Top > ミスター・ファーガス・ダンカン


ミスター・ダンカン

Last-modified: 2019-08-25 (日) 20:55:03

「その通りだレックス!!」
原作第34巻のミスター・ダンカンTV版第20シーズンのミスター・ダンカン

名前ミスター・ダンカン/ミスター・ファーガス・ダンカン/ちんまり重役/ちっちゃな重役
英名Mr. Duncan/Mr. Fergus Duncan/The Small Controller
性別
原作:焦茶色(ジャケット&ネクタイ)+黄色(ベスト&薔薇の胸飾り)+薄茶色焦茶色の格子柄(ズボン)※初登場時は焦茶色濃赤茶色の格子柄(ジャケット)+(ネクタイ)
TV版:唐茶(ジャケット)+灰赤臙脂色のドット柄(ネクタイ)+黄色(ベスト&薔薇の胸飾り)+茶色薄茶色の格子柄(ズボン)
所属鉄道アールズデール鉄道
原作初登場巻第22巻『小さな機関車たち
原作初台詞「君は悪戯が酷すぎる。許せない事だ。」
TV版初登場シーズン第20シーズンバートのしかえし
※フルネームで呼ばれた時の登場は『マイクのきてき
TV版初台詞「ん、んん!」
※正式には「バート!今日、問題を起こしたそうだな。お客さんに失礼な事をするなんて!」
「おやおや…またマイクがオーバーヒートしたのか?」※フルネームで呼ばれた時の初台詞
一人称
説明アールズデール鉄道(ちんまり鉄道)の局長。
・整えた髭にスーツ姿という紳士的な中年男性。
・ジャケットの胸のポケットに黄色い薔薇の胸飾りを添え付けている*1
・チェック柄のズボンを履いているのが特徴。
・因みに、参照画像をよく見ると、スーツに格子柄の模様が付いている。
ちんまり鉄道の局長なので、「ちんまり重役(ちっちゃな重役)」と呼ばれているが、実際は成人男性の平均身長とほぼ変わらない。
・原作ではジャケットのボタンを開けているが、CGアニメ版ではボタンを締めている。
・人間キャラクターの中で唯一左利き*2
ノース・ウェスタン鉄道スカーロイ鉄道に同名の機関がいる。
トップハム・ハット卿ノランビー伯爵船乗りジョンとは違い、プロモーション画像が制作されていない。
トップハム・ハット卿夫彼の母親彼の旧友と同様、自動車の運転免許を取得している。
の中では唯一、帽子を被っていない。
性格・仕事には可也厳しいが、機関車に対する思いやりは厚い。
デュークファーガストップハム・ハット卿と同様、規則や規律に厳しい一面を持つ。
鉄道運営にひたむきな情熱を注ぎ、自分の鉄道の機関車を兄弟同然に大事にしている。
エドワードヘンリーハーヴィーと同様、世間体を気にする傾向がある*3
トーマストビーヘンリエッタトップハム・ハット卿ゴードンの車掌ミスター・パーシバルダンカンの機関士クロバンズ・ゲート駅長と同様、「お客様は神様です」を心得ている*4
トップハム・ハット卿ミスター・パーシバルボックスフォード公爵ブルーベル鉄道の支配人スカーロイの車掌とは違い、ノランビー伯爵ジェニー・パッカードと同様、独身で、自分の生涯を鉄道に捧げている。
原作での経歴・原作第22巻「目には目を」の挿絵では目元にホクロのような吹出物がある。
TV版での経歴第20シーズンで短編に初登場したが、現時点で、CGアニメ版ではデュークと関わるエピソードはない。
第21シーズンではカメオ出演のみ。
第22シーズンでは挿入歌のみ登場。
長編作品での経歴長編第14作で長編デビュー。
他キャラクターとの関係レックスバートマイクを親子の様な関係で信頼している。
・原作第25巻ではデュークの捜索に協力し、発見した。
人間関係デュークの捜索をする際にほっそり牧師太っちょ牧師と共にデュークの居場所を地図で確認していた。但し、CGアニメでは一緒にいる場面がないが、太っちょ牧師に水を掛けたバートを叱った。
ウィリーレックスを脱線させた事を謝罪された事がある*5
・現時点では、トップハム・ハット卿ミスター・パーシバルボックスフォード公爵との邂逅はない。
英米版CVロブ・ラックストロー第20シーズン
日本版CV三宅健太第20シーズン
参照画像参照はミスター・ファーガス・ダンカン/画像





*1 CGアニメで薔薇の飾りを付けた男性の登場は現時点で、彼だけである。
*2 左利きのキャラクターは初めてであるが、原作でも左利きなのかは不明。
*3 実際、バート太っちょ牧師服を濡らした時に、バートをやや厳しめに注意している。
*4 実際、太っちょ牧師服を濡らした件バートを注意した時、バートから太っちょ牧師の所為で不機嫌になった事を訴えられたが、バートの訴えを退けた。
*5 然し、彼は「私ではなくレックスに謝りなさい」と咎めた。