなかの活躍を見せている。
デスストーカーに臆することなく対峙する様やゾーマへの怒りの一撃を見るに、女性ながら勇猛かつ勝気な性格であることがうかがえるが、ゾーマ打倒後には感極まって涙ぐんだりと、女の子らしい一面も見せている。
 
ゾーマ戦後は拳王の里に戻り、自分の力をさらに高める修業を始める。
元々素質があった「気」の力に注目して実戦レベルまで高め、【波動拳】という奥義を編み出すに至る。

100年の後にサーバインの襲撃により里を滅ぼされるという悲劇に見舞われるが、
唯一の継承者となった子孫の【ヤオ】が拳王として活躍することになる。