【作業台】

Last-modified: 2020-01-10 (金) 04:20:47

概要

DQBシリーズに登場する道具。
作業するための台という名前の通り、各種アイテムの作成はここで行うことになる。

DQB

作業台の近くで決定ボタンを押すと、作成するアイテムを選ぶことになる。
手持ちや【収納箱】【大倉庫】、知られざる大倉庫のいずれかに作成に必要な素材があればアイテムを作成できる。
なお、アイテム作成の際は時間が停止するので、アイテムを作ろうとして敵に攻撃されるといったことはない。
アイテムは作成すればすぐ入手できる。
また、特定の【部屋】を作成すれば住人も作業台でクラフトしてくれる。
 
作業台は拠点に必ず特定の1種類のものが用意されており、拠点外でも特定の場所に置いてあることがあるほか、別の作業台から作成することが可能なものもある。

DQB2

調理系の作業台や【炉】系統など、一部の作業台はアイテムを作成するのに一定時間必要になるようになった。
また、調理系の作業台は作成するアイテムを選ぶのではなく、投入する素材を選択するシステムに変更された。
要するに…PS版DQ8の【錬金釜】みたいなものか。

本作ではアイテムを作成しようとしている間も時間が止まることはない。
敵に攻撃されるとアイテム作成が一からやり直しになってしまうため、周りに敵がいないかどうかも確認しておきたい。
時間が停止しなくなったのはマルチプレイに対応したためだろうか。
 
なお、ストーリー中に訪れる島で最初からおいてある作業台である【からっぽ島作業台】【木の作業台】【鉄の作業台】【石の作業台】【邪教の作業台】の5つは、ストーリーを進めていくことでバージョンアップする。
からっぽ島作業台は島をクリアするごとに、それ以外はビルドレベルを上げるごとにバージョンアップしていく。
内部的には別アイテム扱いになっており、作成に必要な素材も変化し、基本的には作成の難度は上昇していくようになっている。
なお、バージョンアップする際には基本的に全ての作業台がいっぺんにバージョンアップするため、古い作業台はふくろの中にしか残らない。
袋の中にある低ランクの作業台は、それぞれ該当する島に設置した段階で最新バージョンに切り替わるので、袋の中で全種類並べたいと思っている人は間違えて取り出さないようにしよう。
逆に、作業台と無関係の島であれば置いてもアップデートされてしまうことはない。アップデート前の作業台からさらに新たなアップデート前の作業台の再生産も可能。